初級シスアドの育て方−人の振り見て我が振りなおせ | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

[ ミニミニ管理者の独り言システム管理者 > 初級シスアドの育て方−人の振り見て我が振りなおせ ]
スポンサードリンク

初級シスアドの育て方−人の振り見て我が振りなおせ

「人の振り見て我が振りなおせ」と言う諺がありますが、この意味は「自分自身の事はなかなか気がつかないもの。せめて人のいいところ、悪いところを見て自分に役立たせた方がいい。」といった感じの意味ですが、これもなかなか難しい様です。

仕事を覚える上での早道は、「仕事のできる人を真似(盗む)てみる。」事だと思います。
例えば、どの様な業界でも「職人」と呼ばれる職業では、技術や手順を教わる為に弟子入り(就職)するのではなく、師匠の動きを見て「盗んで」一人前になるそうです。

これは、何も職人だけのことではなく「技術者」でも同じことが言えます。
もちろん、知識や情報、理論の上に成り立つ技術は体系的に学ぶことも身に付けることもできますが、「仕事」は何も技術だけではありません。コミュニケーションスキル、リーダーシップ、交渉術、判断力、決断力などのヒューマンスキルは学ぶのではなく、「できる人から盗む」事となるでしょう。(リーダーシップ論など、学問としてなりたっている物もありますが...まだまだ発展途上のようです)

他人を見る(観察する)ということは、「自分に何ができて何ができないか?」を明確にする事です。その上で「仕事のできる人をよく観察して技を盗む」必要があります。

この話に似た話ですと、昔の上司に言われた言葉の一つで「2階級上の役職者の仕事振りを見て(真似て)、その人がどの様に考えて活動しているかを考えて仕事をした方が良い」と言われたことがあります。

その当時の上司は「取締役」で、私は「2年目の平社員」でした。この上司は相当な豪傑で社内でも有名だった方ですが、ご自身と私の考えのギャップを埋めるための教育的指導(苦肉の策?)だったのでしょう。しかし、この言葉は私にとって今でも覚えている大切な言葉になっています。その当時は辛かったですが。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年09月21日 | システム管理者 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: