パソコンの管理方法 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言システム管理者 > パソコンの管理方法 ]
スポンサードリンク

パソコンの管理方法

私の会社でのパソコンの管理方法をご紹介したいと思います。
皆様のご参考になれば...良いのですが。

1)分類ごとにメーカーを統一する
ここで言う分類とは「パソコン」「プリンタ」「スイッチ」といった分類です。
この分類ごとにメーカーを統一できるとシステム部門の管理負荷が軽減できます。
理由を挙げると次のようになります。
 ・分類ごとに窓口を一本化できる
 ・メーカー固有の特長による問題を考慮しなくて良くなる
 ・メーカーによる違いがなくなるので一時切り分けが早く、容易になる
 ・メーカー固有の違いを覚えなくて良くなる
 ・購入台数が必然的に多くなるので交渉力が高くなる
などでしょうか。
また、できるだけまとめて購入する様にして、機種やスペックなどの構成も統一できるとなお良いです。あと、蛇足ですが、スペックはある程度の用途ごとに「標準構成」を決めておいた方が管理しやすいです。(事務用、CADシステム用、CG用など)

2)ソフトウェアを統一する
ソフトウェアの統一とは、OSをWindows2000Pro、Officeも2000、ミドルウェアはLHAと秀丸といった様に統一することを指します。これも理由は同じでソフトウェアのバージョン違いによる判断ミスや負荷を減らすことが目的です。

最初に一括して購入していれば、簡単に統一できますが、実際にはリプレースや増設などが頻繁に発生します。ここでどの様にOSを統一しているかというと「ダウングレード」によってバージョンを統一する事にしています。当然、購入するモデルはWindowsXPやWindowsVistaでもWindows2000にダウングレードしてから拠点に導入しています。

しかし、ソフトウェア(特にOS)のバージョンを統一する事はだんだん難しくなってきています。これはハードウェアの進化によるドライバの公開がなくなることが原因です。

通常、ドライバの入手先はパソコンメーカーのホームページになりますが、ない場合は該当部品のメーカー(例えばマザーボードならインテル)のホームページから探すことになります。

3)パソコン及びソフトウェアの購入はシステム部門の承認を必要とする
これは簡単な話で、各部門にて購入を許してしまうと機種を統一するどころか、メーカーまで好みで進めてしまいます。これでは目的を達成できないのと、備品の管理が難しくなるのに加えて、価格交渉力が低下して費用が増大する原因に繋がります。
そのため、パソコンなどの備品の購入は全て稟議決裁を要するとして、システム部門へ事前に回覧させるなどの仕組みで対応しています。

4)パソコンなどの機器台帳を作成する
これはある意味当然の事ですが、購入日や購入元、内容、数量、スペックといった内容を台帳としてエクセルで管理しています。これはゆくゆくはDBMSにして管理したいと思っています。

5)パソコンなどの機器の保障期間・保守期間を管理する
これも台帳とキー項目で連動している別表に保障期間や保守期間を記載して管理しています。案外、保障期間の前後で故障する事が多いので必要です。

6)ネットワークに接続する機器はネットワーク設定を管理する
ネットワークの設定の管理は重要です。特に当社ではIPアドレスを「固定IP(DHCPを利用していない)」で管理しているので、IPアドレスの重複を防ぐ為にも必須です。


◆パソコンの管理について バックナンバー◆

1)社内用パソコン購入のポイント
 ・社内用パソコンを購入する際の注意点や相見積の取り方などについて触れています。
2)パソコンの管理方法
 ・パソコンやプリンタなどの備品の効率的な管理について触れいています。
3)経営者と戦うシステム管理者-ソフトウェアライセンス
 ・システム管理者と経営者とのライセンス購入にまつわる攻防?
4)社内利用のアプリケーションの統一
 ・社内で利用するアプリケーションの管理について触れています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年06月14日 | システム管理者 | comments(0) | trackbacks(1) |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
from - (2007年06月24日 16:45)