ネットワーク−負荷分散 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

[ ミニミニ管理者の独り言用語辞書 > ネットワーク−負荷分散 ]
スポンサードリンク

ネットワーク−負荷分散

負荷分散装置(ロードバランサ)における中核的な機能に「負荷分散」がある。
これは、1台のサーバでは処理しきれないサービス(DNSやhttp、smtp、pop3など)を複数台のサーバで処理しながら、仮想的に1台のサーバとして見せかけ、サーバ1台あたりにかかる「負荷」を複数台のサーバに「分散」する機能の事です。

この負荷分散では、いろいろなアルゴリズムが使われており、代表的な負荷分散のアルゴリズムを紹介すると下記があげられます。

◆分散アルゴリズム
スタティック負荷分散:ラウンドロビン、重み付けラウンドロビン
ダイナミック負荷分散:最速応答時間/最小サーバ負荷、最小コネクション、スロースタート

◆負荷分散アルゴリズムの特徴
1)ラウンドロビン
各サーバに対して「均等にトラフィックを振り分ける」方法で、サーバの処理能力に違いがないときに使われることが特徴です。

2)重み付けラウンドロビン
基本的にはラウンドロビンと同じように「トラフィックを振り分け」しますが、その際に「サーバに優先順位」を付け、振り分けるトラフィック量をサーバごとに変えることができることが特徴です。このアルゴリズムを利用するメリットは「サーバの処理能力に違いがある場合」です。

3)最速応答時間/最小サーバ負荷
最も速くレスポンスがあったサーバ、最も負荷の小さいサーバなどサーバの稼働状況によって振り分けることができる方法です。サーバの負荷状態は、エージェントをサーバ側で稼働(常駐)させ、レスポンスタイム以外にも、CPU負荷率、メモリ使用量、ディスクI/O負荷率などをモニタリングし、その統計情報にもとづいて振り分けします。

4)最小コネクション
ロードバランサは、サーバに振り分けながらコネクションの状況をテーブルとして管理していますが、その情報から最もコネクションが少ないサーバを抽出し、振り分ける方法です。

5)スロースタート
サーバを増設したり、交換したときに、トラフィックがそのサーバに集中しないよう徐々に振り分けて行く方法です。障害対応時に利用することが多いです。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年08月24日 | 用語辞書 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: