ネットワークについて | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

[ ミニミニ管理者の独り言ネットワークについて > ネットワーク管理者の必携ツール−LANケーブル(巻き取り式) ]
スポンサードリンク

ネットワーク管理者の必携ツール−LANケーブル(巻き取り式)

ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者にとって必要なツールを紹介していくコーナーです。

第六回目はLANケーブル用をチェックする「LANケーブル」のご紹介です。

6) LANケーブル(巻き取り式)
ネットワーク管理者であれば誰でも持っている「LANケーブル」ですが、持つのであれば巻き取り式のものが便利です。

特にこのBUFFALO製の「出張便利シリーズ」は携帯性に優れていて、デザインもなかなかですので「持ち運びたい」気持ちにさせる一品です。

LANケーブルを扱う時の注意点としては「LANケーブルの先端のノッチ(ツメ)」が折れやすいと言うことです。鞄などにいれて携帯する際に「ノッチ(ツメ)」が折れていてはいざ使う時に不便です。そのため、「後付けのソックス(ノッチを保護するカバー)」をつけるとノッチの損傷を防げるのでお奨めです。

下記の自動巻取りLANケーブルは「ソックス(ノッチを保護するカバー)付き」なので持ち運びに便利です。

自動巻取りLANケーブル

(CAT6e/1.0m/シルバー) / (CAT6e/1.0m/ブラック) 

■商品の仕様
ワンタッチで自動巻取り、10Gビットイーサネット対応LANケーブル
色:ブラック/シルバー ケーブル長:最大1.0m ※コネクタの長さを含む 結線仕様:ストレート全結線
コネクタ形状:両端RJ-45スリムコネクタ(ラッチカバー付) ケーブル構造:より線仕様ツイストペアケーブル
伝送帯域:エンハンスドカテゴリ6(10GBASE-T)、カテゴリ6(1000BASE-TX)、エンハンスドカテゴリ5(1000BASE-T)、カテゴリ5(100BASE-TX)、カテゴリ3(10BASE-T)適合
サイズ:W61×D13.5×H82.5mm 重量:56g


自動巻取りLANケーブルと合わせて持ち歩きたいのがLANケーブルの「ストレートとクロスの切替」ですね。

ストレートケーブルの片端に取り付けてクロスケーブルに変換するためのアダプタです。ケーブルレスのコンパクトな設計で100BASE-TX,10BASE-Tに対応しています。4心のクロス配線で全結線ではありません。パソコン同士のピアトゥピア接続の際に使用します。
カテゴリー5E(100/1000BASE-T)ストレートケーブルをクロス結線に変換するためのアダプタです。


◆ネットワーク管理者必携ツール バックナンバー◆
ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者に必要なツールを紹介するシリーズです。
ネットワーク管理者を名乗るなら「これくらいは是非持ち歩いていたい」ものばかりを厳選して紹介しています。

1)USBシリアル変換
 ・ネットワーク管理者で持っていない人はいない「USBポートとシリアルポート(D-SUB9ピン)」を変換するケーブル。
2)D-Sub 9 Pin からRJ-45変換ケーブル
 ・Ciscoの機器を扱うなら必携の「D-Sub 9ピンからRJ-45ポート」に変換するケーブル。
3)クロス変換
 ・これまたネットワーク管理者なら持っている、LANケーブルの「ストレートからクロスに変換」するコネクタ。
4)ミニ・スイッチングハブ(USB給電対応)
 ・これをもっていると以外に便利な、USB給電できる「小型のスイッチングHUB」。USB給電で使用できるのがポイントです。
5) LANケーブルテスター
 ・いままで「これがあればな!」といった状況が多かった、LANケーブルの断線を確認できる「LANケーブルテスター」です。最近は安価な物が出ているんですね。
6) LANケーブル(巻き取り式)
 ・言わずと知れた「LANケーブル」。これは巻き取り式なので持ち運び便利です。
7)D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ
 ・めったに使わないが、あると便利?な「D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ」です。
8)携帯電話USB通信・給電ケーブル
 ・これは必携でしょう!「携帯電話USB通信・給電ケーブル」。通信と給電を兼ね備えたタイプです
9)LANカード(カプラレス)
 ・PCカードやカードバスに増設する「LANカード」です。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言ネットワークについて > ネットワーク管理者の必携ツール−LANケーブルテスター ]
スポンサードリンク

ネットワーク管理者の必携ツール−LANケーブルテスター

ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者にとって必要なツールを紹介していくコーナーです。

第五回目はLANケーブル用をチェックする「LANケーブルテスター」のご紹介です。

5) LANケーブルテスター
ネットワークに繋がらない原因多くが「LANケーブル」がらみです。
その中でも多いのが「LANケーブルが抜けている」「LANケーブルがよじれて通信が安定しないもしくは繋がらない」「LANケーブルが断線している」といった物理的なものです。

また、予備に持っていったケーブルも実は保管方法が悪くて繋いだら使えないということもあります。

この様な事態のチェックや未然に防ぐ方法として「LANケーブルテスター」があると便利です。このLANケーブルテスターは2タイプあります。

1)敷設前に使う、もしくはLANケーブルの両端が一箇所(近く)に集線されている場合。
 主に利用前のLANケーブルが正常であるかをチェックする。
 大抵がコンパクトな設計になっており持ち運びに便利だが、敷設後のLANケーブルに使用する場合にはLANケーブルを取り外すため手間がかかる。

サンワサプライ ミニLANケーブルテスター LAN-TST4
ミニLANケーブルテスター
LANケーブルテスター

●RJ-45コネクタ付きのUTP・STPケーブル(EIA/TIA-568A/568B)の結線状態を簡単に調べることができます。
●ケーブルの導通・断線・結線ミスやグランドの有無を調べることができます。
●超小型・軽量で持ち運びに便利、しかもネクストラップ付きで、現場作業に威力を発揮します。 
●対応ケーブル:UTP・STPケーブル(RJ-45コネクタ)
●測定ケーブル長:20m以内
●サイズ:W68×D29×H28mm
●重量:約32g
●付属品:
・電池LR44×3個(テスト用)
・ネクストラップ(40cm)
・取扱説明書(保証書)




2)敷設後に使う。
 敷設しているLANケーブルが断線していないかを確認する。
 親機と子機が分離でき、リモートでチェックできるため、敷設後のLANケーブルの断線を調査できて便利だが、その分機器が大きい。

リモート対応のコンパクトケーブルテスタ。本体とリモートユニットが分離できるため、すでに敷設しているケーブルでも簡単にテストできる。ペン型タイプなので、かばん・洋服のポケットなどに入れ持ち運びに大変便利。
両端にLANケーブルを差し込むだけの簡単操作。
ストレート/クロス判別、1~8番のケーブル結線状況がランプ表示する。
クロスケーブル、リバース接続チェック機能、STP/UTPケーブル判別機能搭載。
LANケーブルの配線ミスを発見する。
エレコム¥ 4,906
Amazonで詳細を見る by AmaGrea

●寸法/幅36×奥行141×高さ24mm
●質量/55g
●対応ケーブル/RJ45ケーブル
●測定範囲/ケーブル長0.5から100mまで*一部細いケーブルは90mまで
●付属品/電池1個(9V角型電池)
●単位/1個
●メーカー品番/LD-RCTEST3


OEM¥ 2,580
Amazonで詳細を見る by AmaGrea

●LANケーブル(RJ45)およびUSBケーブル(A-AタイプとA-Bタイプ)のテスターです。
●付属のアダプターを装着すると電話線もテストができます。
●ケーブルの結線状態はLEDで確認します。
●子機が分離可能となっており、確認作業に便利です。
●オートモードとテストモードが選択できます。テストモードではテストボタンを押すことにより結線の1本1本を確認できます。
●電源として別途角型電池が必要となります。
●マニュアルは簡易説明書(英文)です。




◆ネットワーク管理者必携ツール バックナンバー◆
ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者に必要なツールを紹介するシリーズです。
ネットワーク管理者を名乗るなら「これくらいは是非持ち歩いていたい」ものばかりを厳選して紹介しています。

1)USBシリアル変換
 ・ネットワーク管理者で持っていない人はいない「USBポートとシリアルポート(D-SUB9ピン)」を変換するケーブル。
2)D-Sub 9 Pin からRJ-45変換ケーブル
 ・Ciscoの機器を扱うなら必携の「D-Sub 9ピンからRJ-45ポート」に変換するケーブル。
3)クロス変換
 ・これまたネットワーク管理者なら持っている、LANケーブルの「ストレートからクロスに変換」するコネクタ。
4)ミニ・スイッチングハブ(USB給電対応)
 ・これをもっていると以外に便利な、USB給電できる「小型のスイッチングHUB」。USB給電で使用できるのがポイントです。
5) LANケーブルテスター
 ・いままで「これがあればな!」といった状況が多かった、LANケーブルの断線を確認できる「LANケーブルテスター」です。最近は安価な物が出ているんですね。
6) LANケーブル(巻き取り式)
 ・言わずと知れた「LANケーブル」。これは巻き取り式なので持ち運び便利です。
7)D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ
 ・めったに使わないが、あると便利?な「D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ」です。
8)携帯電話USB通信・給電ケーブル
 ・これは必携でしょう!「携帯電話USB通信・給電ケーブル」。通信と給電を兼ね備えたタイプです
9)LANカード(カプラレス)
 ・PCカードやカードバスに増設する「LANカード」です。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言ネットワークについて > ネットワーク管理者の必携ツール−D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ ]
スポンサードリンク

ネットワーク管理者の必携ツール−D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ

ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者にとって必要なツールを紹介していくコーナーです。

第七回目はLANケーブル用をチェックする「D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ」のご紹介です。

7)D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ
これもまた、ネットワーク管理者に必携とうわけではありませんが、D-Sub9ピンのコネクタのオスメスを変換するコネクタを紹介します。このコネクタはオスメスを変換するだけではなく、ケーブル延長する際にも対応できます。

サーバールームなどではノートパソコンを置く台が一箇所しかなく、少し離れたネットワーク機器に接続したりする際に延長します。ネットワーク機器に付属するケーブルのオスメスの異なる場合にも変換することが出来ます。

ELECOM AD-HD15F(超小型アダプタ)
小型D-SUB9pinオスメス変換コネクタ
D-Sub9ピンのオスメス切替アダプタ


エレコム¥ 527
Amazonで詳細を見る

エレコム¥ 578
Amazonで詳細を見る

◆ネットワーク管理者必携ツール バックナンバー◆
ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者に必要なツールを紹介するシリーズです。
ネットワーク管理者を名乗るなら「これくらいは是非持ち歩いていたい」ものばかりを厳選して紹介しています。

1)USBシリアル変換
 ・ネットワーク管理者で持っていない人はいない「USBポートとシリアルポート(D-SUB9ピン)」を変換するケーブル。
2)D-Sub 9 Pin からRJ-45変換ケーブル
 ・Ciscoの機器を扱うなら必携の「D-Sub 9ピンからRJ-45ポート」に変換するケーブル。
3)クロス変換
 ・これまたネットワーク管理者なら持っている、LANケーブルの「ストレートからクロスに変換」するコネクタ。
4)ミニ・スイッチングハブ(USB給電対応)
 ・これをもっていると以外に便利な、USB給電できる「小型のスイッチングHUB」。USB給電で使用できるのがポイントです。
5) LANケーブルテスター
 ・いままで「これがあればな!」といった状況が多かった、LANケーブルの断線を確認できる「LANケーブルテスター」です。最近は安価な物が出ているんですね。
6) LANケーブル(巻き取り式)
 ・言わずと知れた「LANケーブル」。これは巻き取り式なので持ち運び便利です。
7)D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ
 ・めったに使わないが、あると便利?な「D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ」です。
8)携帯電話USB通信・給電ケーブル
 ・これは必携でしょう!「携帯電話USB通信・給電ケーブル」。通信と給電を兼ね備えたタイプです
9)LANカード(カプラレス)
 ・PCカードやカードバスに増設する「LANカード」です。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言ネットワークについて > ネットワーク管理者の必携ツール−USBシリアル変換 ]
スポンサードリンク

ネットワーク管理者の必携ツール−USBシリアル変換

ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者にとって必要なツールを紹介していくコーナーです。

第一回目は「USBシリアル変換」のご紹介です。

1)USBシリアル変換
このツールは、ネットワーク管理者であれば、必ず必要となるアイテムです。
ネットワーク機器の設定や変更、確認などの保守作業時にコンソール接続します。この時、ネットワーク機器のコンソールポートの多くは「シリアル(D-SUB 9Pin)」ですが、最近のノートパソコンには「シリアル(D-SUB 9Pin)ポート」がありません。そのため、「USBをシリアルに変換」してネットワーク機器に接続する必要があります。



バッファロー¥ 2,504
Amazonで詳細を見る

エレコム¥ 2,289
Amazonで詳細を見る

エレコム¥ 527
Amazonで詳細を見る

エレコム¥ 578
Amazonで詳細を見る


また、Cisco(シスコ)やNetscreen(ネットスクリーン)などのネットワーク機器のうち、大きなクラスの物だとネットワーク機器側のコンソールポートの受け口が「シリアル(RJ-45)」のことがあります。しかし、「ポートの受け口が’RJ-45’だからといってLANケーブルを接続してもつかえません」のでご注意を。
※初めての頃はやってしまいがちですが、シリアル接続とLAN接続では規格が違う「全く別のもの」ですので、そのまま接続しても繋がりません。

◆ネットワーク管理者必携ツール バックナンバー◆
ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者に必要なツールを紹介するシリーズです。
ネットワーク管理者を名乗るなら「これくらいは是非持ち歩いていたい」ものばかりを厳選して紹介しています。

1)USBシリアル変換
 ・ネットワーク管理者で持っていない人はいない「USBポートとシリアルポート(D-SUB9ピン)」を変換するケーブル。
2)D-Sub 9 Pin からRJ-45変換ケーブル
 ・Ciscoの機器を扱うなら必携の「D-Sub 9ピンからRJ-45ポート」に変換するケーブル。
3)クロス変換
 ・これまたネットワーク管理者なら持っている、LANケーブルの「ストレートからクロスに変換」するコネクタ。
4)ミニ・スイッチングハブ(USB給電対応)
 ・これをもっていると以外に便利な、USB給電できる「小型のスイッチングHUB」。USB給電で使用できるのがポイントです。
5) LANケーブルテスター
 ・いままで「これがあればな!」といった状況が多かった、LANケーブルの断線を確認できる「LANケーブルテスター」です。最近は安価な物が出ているんですね。
6) LANケーブル(巻き取り式)
 ・言わずと知れた「LANケーブル」。これは巻き取り式なので持ち運び便利です。
7)D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ
 ・めったに使わないが、あると便利?な「D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ」です。
8)携帯電話USB通信・給電ケーブル
 ・これは必携でしょう!「携帯電話USB通信・給電ケーブル」。通信と給電を兼ね備えたタイプです
9)LANカード(カプラレス)
 ・PCカードやカードバスに増設する「LANカード」です。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言ネットワークについて > ネットワーク管理者の必携ツール−ミニ・スイッチングハブ(USB給電) ]
スポンサードリンク

ネットワーク管理者の必携ツール−ミニ・スイッチングハブ(USB給電)

ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者にとって必要なツールを紹介していくコーナーです。

第四回目はLANケーブル用の「ミニ・スイッチングハブ」のご紹介です。

4)ミニ・スイッチングハブ(USB給電対応)
ネットワーク障害などで、現地対応している際にHUB(ハブ)が無くて困ったことはありませんか?また、ネットワーク障害の原因が「HUB(ハブ)」だったなんてこともありませんか?よくあるのが「特定のポートが認識しない(死んでる)」「通信が不安定(認識したりしなかったり)」ですかね。また「ネットワークを分岐したい」なんてこともありますよね。

こんな時に役に立つのがこの「ミニスイッチングHUB(ハブ)」です。大きさはタバコの箱サイズで3ポート付いています。また、選ぶなら「USB給電対応」している機種を選ぶと良いでしょう。「USB給電対応」であれば、PCのUSBポートから給電されるので「現地に電源コードを持っていく手間がいらない」というだけでなく、「あいている電源が無い!」「電源ケーブルが届かない」といった場合にも焦らずに済みます。ただし、もしものために「ACアダプター付属」がベストですね。

USB給電ミニスイッチングHUB(3ポート)
LAN-SW03/PBK(Logitec)
W77×D42×H24.5
(mm)
64g スイッチングハブ(3ポート・10/100M)
Auto MDI-X対応
USB給電(約30cm)/ACアダプタ
狭い場所に最適
底面に「マグネット」を装備
消費電力 2.7W
LANケーブル(約50cm/爪折れ防止)付属
Amazonで詳細を見る
LSW-TX-3EP/CUB(BUFFALO)
W77×D46×H24
(mm)
55g スイッチングハブ(3ポート・10/100M)
Auto MDI-X対応
USB給電(約30cm)/ACアダプタ
狭い場所に最適
底面に「マグネット」を装備
消費電力 2.3W
LANケーブル(約50cm/フラット)付属
Amazonで詳細を見る


◆ネットワーク管理者必携ツール バックナンバー◆
ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者に必要なツールを紹介するシリーズです。
ネットワーク管理者を名乗るなら「これくらいは是非持ち歩いていたい」ものばかりを厳選して紹介しています。

1)USBシリアル変換
 ・ネットワーク管理者で持っていない人はいない「USBポートとシリアルポート(D-SUB9ピン)」を変換するケーブル。
2)D-Sub 9 Pin からRJ-45変換ケーブル
 ・Ciscoの機器を扱うなら必携の「D-Sub 9ピンからRJ-45ポート」に変換するケーブル。
3)クロス変換
 ・これまたネットワーク管理者なら持っている、LANケーブルの「ストレートからクロスに変換」するコネクタ。
4)ミニ・スイッチングハブ(USB給電対応)
 ・これをもっていると以外に便利な、USB給電できる「小型のスイッチングHUB」。USB給電で使用できるのがポイントです。
5) LANケーブルテスター
 ・いままで「これがあればな!」といった状況が多かった、LANケーブルの断線を確認できる「LANケーブルテスター」です。最近は安価な物が出ているんですね。
6) LANケーブル(巻き取り式)
 ・言わずと知れた「LANケーブル」。これは巻き取り式なので持ち運び便利です。
7)D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ
 ・めったに使わないが、あると便利?な「D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ」です。
8)携帯電話USB通信・給電ケーブル
 ・これは必携でしょう!「携帯電話USB通信・給電ケーブル」。通信と給電を兼ね備えたタイプです
9)LANカード(カプラレス)
 ・PCカードやカードバスに増設する「LANカード」です。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言ネットワークについて > 【インフルエンザ】在宅勤務が有効でiPadでのイントラネット活用法−厚生労働省 ]
スポンサードリンク

【インフルエンザ】在宅勤務が有効でiPadでのイントラネット活用法−厚生労働省

 JUGEMテーマ:iphone

昨年の東日本大震災や台風の影響で洪水被害や交通機関の麻痺、そして2011-2012年にはインフルエンザが大流行している。

このような場合に威力を発揮するシステムといえばモバイル端末によるテレワーク(在宅勤務)システムでしょう。テレワークは企業の危機管理面(事業継続計画)でも非常に重要な意味を持ちます。
2008年に大流行した新型インフルエンザでは厚生労働省の新型インフルエンザ専門家会議でもテレワーク(在宅勤務)での対策の必要性にも討議されるほど重要な意味を持っている。

1/27(金)現在、インフルエンザの感染は急拡大をしており、「流行発生警報」が発令されたり、1週間で感染者が4倍に急増した地域があったりとその猛威を奮っているので注意が必要。





スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言ネットワークについて > ネットワーク管理者必携ツール−番外編(USB-LAN) ]
スポンサードリンク

ネットワーク管理者必携ツール−番外編(USB-LAN)

以前、ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者にとって必要なツールを紹介していくコーナーの第九回目で紹介したLANカードですが、PCカードタイプではなく、USBで接続できるものもあります。

これは、USBポートに差込して使用しますが、この先に「RJ-45」のLANのコネクタがついています。バスパワー対応であれば給電も必要なく、簡単にLANポートが増設できます。

最近の周辺機器は「USB対応」がほとんどですね。USBポートさえあれば何でも出来る?

・Buffalo製USB接続LANアダプタLUA-U2-GT
USB接続LANアダプタ_buffalo
・ioデータ製USB接続LANアダプタETG-US2
USB接続LANアダプタ_io

上記の製品のどちらを選ぶかは、好みの問題です。(性能差はありません。両製品ともGigaBit対応、JumboFrame対応、USB給電対応です)
私はUSBポートから飛び出すのは好きではないので、ioデータのUSBケーブルで延長してから接続するタイプが好きです。

◆ネットワーク管理者必携ツール バックナンバー◆
ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者に必要なツールを紹介するシリーズです。
ネットワーク管理者を名乗るなら「これくらいは是非持ち歩いていたい」ものばかりを厳選して紹介しています。

