f5 BIG-IP 1500 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

[ ミニミニ管理者の独り言f5 BIG-IP 1500 > 負荷分散装置(BIG-IP)のALARM(LED)のクリア方法! ]
スポンサードリンク

負荷分散装置(BIG-IP)のALARM(LED)のクリア方法!

JUGEMテーマ:コンピュータ

BIG-IPでは、障害等が発生して、復旧しても「LEDやLCDの通知は表示されたまま」です。
これは明示的にクリアしない限り通知し続けますので、注意が必要です。

クリア方法は、前面LCD パネルの操作によりALARM LED をクリアする事が可能です。

■前面LCD パネルの操作
LCD 中央の"レ"ボタンを押すと、"Clear all <level> alerts?"が表示されるので、"OK"を選択し、"レ"ボタンを押すとクリアされます。

<level> = [ warning | error | alert | critical | emergency ]

■コマンドラインでクリアする操作
ALARM LED の状態に合わせて下記のコマンドを入力します。
手順
 # lcdwarn -c 4
 # lcdwarn -c 3
 # lcdwarn -c 2
 # lcdwarn -c 1
 # lcdwarn -c 0
赤色で点滅の場合(emergency)
赤色で点灯の場合(critical)
赤色で点灯の場合(alert)
黄色で点滅の場合(error)
黄色で点灯の場合(warning)

上記のイベントが発生した場合、前面LCDパネルに上記のメッセージが表示され、Alarm LED が
黄色で点灯します。
 


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2010年07月06日 | f5 BIG-IP 1500 | comments(5) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言f5 BIG-IP 1500 > 負荷分散装置(BIG-IP)の冗長化−手動切替 ]
スポンサードリンク

負荷分散装置(BIG-IP)の冗長化−手動切替

負荷分散装置「BIG-IP」における冗長化構成で、BIG-IPを手動でActive→Standby or Standby→Activeを切替する方法に触れてみます。

9)手動でActive→Standby or Standby→Activeを切り替える方法
 9-1)電源のON/OFF
   Active側の機器の電源off/onをする。

 9-2)コマンドラインから実行
   ssh対応のTeraTermなどからBIG-IPに接続して下記のUNIXコマンドを実行してリブートします。
     sync
     sync
     reboot

この様な方法でActive→Standby または Standby→Activeへ手動で切替が可能です。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年09月12日 | f5 BIG-IP 1500 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言f5 BIG-IP 1500 > 負荷分散装置(BIG-IP)の冗長化−切り替わりのタイミング ]
スポンサードリンク

負荷分散装置(BIG-IP)の冗長化−切り替わりのタイミング

負荷分散装置「BIG-IP」における冗長化構成で、BIG-IPがどのタイミングで他方のBIG-IPへ処理を引継ぎするのでしょうか?


8) 切り替わりのタイミング
 これは、BIG-IPが接続しているスイッチの(接続している)インタフェースダウンが発生した際に、切り替わりが起こります。



               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年09月11日 | f5 BIG-IP 1500 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言f5 BIG-IP 1500 > 負荷分散装置(BIG-IP)の冗長化−メリット・デメリット ]
スポンサードリンク

負荷分散装置(BIG-IP)の冗長化−メリット・デメリット

負荷分散装置「BIG-IP」を冗長化構成で運用する場合の状態によるメリットやデメリットについて触れたいと思います。

負荷分散装置における一般的な冗長化構成では「Active- Active」と「Active-Standby」が挙げられますが、それぞれ運用にあたりメリットやデメリットがありますので簡単に分けると下記の様な感じです。

7)BIG-IPの冗長化−メリット・デメリット
 ・Active- Active
   メリット:BIG-IPの負荷分散ができる。
   デメリット:障害時の切り分けが難しい
 ・Active-Standby
   メリット:障害時の切り分けが簡単
   デメリット:BIG-IPの負荷分散ができない。

といったところでしょうか?
これは、一方(Active- Active)のメリットが他方(Active-Standby)のデメリットになっている言わば「諸刃の剣」といったところですかね。


               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年09月10日 | f5 BIG-IP 1500 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言f5 BIG-IP 1500 > 負荷分散装置(BIG-IP)のサーバメンテナンス ]
スポンサードリンク

負荷分散装置(BIG-IP)のサーバメンテナンス

負荷分散装置(BIG-IP1500)の配下にあるサーバにメンテナンスが必要になった場合ですが、継続稼動の重要性が低く、メンテナンスのためにサービスを停止できるのであれば良いですが、負荷分散装置(BIG-IP1500)を導入してサーバーの可用性を高めているサービスであれば、なかなかメンテナンスのために止めれないことが多いかと思います。

この様な場合、負荷分散装置には「スロースタート」というロードバランス方式があります。今回はこのスロースタートの方法を紹介します。

6)メンテナンス(スロースタート)
 負荷分散装置「BIG-IP1500」にWeb経由(https)で接続して管理画面を開きます。
 ここで、Local Traffic −Virtual Server−Pools−NAME(WEB_80)−Membersで、ノード一覧が表示されたら、対象ノードを選択して、”Disable”ボタンをクリックします。
 これで、メンテナンスを要するサーバにセッションが転送されなくなります。

 つまり、メンテナンスするサーバを停止しても「クライアントに対してのサービスは他のサーバが担当して継続的に提供」し続けます。


               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年08月31日 | f5 BIG-IP 1500 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言f5 BIG-IP 1500 > 負荷分散装置(BIG-IP)のカウンタの確認とリセット ]
スポンサードリンク

負荷分散装置(BIG-IP)のカウンタの確認とリセット

負荷分散装置「BIG-IP1500」のカウンタ機能を知っていますか?
カウンタとは負荷分散装置「BIG-IP1500」の仮想アドレスに対してクライアントが接続した際に通過した「in」「out」のbitsの増加と合計をカウントしています。
このカウンタの確認方法と基準となる日からの合計値をリセットする方法を紹介します。

5)カウンタの確認とリセット方法
 5-1)Web(https経由での管理画面)での確認
  まず、httpsで管理画面に接続します。
  Local Traffic −Virtual Server−Pools−NAME(WEB_80)−Statistics −Pool Statistics画面に移動すると確認できます。
 5-2)Web(https経由での管理画面)でのリセット
  Local Traffic −Virtual Server−Pools−NAME(WEB_80)−Statistics −Pool Statistics画面の右下に「Reset」ボタンがあるのでこれでリセットできます。
 5-3)TeraTerm(SSH対応)での確認
  Virtual Server及びNodeのカウンタの確認は、下記コマンドを実行します。
   bigtop
 5-4)TeraTerm(SSH対応)でのリセット
  Virtual Server及びNodeのカウンタリセットは、下記コマンドを実行します。
   bigpipe virtual all stats reset
   bigpipe node all stats reset

このカウンタの確認方法ですが、それ以外にも「ステータスによるNODEやMEMBERの起死確認」が行えますので便利です。

通常(もちろんネットワークの構成によりますが)、負荷分散装置の配下にあるサーバへの経路は、セキュリティ上の観点から負荷分散装置経由のみとすることが多い様です。
(負荷分散装置を置く=高可用性→高セキュリティが求められる)

そのため、リモートデスクトップなどを利用する事が難しいこともあり、SSH対応TeraTermや管理画面からアクセスして配下のサーバの状態を確認する事になります。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年08月30日 | f5 BIG-IP 1500 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言f5 BIG-IP 1500 > 負荷分散装置(BIG-IP)のWebとsshの使い分け ]
スポンサードリンク

負荷分散装置(BIG-IP)のWebとsshの使い分け

負荷分散装置「BIG-IP1500」へのアクセス方法として「Web(ブラウザからhttpsでアクセスする管理画面)」と「ssh(SSH対応のTeraTermなどでCLIにてアクセスする)」がありますが、これらの使い分け方は。

4)Webとsshの使い分け
 ◆Web(ブラウザからhttps経由でアクセス)
  ・通常運用における設定の変更及び確認作業。

 ◆ssh(SSH対応TeraTermなどでCLIでアクセス)
  ・主に障害対応。
   障害対応時でデータ取得が必要な場合はメーカよりコマンドの指示がきます。
  ・設定変更時にconfigをコマンドで取得し、変更差分を見る場合。
  ・bigtopコマンドによる稼動状況の確認。


               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年08月29日 | f5 BIG-IP 1500 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言f5 BIG-IP 1500 > 負荷分散装置(BIG-IP)の冗長化ステータスの確認 ]
スポンサードリンク

負荷分散装置(BIG-IP)の冗長化ステータスの確認

負荷分散装置「BIG-IP1500」を複数台設置して冗長化している場合、冗長化が正しくなされているかを確認する方法を紹介します。

3)BIG-IPの冗長化ステータスの確認方法
 3-1) LEDでの確認
   機器前面にあるLEDを確認してください。
   STATUS:緑→ACTIVE
   STATUS:黄→STANDBY
 3-2) Web(https)での確認
   管理画面にアクセスする。
   画面上部左側に「Unit1:」の表示が、「ACTIVE」「Standby」の表示を確認します。

上記の様に「Active」が現在稼動している「BIG-IP1500」で、冗長化している方は「Standby」表示になります。


               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年08月29日 | f5 BIG-IP 1500 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言f5 BIG-IP 1500 > 負荷分散装置(BIG-IP)の障害確認(LED) ]
スポンサードリンク

負荷分散装置(BIG-IP)の障害確認(LED)

負荷分散装置「BIG-IP1500」にて障害が発生した際の管理者としての初期動作を挙げると「LEDの確認」があります。今回は、「LEDの表示」の確認方法を紹介します。

2)BIG-IPのLED
 障害発生時には、BIG-IP1500の前面にあるLEDを確認します。
 ・POWER:緑のランプ(正常稼動)であることを確認します。
 ・STATUS:緑のランプ(ACTIVE:正常稼動)もしくは、黄のランプ(STANDBY:正常稼動)であることを確認します。
 ・ACTIVITY:正常稼動時は通信があるときのみ点灯します。それ以外は点灯なし。
 ・ALARM:オレンジのランプが点灯していないことを確認します。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年08月29日 | f5 BIG-IP 1500 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言f5 BIG-IP 1500 > 負荷分散装置(BIG-IP)の起動方法 ]
スポンサードリンク

負荷分散装置(BIG-IP)の起動方法

今回は、負荷分散装置「BIG-IP1500」の起動方法をご紹介します。

1)BIG-IPの起動
 1-1)電源スイッチで電源を落としている場合は、スイッチをONにします。
 1-2)Power Standbyになっている場合は、LCD中央のレ(チェック)ボタンを数秒押します。Power Standby 時には下記メッセージが画面に表示されます。
     f5 Power standby
        mode
      press Enter to
     command power on

尚、負荷分散装置「BIG-IP1500」の起動時の注意点としては、「スイッチ及びサーバを起動後」に、BIG-IP1500を起動します。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年08月28日 | f5 BIG-IP 1500 | comments(0) | trackbacks(0) |