srvctlコマンドリファレンス−oracle10g(RAC構成) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言Oracleの運用(RAC構成等) > srvctlコマンドリファレンス−oracle10g(RAC構成) ]
スポンサードリンク

srvctlコマンドリファレンス−oracle10g(RAC構成)

JUGEMテーマ:コンピュータ
 
今回はOracle10g(10.2.0.2)のsrvctlコマンドリファレンスについて紹介します。
このコマンドはOracleのRACコンポーネントの管理でも紹介しましたが、CRSリソース(ServiceやInstance、ASM等のリソース間の依存関係を解決して適切に起動・停止)を操作するためのコマンドで、Oracle Databaseの起動や停止、状態の確認するのに使用します。

■srvctlコマンド一覧
コマンド コマンド詳細 説明
srvctl add srvctl add database データベースおよび構成の追加
srvctl add instance 1つ以上のインスタンスおよび構成の追加
srvctl add service サービスの追加
srvctl add nodeapps ノード・アプリケーションの追加
srvctl add asm ASMインスタンスの追加
srvctl add listener ノードへのリスナーの追加
srvctl config srvctl config database クラスタ・データベースの構成情報の表示
srvctl config service サービスの構成情報の表示
srvctl config nodeapps ノード・アプリケーションの構成情報の表示
srvctl config asm ノードのASMインスタンスの構成の表示
srvctl config listener 指定したノードでOracle Clusterwareに登録された構成済リスナーのリストの表示
srvctl enable srvctl enable database データベースの有効化
srvctl enable instance インスタンスの有効化
srvctl enable service サービスの有効化
srvctl enable asm ASMインスタンスの有効化
srvctl disable srvctl disable database クラスタ・データベースの無効化
srvctl disable instance インスタンスの無効化
srvctl disable service サービスの無効化
srvctl disable asm ASMインスタンスの無効化
srvctl start srvctl start database クラスタ・データベースとそのインスタンスの起動
srvctl start instance インスタンスの起動
srvctl start service サービスの起動
srvctl start nodeapps ノード・アプリケーションの起動
srvctl start asm ASMインスタンスの起動
srvctl start listener 指定したリスナーの起動
srvctl stop srvctl stop database クラスタ・データベースの停止
srvctl stop instance インスタンスの停止
srvctl stop service サービスの停止
srvctl stop nodeapps ノード・レベル・アプリケーションの停止
srvctl stop asm ASMインスタンスの停止
srvctl stop listener 指定したリスナーの停止
srvctl modify srvctl modify database データベースの構成の変更
srvctl modify instance インスタンスの構成の変更
srvctl modify service サービスの構成の変更
srvctl modify asm ASMの構成の変更
srvctl modify nodeapps ノード・アプリケーションの構成の変更
srvctl modify listener ノードのリスナー構成の変更
srvctl relocate srvctl relocate service 指定インスタンスから別の指定インスタンスへの指定したサービス名の再配置
srvctl status srvctl status database データベースのステータスの取得
srvctl status instance インスタンスのステータスの取得
srvctl status service サービスのステータスの取得
srvctl status nodeapps ノード・アプリケーションのステータスの取得
srvctl status asm ASMインスタンスのステータスの取得
srvctl getenv srvctl getenv database クラスタ・データベース環境の値の取得
srvctl getenv instance インスタンス環境の値の取得
srvctl getenv service サービス環境の値の取得
srvctl getenv nodeapps ノード・アプリケーション環境の値の取得
srvctl setenv srvctl setenv database クラスタ・データベース環境構成の管理
srvctl setenv instance インスタンス環境構成の管理
srvctl setenv service サービス環境構成の管理
srvctl setenv nodeapps ノード・アプリケーション環境構成の管理
srvctl unsetenv srvctl unsetenv database クラスタ・データベース環境構成の設定解除
srvctl unsetenv instance インスタンス環境構成の設定解除
srvctl unsetenv service サービス環境構成の設定解除
srvctl unsetenv nodeapps ノード・アプリケーション環境構成の設定解除
srvctl remove srvctl remove database データベースおよび構成の削除
srvctl remove instance 1つ以上のインスタンスおよび構成の削除
srvctl remove service サービスの削除
srvctl remove nodeapps ノード・アプリケーションの削除
srvctl remove asm ASMインスタンスの削除
srvctl remove listener 指定したノードからリスナーを削除します。
(参考:Oracle Real Application Clusters管理およびデプロイメント・ガイド)


■Oracle学ぶならこれ!


               最新記事へ     トップページ





スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: