社員教育 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 実際に研修するにあたって。(最後に) ]
スポンサードリンク

実際に研修するにあたって。(最後に)

6)実際に研修するにあたって。(最後に)
社内研修シリーズも長く続きましたが、今回が最後の項目となります。
最後は、「実際に研修するにあたって。」と題して講師の心構えについて述べていきたいと思います。

よく研修が修了した後になって、「研修は行ったが正しく操作が出来ていない」とか、「研修内容を詰め込み過ぎて受講者が習得できていない」などの事態が発生することがあります。

これは、システムを理解できなかった事から生じるユーザの不安の表れから「使われないシステム」となってしまう事や「システムを導入する事はしたが、導入後に大混乱をきたし、現場やヘルプデスクがパニックになる」などへ発展してしまうことが予測されます。
※特にシステム変更に伴う研修の場合には、現状からの変化を拒む「抵抗勢力」が存在しますので、状況は「より深刻」です。

ここで問題となっているのが「研修を行う者は、研修内容やスケジュールを決める、予算を使う権限が与えられている反面、研修した内容を適切に理解させるべき責任を負っている」という考え方が不足していることです。これは責任と権限一致の原則という組織原理に反していることからも明確です。

例えば、研修を行う者(講師)が、「(会社から)やれと言われたからやった」「仕事だから仕方なくやった」などの非建設的な発想のもとに研修を請け負い、その後に発生する事への責任を負わないで済む「仕組み」に問題があるということです。

もし、これが、講師を担当したものがヘルプデスクの担当者であった場合にはどうなるでしょうか?適当に研修を行えば、そのしわ寄せが自分の所に来ることはちょっと考えれば分かることです。その場合にも同じ様に非建設的な「やっつけ仕事」で研修を行うでしょうか?いいえ、きっと建設的に内容を考えて行うに違いないと考えます。

その為、この様なことが発生しない仕組みを構築した上で研修をスタートする事は、相乗効果として研修内容が充実して、効果が高まることに繋がる重要なポイントだと考えます。

また、これとは別に講師のモチベーション向上を考えることも重要なポイントです。
システムの導入の最終段階である研修を無事に終了させても「山のような問合わせ」だけでは、やる気にはなりません。多くの社員に「ものを教えることができる(教育できる)」社員への適切な評価を人事制度に組み込みできれば、講師のモチベーション向上にも繋がるかと思います。(私の会社にはこの夢のような制度はありませんのでどうすれば「モチベーションが向上するか模索中」です。)

今回で「社内研修のスケジュール計画シリーズ」は終了です。ご愛読ありがとうございました。

◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年08月17日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−定着化計画(受講者評価表の作成) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−定着化計画(受講者評価表の作成)

5)定着化計画
社内研修において定着化は重要な課題です。ここでは定着化を図る上で効果的な方法や受講者側の心構えについてポイントとして下記が挙げられます。
5-9)受講者評価表の作成
受講者評価表とは、読んで字の如く「受講者を評価する表」のことで、講習の項目ごとの理解度を「講師の目で」判断した成績表です。

受講者評価表(=成績表)で、どうしてシステムの定着化が図れるか?といいますと、得てして理解していない受講者と言うのは「自分が理解できていない項目(部分)が分からない」点にあります。自分自身で理解できていないポイントが分かればそこを集中的に行うか講師に聞くことができますが、それができないのです。

また、本人的には理解しているつもりでも、講師の立場からすると「会話や質問の内容でだいたいの理解度を測ることができます」ので他人(講師)からの評価を知ることは良いことだと思います。

また、しばらくしてから受講したシステムを利用すると苦手な部分はあまり使わなくなります。そんな時に「初心に返る」つもりで受講者評価表を眺めてもらうと「自分自身ができていなかった部分を再認識」できます。

ここで視点を変えて「講師にとってメリットはあるか」と考えると、講師にもメリットはあります。これは受講者のレベルをドキュメントに残しておくと後々のサポート(ヘルプデスク業務)の時に「あの人はどの項目が苦手だったな」とかが分かると同時に他のサポートメンバーともその情報を共有できます。質問者の苦手なポイントが分かると「何につまずいているかが分かる」ので効率的なサポートに繋がります。

