ネットワーク管理者の必携ツール−USBシリアル変換 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言ネットワークについて > ネットワーク管理者の必携ツール−USBシリアル変換 ]
スポンサードリンク

ネットワーク管理者の必携ツール−USBシリアル変換

ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者にとって必要なツールを紹介していくコーナーです。

第一回目は「USBシリアル変換」のご紹介です。

1)USBシリアル変換
このツールは、ネットワーク管理者であれば、必ず必要となるアイテムです。
ネットワーク機器の設定や変更、確認などの保守作業時にコンソール接続します。この時、ネットワーク機器のコンソールポートの多くは「シリアル(D-SUB 9Pin)」ですが、最近のノートパソコンには「シリアル(D-SUB 9Pin)ポート」がありません。そのため、「USBをシリアルに変換」してネットワーク機器に接続する必要があります。



バッファロー¥ 2,504
Amazonで詳細を見る

エレコム¥ 2,289
Amazonで詳細を見る

エレコム¥ 527
Amazonで詳細を見る

エレコム¥ 578
Amazonで詳細を見る


また、Cisco(シスコ)やNetscreen(ネットスクリーン)などのネットワーク機器のうち、大きなクラスの物だとネットワーク機器側のコンソールポートの受け口が「シリアル(RJ-45)」のことがあります。しかし、「ポートの受け口が’RJ-45’だからといってLANケーブルを接続してもつかえません」のでご注意を。
※初めての頃はやってしまいがちですが、シリアル接続とLAN接続では規格が違う「全く別のもの」ですので、そのまま接続しても繋がりません。

◆ネットワーク管理者必携ツール バックナンバー◆
ネットワーク管理者必携ツールと題して、ネットワーク管理者に必要なツールを紹介するシリーズです。
ネットワーク管理者を名乗るなら「これくらいは是非持ち歩いていたい」ものばかりを厳選して紹介しています。

1)USBシリアル変換
 ・ネットワーク管理者で持っていない人はいない「USBポートとシリアルポート(D-SUB9ピン)」を変換するケーブル。
2)D-Sub 9 Pin からRJ-45変換ケーブル
 ・Ciscoの機器を扱うなら必携の「D-Sub 9ピンからRJ-45ポート」に変換するケーブル。
3)クロス変換
 ・これまたネットワーク管理者なら持っている、LANケーブルの「ストレートからクロスに変換」するコネクタ。
4)ミニ・スイッチングハブ(USB給電対応)
 ・これをもっていると以外に便利な、USB給電できる「小型のスイッチングHUB」。USB給電で使用できるのがポイントです。
5) LANケーブルテスター
 ・いままで「これがあればな!」といった状況が多かった、LANケーブルの断線を確認できる「LANケーブルテスター」です。最近は安価な物が出ているんですね。
6) LANケーブル(巻き取り式)
 ・言わずと知れた「LANケーブル」。これは巻き取り式なので持ち運び便利です。
7)D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ
 ・めったに使わないが、あると便利?な「D-Sub9ピンオスメスの変換コネクタ」です。
8)携帯電話USB通信・給電ケーブル
 ・これは必携でしょう!「携帯電話USB通信・給電ケーブル」。通信と給電を兼ね備えたタイプです
9)LANカード(カプラレス)
 ・PCカードやカードバスに増設する「LANカード」です。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
from - (2007年08月13日 02:58)