1)USBシリアル変換
 ・ネットワーク管理者で持っていない人はいない「USBポートとシリアルポート(D-SUB9ピン)」を変換するケーブル。
2)D-Sub 9 Pin からRJ-45変換ケーブル
 ・Ciscoの機器を扱うなら必携の「D-Sub 9ピンからRJ-45ポート」に変換するケーブル。
3)クロス変換
 ・これまたネットワーク管理者なら持っている、LANケーブルの「ストレートからクロスに変換」するコネクタ。
4)ミニ・スイッチングハブ(USB給電対応)
 ・これをもっていると以外に便利な、USB給電できる「小型のスイッチングHUB」。USB給電で使用できるのがポイントです。
5) LANケーブルテスター
 ・いままで「これがあればな!」といった状況が多かった、LANケーブルの断線を確認できる「LANケーブルテスター」です。最近は安価な物が出ているんですね。
6) LANケーブル(巻き取り式)
 ・言わずと知れた「LANケーブル」。これは巻き取り式なので持ち運び便利です。
7)D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ
 ・めったに使わないが、あると便利?な「D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ」です。
8)携帯電話USB通信・給電ケーブル
 ・これは必携でしょう!「携帯電話USB通信・給電ケーブル」。通信と給電を兼ね備えたタイプです
9)LANカード(カプラレス)
 ・PCカードやカードバスに増設する「LANカード」です。

ネットワーク管理者必見!

               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言ネットワークについて > Vaio Type G(WindowsVista)でのダイアルアップ接続(FOMA、au、SoftBank、WillCom) ]
スポンサードリンク

Vaio Type G(WindowsVista)でのダイアルアップ接続(FOMA、au、SoftBank、WillCom)

いままでは、社用のPHS(WillCom)を利用してダイヤルアップ接続していましたが、この遅さに耐えるのが苦痛で、よほどのことが無いとPHSでダイアルアップ接続しませんでしたが、第三世代(3G)は一味違いますね。
※第三世代とは、DoCoMoのFOMAを初め、auのWIN、SoftBankの3Gの携帯電話サービスを指します。
※ちなみに、その一つ前の世代である第二世代とは、DoCoMoのmovaやauのCDMA1やSoftBankの2Gです。

最近、購入したFOMA P904iを利用してダイアルアップ接続しましたが、ADSL1.5Mサービスと比較しても早く感じます。(もちろんベストエフォートなので、利用する時々で異なります。)

そこで、今回は、Vaio Type G(WindowsVista) & FOMA での「ダイアルアップ接続」の設定について説明したいと思います。また、最後に補足として各キャリア(au、SoftBank、WillCom)での接続設定も記載します。参考にして下さい。

◆準備する物
VAIO type G(WindowsVista搭載)
 ・・・WindowsVista搭載ならどんなパソコンでも構いません。
 ・・・今回はWindowsVistaをベースにして説明していますが、他のOSでも基本的にする設定は同じです。
・FOMA端末
・FOMA付属のドライバCD-ROM
通信用USB接続ケーブル(FOMA対応)

◆接続方法
1)FOMA対応の通信用USB接続ケーブルを使って、VAIO Type GとFOMAを接続します。
 USBケーブルで接続するとドライバのインストールを要求してきます。
 そのタイミングでFOMA付属のCD-ROMを挿入します。
2)FOMAのドライバをインストールします。
 FOMA用ドライバCD-ROMを挿入するとドライバのインストールが開始します。
3)ダイヤルアップ接続を作成します。
 ・スタート−接続先−「接続またはネットワークをセットアップします」を選択。
 ・「インターネットに接続します」をクリックして「次へ」を押下します。
 ・「いいえ、新しい接続を作成します」を選択して「次へ」を押下します。
 ・「ダイヤルアップ」を選択します。
 ・「ダイヤルアップの電話番号」にISPの電話番号を入力します。
  今回は、FOMAなので「186*99***1#」(パケット通信の場合)を入力します。
  また、64kでの接続の場合は「186*9601」になります。
 ・DoCoMoの場合は、「ユーザ名」「パスワード」は必要ないので空欄にします。
 ・接続名に自分で解る接続名を設定します。ここでは、「DoCoMo-FOMA」とします。
 ・接続を押下します。
4)接続を確認します。
 ・インターネットに繋がっているかインターネットエクスプローラを起動します。

こんな簡単な設定ですぐに使えます。これであなたも今日からモバイル生活?
現時点では、FOMAの定額サービスは無いですが、2007年10月22日より「定額データプランHIGH-SPEED」が開始されるようです。これによると定額5,040円〜11,340円で上台無しの使い放題となるようです。(条件ありのため、要確認)
モバイル用途の多い、ビジネスユーザは必見!

◆補足(まとめ)
FOMAの設定のおさらいと他のキャリアの設定を紹介します。(パケット通信の場合)
1)FOMA
 ダイヤルアップ電話番号:186*99***1#
 ユーザID:なし
 パスワード:なし
2)au
 ダイヤルアップ電話番号:*99**24#
 ユーザID:au@au-win.ne.jp
 パスワード:au
3)SoftBank
 ダイヤルアップ電話番号:*99#
 ユーザID:ai@softbank
 パスワード:softbank
4)WillCom
 ダイヤルアップ電話番号:0570-570-711##64
 ユーザID:prin
 パスワード:prin
5)e-Mobile
 ダイヤルアップ電話番号:*99***1#
 ユーザID:em
 パスワード:em
※FOMA、au、WillComについては検証していますが、その他は調査結果を記載しています。

◆検証
 OS:WindowsVista


               最新記事へ     トップページ

Sony Style(ソニースタイル)


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言ネットワークについて > NTTドコモがPC接続定額プランを発表!!! ]
スポンサードリンク

NTTドコモがPC接続定額プランを発表!!!

2007/9/13にNTTドコモが、PC接続向けパケット定額プラン「定額データプランHIGH-SPEED」と「定額データプラン64k」を10月22日よりスタートすると発表しました。

この定額プランは、別途ISP料金(mopera)が必要となる。
1)定額データプランHIGH-SPEED
 ・個人ユーザ:月額5,040円〜11,340円の2段階定額。
  ※mopera U U定額HIGH-SPEEDプランを含む。:月額840円
 ・法人ユーザ:月額4,830円〜11,130円の2段階定額。
  ※ビジネスmoperaインターネット(HIGH-SPEED)。:月額630円
2)定額データプラン64k
 個人ユーザ:月額4,725円定額
 ※mopera U U定額64kプランを含む。:月額525円
 法人ユーザ:月額4,500円定額
 ※ビジネスmoperaインターネット(64k)。:月額300円

このサービスは「カード型通信カードでPC接続用途」が対象で、下り最大3.6MbpsのHSDPA通信が可能な「定額データプランHIGH-SPEED」と通信速度が最大64kの「定額データプラン64k」のプランがある。
※定額データプラン64kは、PHSサービスであった「@FreeD」ユーザの代替サービス。

また、このサービスで利用できる内容は「メールの送受信」「テキストや静止画のウェブサイトの閲覧」に限られており、「FTPによるファイル転送」や「ストリーミング動画」は利用できないとのこと。これはNTTドコモ回線負荷を最小限に抑える為の処置で、他のユーザのサービス品質低下を防ぐ為と発表している。

また、キャンペーン期間として2007/10/22〜2008/1/31までは、定額データプランHIGH-SPEEDの上限を4,200円になるようです。

そういえば、当社に出入りしているau(KDDI)の営業が、カード型データ通信で10月に新サービスが始まるようなことを言ってたな?ということはau(KDDI)もNTTに対向した金額設定でサービスを始めることでしょう。ユーザとしては嬉しい限りです。

◆注意
・このサービスはカード型通信カードを主としたサービスであるので、音声通話もできる端末(いわゆる携帯電話)を利用したPC接続型通信は対象外となる。
・ファミリー割引やオフィス割引などの基本使用料割引、無料通信分の共有は適用対象外になります。

               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言ネットワークについて > 携帯のメモリが消えた−携帯万能 ]
スポンサードリンク

携帯のメモリが消えた−携帯万能

先日、携帯電話が故障してメモリが全て消えてしまいました。
そこで情けないことに...携帯のメモリをバックアップしていませんでした。

皆さんもこの様なことが起こる前に「バックアップ」はこまめにとっておきましょう。
もちろんサーバだけではなく、携帯やちょいテレもね。

購入するなら充電版がいいですね。最近の携帯は充電器がついていないものもあるので。
それにUSBで充電できた方が便利ですしね。

携帯万能17 オールキャリア 充電版
 全キャリアのケーブルが付属しています。
 家族や恋人で異なるキャリアを使っていても安心です。

携帯万能17 FOMA softbank 充電版 [HYBRID]
 FOMA、softbank対応です。

携帯万能17 au 充電版 [HYBRID]
 au対応です。

携帯万能17のアップデータ
 私が購入した携帯はP904iだったのでアップデートが必要だったようです。
 皆様も対応機種で無い場合にはアップデートを!

携帯万能の対応機種検索
 対応機種かどうかを検索できます。
 ご購入前に必ず対応機種か検索を!


               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン