レコメンデーション(recommendation) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言用語辞書 > レコメンデーション(recommendation) ]
スポンサードリンク

レコメンデーション(recommendation)

最近、Web2.0の流行と共に「レコメンデーション」という言葉を良く耳にする様になりました。レコメンデーションを和訳すると「推薦」「推奨」という意味になります。

これは、電子商店などでは利用していないサイトはないくらいで、そのサイトが今後生き残れるかどうかを左右するくらい重要な技術です。

具体的に話をすると、レコメンデーション機能は、ユーザの好みを分析し、ユーザごとに興味のありそうな情報を選択して表示したり、ユーザの購買履歴やあらかじめ登録してある趣味などの情報から、似たような傾向を示している他ユーザの興味対象を表示するサービスや、オペレータがユーザの希望に対して個別に適切な情報を配信するサービスなど、高度なサービスも提供されています。

また、Webサイトで顧客層ごとに異なるトップメニューを用意することもリコメンデーションサービスの一種です。

ここで簡単な例を挙げると、Amazonで買い物する時に検索した商品の下にある「あわせて買いたい」や「この商品を買った人はこんな商品も買っています」などの情報を抽出する機能がレコメンデーションです。
GoogleやAmazonはこのレコメンデーション技術の開拓者と言っても過言ではないでしょう。


尚、Googleはこのレコメンデーション機能とGMailサービスを組み合わせして新たな広告収入源にするべく目論んでいます。

具体的に話をすると、レコメンデーション機能は、ユーザの好みを分析し、ユーザごとに興味のありそうな情報を選択して表示したり、ユーザの購買履歴やあらかじめ登録してある趣味などの情報から、似たような傾向を示している他ユーザの興味対象を表示するサービスや、オペレータがユーザの希望に対して個別に適切な情報を配信するサービスなど、高度なサービスも提供されています。

また、Webサイトで顧客層ごとに異なるトップメニューを用意することもリコメンデーションサービスの一種です。

ここで簡単な例を挙げると、Amazonで買い物する時に検索した商品の下にある「あわせて買いたい」や「この商品を買った人はこんな商品も買っています」などの情報を抽出する機能がレコメンデーションです。Googleの2GBまで無料で利用できるフリーメールのサービスですが、このメールの内容に合わせたタイムリーな広告を挿入するというものです。

このレコメンデーション機能により、ユーザーは自分の欲しい情報にすばやくアクセスできる可能性が高まる一方で、提供する企業にとっては顧客の商品購買率を高められるなど、双方にメリットが大きいサービスとして急速に普及が進んでいます。

レコメンデーションを要約すると...
 1)対象顧客と購買行動が類似している他の顧客が買った商品を選定する手法。
 2)対象顧客が過去に買った商品と特徴が類似している商品を選定する手法。
ということです。
               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年03月15日 | 用語辞書 | comments(0) | trackbacks(1) |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
from - (2007年03月16日 09:35)