その他には、受講者評価表を「受講者の上司にも閲覧してもらう」ことです。これにより上司からしても「自分の部下がどの程度できるのか?」「どの程度のレベルにいるのか」
といったことが理解でき、業務運営にも生かすことができると同時に「受講者を激励」する事もできます。これはモチベーションにも繋がるため、積極的に活用できると良いと思います。

以上の点から受講者評価表の作成は「講師にとっては負担」になることが多いですが、後々の事を考えるとメリットは大きいです。

◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年08月17日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(1) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−定着化計画(理解度テスト) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−定着化計画(理解度テスト)

5)定着化計画
社内研修において定着化は重要な課題です。ここでは定着化を図る上で効果的な方法や受講者側の心構えについてポイントとして下記が挙げられます。
5-8)理解度テスト
研修を受けている最中と言うのは、講師の質にもよりますが、大抵は「判った(理解した)感じ」に陥ることが多いです。この「判った感じ」というのは、講師から言われたとおりに操作や手順を繰り返して行くうちに、「何となくできるかな?」的な雰囲気や錯覚に陥ることです。これは受講者に自信を持たせると言う意味では良いことなのですが、「判っていない自分を隠してしまう」事にもなりかねません。

この現象に陥いる原因として考えられるのが、「講師の準備のよさ」です。
これは、講師も研修中に不具合によるトラブルを出したくないので、「この手順でやれば必ずできるシナリオに沿って講習を進める傾向にある」からだと考えられます。

そのため、受講者は講師から「判りましたか?」と質問されても、「判った感じ」になっているか、「右から左へ質問を受け流してしまう」状況になります。

この状況を回避する良い方法として、「章末問題や研修最後に行う理解度テストを実施」する事です。これにより、受講者は「自分ひとりで問題を解く」事になり、初めて理解していない自分に気がつくことができます。

このテストの状況と言うのは、研修を受けた後の「自分の業務に戻った時の環境」と言えるでしょう。それは隣に手順を教えてくれる講師がいないからです。

また、章末問題や理解度テストを行うことで講師側にもメリットがあります。それは「受講者の理解度レベルを図る」事ができる点です。これは今後のヘルプデスク業務での受講者レベルを判断する材料になります。

ヘルプデスク業務において(個人別の)質問者のレベルを把握しておくことは業務の効率化に繋がるので、是非知っておきたい情報です。
※但し、思い込みは問題です。あくまでも受講者のレベルは判断材料の一つと言うことで。

◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年08月02日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(1) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−定着化計画(コミュニケーション) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−定着化計画(コミュニケーション)

5)定着化計画
社内研修において定着化は重要な課題です。ここでは定着化を図る上で効果的な方法や受講者側の心構えについてポイントとして下記が挙げられます。
5-7)コミュニケーション
システムの定着化において「受講者とコミュニケーションを充分にとり、導入後の安心感へつなげる」ことは非常に重要ですが、なかなかできないことです。

受講者はとかくシステム導入時は「不安」になるものです。その不安を取り除くことがシステムの定着化へ繋げるキーワードになります。まず、どの様にコミュニケーションを取るかを考えると、研修中は「講師」「受講者」という立場ですから私語は慎むことになりますが、食事や休憩時間などに積極的に声をかけてあげると受講者の不安が取り除かれますのでその様な時間を有意義に使う努力が必要です。

私の場合は、長い研修の場合は、昼食会を会社経費で計画して、受講者の上長となる営業本部長クラスの方に同席していただきながら激励してもらうなど、モチベーションに繋がるような工夫もしています。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月24日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(1) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−定着化計画(反復練習) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−定着化計画(反復練習)

5)定着化計画
社内研修において定着化は重要な課題です。ここでは定着化を図る上で効果的な方法や受講者側の心構えについてポイントとして下記が挙げられます。
5-6)反復練習
受講者のレベルや研修内容にも寄りますが、「なかなか覚えられない人」というのはどこにでもいると思います。今回はこの様な方への対処方法の一つを紹介したいと思います。

まず、なかなか覚えられない人ですが、受講者の多くが覚えられないのであれば、講習内容にムリがあったり、説明方法が悪かったりなどの講師側(主催者側)に問題があると考えられますが、受講者の内の何名かだったりする場合、受講者自身に問題があることが多いです。

良くあるのは「話を聴いてなかった」などの「講師の進行を無視して集中していない」場合と「話の内容がわからない」だとか「意味がわからない」などの「受講者レベルが低い」場合などが考えられます。

講師の話を聴いてなかった場合は論外ですが、「話の内容がわからない」「意味がわからない」場合は、ひたすら反復練習を心がけさせ、体で覚えさせる事も一つの方法です。

これが果たしてよい方法か?と問われると難しいのですが、定着化という意味では一応の効果をあげることができます。(但し、「理解度」と言う意味では...です。)

しかし、(差別的かもしれないが)年配の方への講習の際には、この「反復練習」は欠かせません。教えているところから忘れていきます。そのため、「教える−メモする−練習−練習−教える−メモする−練習−練習」くらいの頻度で復習させるなどして「体に覚えこませて」います。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月23日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−定着化計画(説明の仕方) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−定着化計画(説明の仕方)

5)定着化計画
社内研修において定着化は重要な課題です。ここでは定着化を図る上で効果的な方法や受講者側の心構えについてポイントとして下記が挙げられます。
5-5)説明の仕方
説明の仕方のポイントとして、「実際の業務場面を想像できる」ことが重要です。
システムの内容によりますが、一般的に受講者の方が講師より「業務」を理解している(新人研修や矯正教育または新規事業などは除きます)ことが多いですが、システムについては理解できていません。

そのため、受講者に理解しやすくする工夫として「業務に関連付けた説明」にする必要があります。

やってしまいがちなのが、システムの構成や機能の説明に偏ってしまうことです。
システム面に偏った研修をしてしまうと、業務に関連付けた説明ができていないので「受講者は実際に利用する場面で戸惑う」ことになります。

この状況になると受講者はシステムを使いたがらなくなるので定着化しにくくなります。できるだけ受講者が自席に戻った時に「利用してみよう」という気持ちにさせられることがポイントです。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月20日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−定着化計画(質問しやすい環境) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−定着化計画(質問しやすい環境)

5)定着化計画
社内研修において定着化は重要な課題です。ここでは定着化を図る上で効果的な方法や受講者側の心構えについてポイントとして下記が挙げられます。
5-4)質問しやすい環境
研修の進め方での注意点ですが、講師をする事になれないうちは「質問されるのが怖い(心配な)」事があります。そのため、人によっては「なるべく質問されないように進めよう」といった雰囲気を作り出すこともあります。

しかし、定着化といった視点からするとこれは問題で、受講者が如何に正しく操作ができる様になるかが重要で、「取りあえず研修が終わる」ことが目的ではありません。

そのため、講師は「できるだけ質問しやすい環境を整える」必要があります。
しかし、質問しやすい環境を作ると言っても、講師が話している最中に質問されると研修のスケジュールにも影響が出たり、他の受講者に迷惑がかかることがあります。

そのため、研修の初めに「項目ごとに質問時間を設けます」といった説明をすると途中で質問された場合にも講師が「質問は後で受けますのでメモしておいてください」などと交わすことができます。

また、配布するレジュメやマニュアル類を受講者に差し上げる場合には、積極的に「メモを取らせる」ことも重要です。記載されている用語を自分のわかりやすい(理解できる)用語に置換えするだけで、受講者が自席に戻った時に見直しやすくなります。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月19日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−定着化計画(受講体制) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−定着化計画(受講体制)

5)定着化計画
社内研修において定着化は重要な課題です。ここでは定着化を図る上で効果的な方法や受講者側の心構えについてポイントとして下記が挙げられます。
5-3)受講体制
研修会を実施するに当たり、受講者側に「気持ちの準備」をさせておく必要があります。この気持ちの準備とは、「知識の整理・棚卸」「予習」「受講する環境の準備」等が挙げられ、受講時間が無駄にならないように工夫する事です。

多くの場合、研修会を実施するだけでは、受講者が新たなことを理解できるのは30〜40%くらいではないでしょうか?この比率を高め、システムを定着化させるには受講者側に「気持ちの準備」をさせ、予習(・復習)などの準備が欠かせません。

そのために、研修の内容をある程度詳しく(マニュアルの見出し程度)公表したり、研修の時間割を事前に公開するといった、通達などのドキュメント面での準備とプロトタイプを公開したり、操作手順の動画データを配布するなどシステム面でのバックアップを行うといったことが考えられます。
システム面でのバックアップで言うとソフトシミュレータなどのソフトを利用すると便利にできます。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月18日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−定着化計画(教育体制) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−定着化計画(教育体制)

5)定着化計画
社内研修において定着化は重要な課題です。ここでは定着化を図る上で効果的な方法や受講者側の心構えについてポイントとして下記が挙げられます。
5-2)教育体制
システムを定着させることで重要なポイントに「教育体制」が挙げられます。
特に、教える側の準備として行う「講師レベルのボトムアップによる一定水準での教育体制を確立させる」ことは重要なことと考えています。

社内で研修を行う場合でやってしまいがちなのは、「できる人がやる」「取り敢えずやる」「ちょっと知っているからやって」といった雰囲気(暗黙の了解)で行うことが少なくありません。しかし、これでは「研修の内容が講師に依存」します。

講師に依存すると言うことは、「その講師が人事異動や退職などで部門から離れると代わりがいなくなる」事態に陥ります。これでは、その講師が蓄積してきたノウハウなども失われてしまいます。

そのため、社内でのリソースの問題もありますが、講師は複数人(最低2名)が対応できる体制を作り、講師レベルをボトムアップさせるべくマニュアルを整備して「一定水準」を確保できるように心がけます。

通常、社内研修の場合、講師は兼任が普通ですが、複数人体制をとることにより、講師の負担を軽減でき、人事異動などの不測の事態のリスク分散にも役立ちます。

また、講師は研修が終了すると質問受付係になることが多いので負担が増えるので、「講師レベルのボトムアップによる一定水準での教育体制を確立させる」ことはヘルプデスクの準備としても役に立ちます。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月17日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−定着化計画(用語の統一) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−定着化計画(用語の統一)

5)定着化計画
社内研修において定着化は重要な課題です。ここでは定着化を図る上で効果的な方法や受講者側の心構えについてポイントとして下記が挙げられます。
5-1)用語の統一
社内で利用する用語を統一することはシステム作りにおいて重要なポイントです。用語の統一は社内のメンバーが分かればよいと言うものではなくベンダーも含めたプロジェクトチーム全体で共有すべき物です。

また、同じ意味の用語でも部門や使う場面によって言葉が変化したり、「昔は使っていたけれど」的な用語もありますし、企業文化が育んだ(?)造語などもあり、これらの用語を「洗い出し」する作業を行い、辞書化していきます。

用語の洗い出しでは、特に社外のメンバーの「違和感」がポイントになります。社員のメンバーは、ある意味「その用語になれていて気がつかない」ことが多いからです。この打ち合わせ内で発生する「違和感」を元に辞書を鍛えていくことになります。

ここで、用語を辞書化(用語辞書)するに当たり、必要となる項目を挙げると。
・業務で使用する用語
・システムで表示スペースに制約がある場合に使用する略語
・用語の意味
・用語を使う職場
・同じ意味の用語。システムに使用しない用語。
・記載・更新・削除した作業者名とその日付。
・調査当時、その用語や同義語を使用している帳票名。既存システムで使っていればその画面名や帳票名。および、調査した日付。
・備考。

といったところになります。

また、数値などの「値」を表す用語の場合は以下の項目も記載します。
・単位
・書式、けた数(YYYY/MM/DD、#,##0.00、NNNNNなど)
・値の範囲
・算出式

最後に用語とは若干異なりますが、「ですます調」「である調」「体言止め」といった文末表現や漢字もしくはひらがな表記の用い方として「為」「ため」といった部分の統一、段落の用い方などの統一も必要になりますが、こちらの内容は「マニュアルの使い方」で説明していますのでご参照ください。

◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月13日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(1) |