特殊フォルダでの圧縮方法 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

[ ミニミニ管理者の独り言Windows・XP・Vista・7・8 > 特殊フォルダでの圧縮方法 ]
スポンサードリンク

特殊フォルダでの圧縮方法

先日、他部門より複数枚のJPEG画像をある拠点に送って欲しいとの依頼がありましたので部下に指示して圧縮などの対応をさせました。出来上がった圧縮ファイルを確認するとデスクトップにあるフォルダをディレクトリ付きで圧縮しているので「特殊フォルダのパス」になっており、解凍してもユーザー名が異なるのでデスクトップに表示されない状態でした。
     解凍先:C:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥デスクトップ¥

そんなこともあったので、特殊フォルダにあるファイルやフォルダの圧縮の方法をここでご紹介したいと思います。

◆特殊フォルダにあるファイルの圧縮方法
まず、「特殊フォルダ」とは、デスクトップやマイドキュメント、スタートメニューといったフォルダの事で「ユーザーごと異なる環境を提供する」為にあります。

1)特殊フォルダ(ここではデスクトップにします)に解凍させたいファイルを「All Users」にコピーします。
    場所:C:¥Documents and Settings¥All Users¥デスクトップ¥
2)ファイルを選択してディレクトリ付きで圧縮します。

これだけです。あとは出来上がった圧縮ファイルを解凍すれば、どの環境のWindows2000/XPマシンで解凍してもデスクトップに表示されます。
WindowsVistaではこの特殊フォルダの文字が変更になっているので注意が必要です。

ここで使用した「All Users」というのがミソで、このフォルダにあるファイルやフォルダは全てのユーザに共通して表示されます。

◆検証環境
OS:Windows2000/XP


               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: