メルマガ運用 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

[ ミニミニ管理者の独り言メルマガ運用 > メール送信時の注意点(メルマガ) ]
スポンサードリンク

メール送信時の注意点(メルマガ)

JUGEMテーマ:コンピュータ

今回はメール配信ソフト・サービスを利用しないで行うことを想定したメール送信時(メルマガ)の注意事項です。出来るだけ効率的に、且つ効果的にメルマガを運用したいですよね。そんな方にお勧めです。

また、対象としているのは「Outlook Express6.0」です。

1)BCCを利用する
これは話すまでもありませんが、念のため。
一斉配信する際のあて先入力は「To」「CC」ではなく「BCC」を使うことで「送信先のドレスが他の利用者に漏れない」様にできます。
また、メールの「プロパティ」にも表示されませんので安心です。
※本来はワン・トゥ・ワンマーケティングの観点からは個別に送信した方が良いのですが、それは一斉配信ソフトを利用しないと出来ないのでここでは「BCC」を使用します。

2)あて先には自分のアドレス(もしくは窓口アドレス)を入力
ここでは、メールの送受信の確認を行います。メールが正しく送信されたか、受信できるか、文字化けなど無いかなどを確認します。

また、別件となりますが、良く利用されているのが、「送信専用アドレス」です。
これは「SMTPのみ用意」しておき、「POP3を用意しない」設定となります。
※返信されても困るような場合に検討しますが、今回は対象外です。

3)メール送信を2段階で送信する(「メッセージをただちに送信する」のチェックを外す)
メルマガを一斉配信する際に「間違い」などがあると取り返しが付かない場合があります。
例えば、送信先のドレスを間違えて「BCC」ではなく「CC」に入れてしまったなどです。
そこでこの設定を入れておくと「メールを送信しても直接送信されず、送信トレイに一旦入り、再度送信する」運用になります。
そのため、2段階で送信することになるので運用次第ではダブルチェックなども可能です。

■設定手順
Outlook Expressを起動します。
ツール−オプション−送信タブのメッセージを直ちに送信するチェックを外します。

4)メッセージのルールを設定する(エラーメールなどを振り分けする)
ここでは、エラーメールを自動的に振り分けすると便利です。
これは件名や本文の記載項目で振り分けすると便利です。
なお、エラーメールの件名や本文の内容は利用しているメールサーバにより異なりますのでここでは割愛します。

■設定手順
Outlook Expressを起動します。
ツール−メッセージルール−メールにて条件を入力して設定します。
条件としては「送信者」「件名」「本文」「あて先」「添付ファイル」など様々です。



メルマガの活用方法!


メルマガ配信をやりたい バックナンバー
 1)メルマガ配信をやりたい!
 2)メルマガをお金をかけずに自前運用!
 3)迷惑メール防止法(特電法)とは
 4)配信停止フォームの設置
 5)サンクスメールの原案(メルマガ)
 6)メール送信時の注意(メルマガ)
 7)エラーメールの対応
 8)お金をかけずにメール一斉配信ソフト導入

               最新記事へ     トップページ





スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2010年04月13日 | メルマガ運用 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言メルマガ運用 > サンクスメールの原案(メルマガ) ]
スポンサードリンク

サンクスメールの原案(メルマガ)

JUGEMテーマ:コンピュータ


今回は、メルマガを運用する際に重要となる「サンクスメール」の原案についてご紹介したいと思います。

一概にサンクスメールといっても「業種・業態」「対象の範囲(特定 or 不特定)」「取り扱い商材」などなどいろいろな要素により異なるかと思いますが、共通的に「ここだけは抑えておこう!」といった普遍的な部分(絶対的記載事項)をご紹介していきます。

■記載事項
1)件名
 何のメールが送られてきたのかを「登録者が瞬時に判別できる」件名が望ましいです。
 例えば「○○○メルマガ登録完了のご案内」といった具合に「登録完了」「ご案内」といった文言があるとベターではないでしょうか?

2)お客様名もしくはメールアドレス
 「登録者を特定する名称」であれば顧客名やメールドレスではなくても良いですが、「ワン・トゥ・ワンマーケティング」の観点からすると「あなた宛のメールですよ」といった気持ちが伝わるのと「自分宛のメール(間違いやスパムではない)」ということを認識できるので良いです。

3)あいさつ文
 この項目は、いうまでも無く「必須」ですよね。お客様に挨拶しないでどうやって商売するのか?
 この部分には「担当者の名前を名乗る」ことから入ると「インターネットの匿名性による不安感を払拭」できるので、まず名前を名乗り(顔写真や似顔絵が付くのも良いかも)ます。
次に登録の「お礼」を述べて、「登録完了」をお伝えします。仕組みによってはこの本文にあるURLをクリックした段階で登録完了になるものもあるので、その辺は臨機応変に。

4)登録内容
 この項目は「間違いなく(なりすましではなく)あなたが登録した本人ですよね」を確認できる項目を記載しますので、一般的には「登録年月日時分秒」「登録者メールアドレス」「登録者名」「ユーザーID(システムによる)」とします。ここで注意は「パスワードは記載しない」といったことでしょうか?
もし、「システム的にパスワードも通知したい」のであれば「別メールにて送付」するほうが良いです。

5)配信内容の紹介
 ここでメルマガの内容(主旨)を改めて記載しておくと良いと思います。
 特に読む人(登録者)が気になるであろう事項を「トピック的に」記載することで興味を引き、継続して読んでくれる「メルマガファン」になってもらうことです。

6)登録情報の変更及び配信停止の案内
 これは法的対応要件です。(個人情報保護法・迷惑メール防止法)
 登録解除や内容変更などをおこなうフォームを用意していれば「そのURL」を、無ければ連絡先メールアドレスや電話番号などを記載しておきます。また電話であれば受付時間などもあると良いです。

7)配信元情報
 これも法的対応要件です。(迷惑メール防止法)
 上記の登録情報の項目でも連絡先などを記載していても「配信元情報」として銘記する必要があります。内容としては「会社名」「担当部署」「電話・FAX」「所在地」「メールアドレス」等でしょうか。

8)著作権表示
 最後に「著作権表示(Copyright)」があると良いです。メルマガは通常「有益な情報」が含まれます(っていうかそうでなければ申し込む理由なしですよね)ので、記載しておくべきでしょう。
※著作権は「著作した段階で権利は発生しますが、より明確にすることで不要な紛争を軽減できる」と思います。


これ以外に注意事項などを挙げるとすれば「このメールが重要な内容を含むので大切に保管してもらう」様に依頼しておくことでしょうか?


■メルマガサンプル
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
件名:○○○メルマガ登録完了のご案内
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
メール本文:
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
┏━━┓
┃\/┃ ○○○メルマガにご登録、ありがとうございます!
┗━━┛
◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎

山田太郎(仮) 様

○○○産業 担当佐藤です。
この度は、○○○メルマガにご登録をいただき、誠にありがとう
ございます!!
下記のとおり、○○○メルマガへの登録が完了いたしましたので
ご連絡申し上げます。

★☆★━━━━━━≪ご 登 録 内 容≫━━━━━━━★☆★

登録日 : 2010年??月??日
登録メールアドレス :  info@example.com
お名前  :  山田太郎(仮) 様

★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★
ご登録頂いた○○○メルマガに関する登録内容や、登録内容の変更、
廃止、お問い合わせ先など、重要なことが記載されていますので、
大切に保存お願いいたします。


☆。:*‥☆..:* ≪○○○メルマガへようこそ≫ *‥☆.:*°☆

「○○○メルマガ」では、○○商品の実際の活用状況や導入例の紹介、
展示会レポートや最新の市場動向など、皆様のビジネス活動や情報収
集の一助としてご活用いただける内容をお届けいたします。


○○○メルマガ 担当佐藤

○○○メルマガ 登録解除・変更お手続き
http://www.example.com/mailmag/index.html

────────────────────────────
○○○メルマガ配信事務局

★運営会社:○○○産業蝓 http://www.example.com/
★プライバシポリシー: http://www.example/privacy.html
★お問合せ先:○○○産業螢瓮襯泪配信事務局
       TEL:03-****-****
       FAX:03-****-****
       E-mail: info@example.com
────────────────────────────
Copyright (C) 2009-2010 example.co.,LTD. All Rights Reserved.
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

といった具合でしょうか?



メルマガの活用方法!


メルマガ配信をやりたい バックナンバー
 1)メルマガ配信をやりたい!
 2)メルマガをお金をかけずに自前運用!
 3)迷惑メール防止法(特電法)とは
 4)配信停止フォームの設置
 5)サンクスメールの原案(メルマガ)
 6)メール送信時の注意(メルマガ)
 7)エラーメールの対応
 8)お金をかけずにメール一斉配信ソフト導入

               最新記事へ     トップページ





スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2010年04月12日 | メルマガ運用 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言メルマガ運用 > 配信停止フォームの設置 ]
スポンサードリンク

配信停止フォームの設置

JUGEMテーマ:インターネット

メールマガジンの 配信停止フォームを作成することにしました。
これは迷惑メール防止法対策及び個人情報保護法の観点から登録データの修正・抹消を利用者が「能動的」に行える環境を整備する目的です。
この能動的がポイントで、自発的にすることで登録情報に漏れ・誤りがあっても自社の責任を回避する狙いがあります。

登録データの修正・抹消フォームの主な機能は下記のとおり。
・メールマガジンの本文に「配信停止、登録メールアドレスを変更される方はこちらから」を記載してリンクを貼る。(リンクをクリックするとメルマガ配信停止フォームが表示される)
・修正/抹消したいアドレスにRFC準拠しない(誤りが無い)かシステム的にチェック。(RFC準拠/メールアドレス登録基準を参照)
・修正/抹消を実施したアドレスを記載したメールが管理者宛に送信される。
・管理者がアドレス帳から依頼のあったメールアドレスを修正・抹消する。
・画面遷移
 登録修正・抹消画面→確認画面orエラー画面→完了・お礼画面


ここでのポイントは、システム的にメールアドレスをチェックすることでユーザーの情報リテラシーに係らず入力ミスを排除できることと、お礼の画面では再度のご利用を促すアプローチを忘れずに行うことでしょうか。



メルマガの活用方法!


メルマガ配信をやりたい バックナンバー
 1)メルマガ配信をやりたい!
 2)メルマガをお金をかけずに自前運用!
 3)迷惑メール防止法(特電法)とは
 4)配信停止フォームの設置
 5)サンクスメールの原案(メルマガ)
 6)メール送信時の注意(メルマガ)
 7)エラーメールの対応
 8)お金をかけずにメール一斉配信ソフト導入

               最新記事へ     トップページ





スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2010年03月29日 | メルマガ運用 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言メルマガ運用 > 迷惑メール防止法(特電法)とは ]
スポンサードリンク

迷惑メール防止法(特電法)とは

JUGEMテーマ:ビジネス
  平成20年12月1日に施行された「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(特電法/迷惑メール防止法)」について簡単に纏めてみました。
 
■特定電子メールとは...
営利団体や個人事業者が自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信するメールと定義しています。

■変更点
 ・従来のオプトアウト方式に替わるオプトイン方式の導入
 ・法の実効性の強化
 ・国際連携の強化
 
■規制対象
営利団体や個人事業者が自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信するメールを「特定電子メール」と定義している。これには日本国内からの送信だけでなく、日本国外から国内への送信もすべてを含むため、国外発国内着のメールであっても規制の対象になりうる。

■特定電子メールの送信禁止事項
1)あらかじめ、特定電子メールの送信をするように求める旨または送信をすることに同意する旨を送信者または送信委託者に対し通知した者
2)自己の電子メールアドレスを送信者または送信委託者に対し通知した者
3)その広告または宣伝に係る営業を営む者と取引関係にある者
4)その他総務省令で定めるところにより、自己の電子メールアドレスを公表している団体または営業を営む個人
5)上記の例外に該当する場合であっても、受信者が送信の停止を求めた場合は、その意思に反して特定電子メールを送信することは原則禁止される。

■送信者の表示義務
 ・送信者の氏名または名称
 ・受信拒否の通知を受け取る為の送信者の電子メールアドレス等
 ・受信拒否をした者への再送信は禁止
 ・その他総務省令で定める事項
 
■罰則
1)1年以下の懲役又は100万円以下の罰金(法人は3000万円以下の罰金)・送信者情報を偽った時・受信者の同意等の記録保存に違反した場合
2)100万円以下の罰金 ・受信者の同意等の記録保存に違反した場合・報告・検査の拒否、もしくは虚偽の報告をした場合

■例外規定
1)契約に伴う料金請求等やサービス内容の変更のための事務連絡等の電子メールに付随的に広告・宣伝が含まれる場合
2)いわゆるフリーメールサービスを利用して送信する電子メールに付随的に広告・宣伝が含まれる場合 3)契約の前段のやりとりとして顧客から行われる問合せに対する返信等に付随的に広告・宣伝が含まれる場合

取引関係にあるものは「オプトインの例外規定」となる。
つまり名刺交換していればオプトイン(事前承諾)しなくてもOKとのこと。

メルマガの活用方法!


メルマガ配信をやりたい バックナンバー
 1)メルマガ配信をやりたい!
 2)メルマガをお金をかけずに自前運用!
 3)迷惑メール防止法(特電法)とは
 4)配信停止フォームの設置
 5)サンクスメールの原案(メルマガ)
 6)メール送信時の注意(メルマガ)
 7)エラーメールの対応
 8)お金をかけずにメール一斉配信ソフト導入

               最新記事へ     トップページ





スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2010年03月23日 | メルマガ運用 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言メルマガ運用 > メルマガ配信をお金かけずに自前運用! ]
スポンサードリンク

メルマガ配信をお金かけずに自前運用!

JUGEMテーマ:ビジネス
前回、いろいろと宿題を預かってきたのでメルマガ配信を自前で(既存設備で)やるにはどうしたらよいか、どの様にしたら運用できるかを検討しました。
ようは取り敢えずやってみて効果だす。効果しだいで設備投資を検討する。

まず、注意点から挙げると
・顧客の営業機密を漏洩しないこと(顧客から聞いた話などをそのまま記載したりしない)
・顧客の個人情報を漏洩しないこと(メルマガ内容の登場人物を特定できなくする)
・顧客情報の誤りなど失礼の無いこと
・同業他社に当社のノウハウが流出しないこと
・コンプライアンスを遵守すること(個人情報保護法、特電法/迷惑メール防止法)
これは絶対です。

ここで当方から次のような運用を想定して提案しました。
1)営業担当が顧客に申込書をもっていく。
     ↓
2)興味のある顧客が申込書にサインする。
 ・読む意思のある方を対象にしたい。(優良顧客を選別)
 ・将来、特電法が強化されても対応できることを想定。
 ・当然ながら同業他社には持っていかない。
  (BtoBなので相互間取引があり同業他社も顧客である)
     ↓
3)営業から担当部門へFAXする。
 ・一元管理が目的。
     ↓
4)担当部門では一覧表を作成する。
 ・問い合わせ対応のため。
 ・配信停止希望があった際の対応のため。
     ↓
5)管理者が一覧表をチェックする。
 ・入力ミスが無いかをチェックする。
 ・同業他社を排除する。
     ↓
6)一覧表をCSVにしてアドレスにインポートする。
     ↓
7)一件ごとにサンクスメールを送信する
 ・顧客に対する登録完了の通知とお礼。
 ・登録アドレスに誤りが無いかの確認。
     ↓
8)エラーで戻りがある場合は「アドレス帳」「申込書」を確認する。
 ・アドレス誤りの訂正。
     ↓
9)誤りが見つからない場合には情報システム部門がエラーメールの内容をチェックする。
 ・エラーの判別と対応。
 ・メールサーバの送信ログを確認。
     ↓
10)メルマガを一斉配信する。
 ・「宛先」には自分のアドレスを選択して、顧客は「BCC」を利用して一斉配信する。
 ・個別宛名にはできない。

※メルマガの配信ではワントゥーワンマーケティングの観点から「個人名を挿入して送信」することが通常になっているようだが、今回は運用負荷を考慮して「宛名なしで一斉配信」することとした。
※BCCであればアドレスが流出しないので良いが、できれば...

メルマガの活用方法!


メルマガ配信をやりたい バックナンバー
 1)メルマガ配信をやりたい!
 2)メルマガをお金をかけずに自前運用!
 3)迷惑メール防止法(特電法)とは
 4)配信停止フォームの設置
 5)サンクスメールの原案(メルマガ)
 6)メール送信時の注意(メルマガ)
 7)エラーメールの対応
 8)お金をかけずにメール一斉配信ソフト導入

               最新記事へ     トップページ





スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2010年03月19日 | メルマガ運用 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言メルマガ運用 > メルマガ配信をやりたい! ]
スポンサードリンク

メルマガ配信をやりたい!

JUGEMテーマ:ビジネス
自社のある部門より「メルマガをやりたい」と問い合わせがあった。
具体的に何をしたいかを尋ねると「社内の有用な情報を顧客に配信したい」という。
これを当社ではソフト面の充実という言葉を用いるが様は「コンサルティング営業の一環」である。

メルマガ配信を行うのであれば、配信システムを利用するのが良いと提案したが、「どの様に転ぶか分からないので手間暇かかっても自前でやりたい。配信システムは後から考える」とのことでした。

因みにここで一般的なメール配信システムの特徴を挙げると...
1)データベースで配信先を一元管理
2)申込・配信停止フォームの標準装備(オプトイン対応
3)個別宛名でのメルマガ配信(ワントゥワンマーケティングの観点
4)様々な配信方法の選択
 ・即時配信
 ・時間指定配信
 ・自動定期配信
5)サンクスメールの自動配信
6)結果の戻りの集計・分析
7)法律への迅速な対応(特電法対応

といったところでしょうか?

確かにこの時代、ムダに経費はかけられない。「上手くいく(効果が出る)なら金を出す」といったところでしょうか?そのため、「状況を見て判断」するのが正しいのかもしれません。


「自社で運用するにはどの様にしたらよいかを考えること」が宿題となりました。

メルマガの活用方法!


メルマガ配信をやりたい バックナンバー
 1)メルマガ配信をやりたい!
 2)メルマガをお金をかけずに自前運用!
 3)迷惑メール防止法(特電法)とは
 4)配信停止フォームの設置
 5)サンクスメールの原案(メルマガ)
 6)メール送信時の注意(メルマガ)
 7)エラーメールの対応
 8)お金をかけずにメール一斉配信ソフト導入

               最新記事へ     トップページ





スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2010年03月18日 | メルマガ運用 | comments(0) | trackbacks(0) |