社内研修のスケジュール計画−社内研修の計画を立てるにはどうするか。(場所) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−社内研修の計画を立てるにはどうするか。(場所) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−社内研修の計画を立てるにはどうするか。(場所)

3)社内研修の計画を立てるにはどうするか。
3-4)場所
次は講習する「場所」の決定ですが、これは導入するシステムの形態(サーバの台数や必要となるシステムの構成)のうち、研修で最低限必要となる構成とライセンスの保有状況、使用する機材(研修は本番機を使用するのか検証機を使用するのか)によって大きく異なってきます。

その為、導入するシステムが最低限どの様な環境であれば動作可能かを調べておき、社内・外のどこで研修可能であるかを確認しておく必要があります。

例えば、研修で最低限必要となる構成がClient/Server型でサーバも検証機(タワー型)を用意できれば移動が可能となり社外に場所を借りて集合研修を行うことも可能(但し、サーバを社外に持ち出しして研修する場合は保険をかけて搬送するなどを考慮する)であるが、用意できるサーバがラック搭載型だったり、本番機しかない場合には社外に搬送して研修を行うことは避けるべきです。

また、社外から社内システムへアクセスする環境(認証サーバ経由での接続やVPN接続など)があるなら、それを利用して社外研修を行うことも可能です。この場合には、事前に研修会場の環境を確認しておき、現調する時に接続テストをしておけば研修当日になって研修が出来ないなどの最悪の事態を避けることが出来るでしょう。

尚、社内で集合研修を行う場合には、拠点数が大きく影響してきます。
拠点が複数ある場合には本社に呼んで研修するか拠点に出向く、もしくはどこかの拠点に集めるかの選択肢がでてきますが、この辺は拠点の密集度や予算、拠点の環境によると考えられますので割愛します。
※拠点が多く、研修会場が複数に分かれる場合は、「研修会場一覧」などが必要です。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年06月28日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: