電池用充電チェッカー | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言eco関連 > 電池用充電チェッカー ]
スポンサードリンク

電池用充電チェッカー

JUGEMテーマ:コンピュータ


この間、エネループ(eneloop)を充電して使おうとしたら、びっくりしました。充電できていません。
なぜなら、私が使っている電動歯ブラシ に挿入しても、「うんともすんとも」いわないのです。
※この結末は最後に。

こんなときに便利なのが「充電チェッカー」です。
私はTOSHIBA バッテリーチェッカー TBC-30 を買いました。


これがあれば様々なタイプの電池の残量を3段階(使えます・少し使えます・使えません)で表示してくれて分かりやすいです。

◆主な仕様◆
1)測定できる電池
・単1〜単5形・9V形(マンガン乾電池とアルカリ乾電池)
・コイン形リチウム電池(CR1216、CR1220、CR1616、CR2016、CR2025、CR2032)
・アルカリボタン電池(LR43、LR44、LR1120、LR1130、LR41)
・ボタン形酸化銀電池(SR43、SR44、SR1120、SR1130、SR41W、その他の時計用酸化銀電池)
・カメラ用リチウム電池(CR123A、2CR5、CR2、CR-P2)
2)外形・他
・本体外形寸法(mm) 長さ121×幅88.2×厚さ24
・質量110g
・使用電池 コイン形リチウム電池(CR2032) 1個

これだけの電池を測定できれば問題ないでしょう。因みにこの機種は「充電池」は非対応ですが、エネループ(eneloop)は測定できました。

それとこの充電チェッカーが面白いのは充電チェッカーを使用するのに必要な「電源」も電池なのですが、この残量表示は「使えません」とでると使えるということ。これは機構を簡素化して低価格化を図ったからかと思いますが、結構笑えます。

また、エネループ(eneloop)のマスコットキャラクター「エネルーピー(eneloopy)」型の充電チェッカーも発売されています。

これはなかなかいいですね。使用できるのは「単3型」「単4型」ですが、なんといってもデザインがいい。室内にオブジェとして飾れます。
 
「eneloop」のマスコットキャラクター「eneloopy」を簡易バッテリーチェッカーとして商品化 !

結局、私のエネループ(eneloop)は充電チェッカーでチェックすると「使えます」の表示で問題ありませんでした。そう、ダメだったのは電動歯ブラシのほうで使い捨てと充電池とで長さが「若干」違うのか、接触不良のような感じです。でもこれがあれば「残量」も分かるので便利です。

これからのエコ(eco)な時代には必須?かも知れません。



               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2009年11月16日 | eco関連 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: