Webアプリ(Tomcat・java) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言Webアプリ(Tomcat・java) > Tomcatの起動エラー(jakarta-tomcat-5.0.27) ]
スポンサードリンク

Tomcatの起動エラー(jakarta-tomcat-5.0.27)

JUGEMテーマ:コンピュータ

現在運用中のWebアプリケーションでTomcat(jakarta-tomcat-5.0.27)が稼動している。
このWebアプリケーションに接続しようとすると、昨日まで問題なく接続できていたのが、今朝出社して見ると「ページを表示できません」となり接続できない状況で、ユーザから多数問合せがきている。

また、Webアプリケーションのコンソール画面を確認すると、下記のエラーが表示されている。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
《エラー内容》
2010/11/17 8:10:56 org.apache.catalina.startup.Catalina start
致命的: Catalina.start:LifecycleExceptionプロトコルハンドラの起動に失敗しました: java.net.BindException: Address already in use: JVM_Bind:8080
----------------------------------------------------------------------------------------------------

エラー内容からすると「Address already in use」となっているので「アドレスが重複しており、起動が出来ない」ということと、「JVM_Bind:8080」から「JavaVMがポート8080を掴んで離さない状態」にあることがわかる。

確かにタスクマネージャを見ると稼動する「java.exe」の数に相違があった。
ここで、サーバで稼動する「ポート番号:8080」のプロセスが「java.exe」であることを確認して、「PIDを調べて」「タスクマネージャで停止」させることで手動にて再起動をする。

ポート番号:8080のPID(プロセスID)を調べる(netstat)
これは、「netstat」コマンドを実行することで調べることが出来る。
  dos>netstat -ano | findstr 8080
  TCP    0.0.0.0:8080           0.0.0.0:0              LISTENING       3348

ここで、プロセスID(PID)が「3348」であることがわかる。

PID:3348のプロセスのイメージ名を確認する(tasklist)
これは「tasklist」コマンドを実行することで調べることが出来る。
  dos>tasklist | findstr 3348
  java.exe                      3348 RDP-Tcp#22                 0    583,280 K

ここで、PID(プロセスID):3348は「java.exe」であることが確認できた。
因みに「netstat」コマンドでも引数:b(実行可能ファイルの表示)を指定すると同様にプロセスのイメージ名を確認することが出来る。
  dos>netstat -abno
  TCP    0.0.0.0:8080           0.0.0.0:0              LISTENING       404
  [java.exe]
  TCP    Server_IP:8080    Client_IP:1143     ESTABLISHED     404
  [java.exe]

※「netstat」コマンドでイメージ名を調べる場合は「|(パイプ)」での文字列検索を複合することは出来ません。

上記の状態から推測すると当社の運用で行っている「Tomcat(java.exe)の夜間自動再起動」において何らかのエラーが発生して正常に実行できなかったと思われる。
そのため、手動にて停止(タスクマネージャ)することで対応した。

Tomcatが起動しないときのエラー(Address already in use: JVM_Bind:8080)では有名なようです。覚えておくと便利かも。




ポイントサイトで効率的に稼ぐ方法を紹介!



《パソコンやWindowsの起動不良・障害・故障時の復旧対応方法》

1)BIOSの障害
ブート(Boot/起動する)デバイスの変更(BIOSの設定)方法

2)Windows XPの障害
システムの復元の手順(WindowsXP)
WindowsXPでシステムの復元ができない・エラー等で失敗する
システムの復元を取消(WindowsXP)

3)Windows 7の障害
Windows7でのシステムの復元の手順
スタートアップ修復の手順(Windows7)
システム修復オプションでメモリ診断をする(Windows7)
システムイメージの回復の手順(Windows7)
Windows 7 のシステム回復オプション


               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン