社内研修のスケジュール計画−定着化計画(理解度テスト) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−定着化計画(理解度テスト) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−定着化計画(理解度テスト)

5)定着化計画
社内研修において定着化は重要な課題です。ここでは定着化を図る上で効果的な方法や受講者側の心構えについてポイントとして下記が挙げられます。
5-8)理解度テスト
研修を受けている最中と言うのは、講師の質にもよりますが、大抵は「判った(理解した)感じ」に陥ることが多いです。この「判った感じ」というのは、講師から言われたとおりに操作や手順を繰り返して行くうちに、「何となくできるかな?」的な雰囲気や錯覚に陥ることです。これは受講者に自信を持たせると言う意味では良いことなのですが、「判っていない自分を隠してしまう」事にもなりかねません。

この現象に陥いる原因として考えられるのが、「講師の準備のよさ」です。
これは、講師も研修中に不具合によるトラブルを出したくないので、「この手順でやれば必ずできるシナリオに沿って講習を進める傾向にある」からだと考えられます。

そのため、受講者は講師から「判りましたか?」と質問されても、「判った感じ」になっているか、「右から左へ質問を受け流してしまう」状況になります。

この状況を回避する良い方法として、「章末問題や研修最後に行う理解度テストを実施」する事です。これにより、受講者は「自分ひとりで問題を解く」事になり、初めて理解していない自分に気がつくことができます。

このテストの状況と言うのは、研修を受けた後の「自分の業務に戻った時の環境」と言えるでしょう。それは隣に手順を教えてくれる講師がいないからです。

また、章末問題や理解度テストを行うことで講師側にもメリットがあります。それは「受講者の理解度レベルを図る」事ができる点です。これは今後のヘルプデスク業務での受講者レベルを判断する材料になります。

ヘルプデスク業務において(個人別の)質問者のレベルを把握しておくことは業務の効率化に繋がるので、是非知っておきたい情報です。
※但し、思い込みは問題です。あくまでも受講者のレベルは判断材料の一つと言うことで。

◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年08月02日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(1) |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
from - (2007年09月03日 03:54)