srvctlコマンドでサービスの起動停止−oracle10g(RAC構成) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言Oracleの運用(RAC構成等) > srvctlコマンドでサービスの起動停止−oracle10g(RAC構成) ]
スポンサードリンク

srvctlコマンドでサービスの起動停止−oracle10g(RAC構成)

JUGEMテーマ:コンピュータ


■関連記事


今回はOracle10g(10.2.0.2)のsrvctlコマンドについて紹介します。
このコマンドはOracleのRACコンポーネントの管理でも紹介しましたが、CRSリソース(VIP、ASM、ONS、instanceなど)を操作するためのコマンドで、高可用性フレームワーク上で動作するコンポーネント。srvctlコマンドはリソース間の依存関係を解決して適切に起動・停止を行います。


■コマンドライン
dos>srvctl <command> <object> [<options>]

下記のコマンドとオブジェクトを組み合わせて使用します。
また、コマンド・オブジェクトごとに引数が割り当てられてしますが、ここでは割愛して実行結果などを紹介します。


コマンド<command>:
  enable
  disable
  start
  stop
  relocate
  status
  add
  remove
  modify
  getenv
  setenv
  unsetenv
  config


オブジェクト<object>:
  database
  instance
  service
  nodeapps
  asm
  listener


オプション<options>:ヘルプを表示
  -h


■実際の使用例
1)start
srvctlコマンドでのOracle(CRSリソース)の起動
dos>srvctl start nodeapps -n node_name
dos>srvctl start asm -n node_name
dos>srvctl start instance -d db_unique_name -i instance_name
dos>srvctl start instance -d db_unique_name -i instance_name -o mount
dos>srvctl start database -d db_unique_name 


2)stop
srvctlコマンドでのOracle(CRSリソース)の停止
dos>srvctl stop instance -d db_unique_name -i instance_name
dos>srvctl stop asm -n node_name
dos>srvctl stop nodeapps -n node_name
dos>srvctl stop database -d db_unique_name 


3)status
srvctl status database -d db_unique_name [-f] [-v]

dos>srvctl status database -d db_unique_name
インスタンスinst_nameはノードnode_nameで実行中です。
インスタンスinst_nameはノードnode_nameで実行中です。


srvctl status instance -d db_unique_name -i inst_name_list [-f] [-v]

dos>srvctl status instance -d db_unique_name -i "inst_name1,inst_name2"
インスタンスinst_nameはノードnode_nameで実行中です。
インスタンスinst_nameはノードnode_nameで実行中です。


srvctl status service -d db_unique_name -s service_name_list [-f] [-v]

dos>srvctl status service -d db_unique_name -s db_unique_name
PRKO-2120 : 内部データベース・サービスdb_unique_nameは、srvctlで管理できません。


srvctl status nodeapps -n node_name

dos>srvctl status nodeapps -n node_name
VIPはノードで実行中です: node_name
GSDはノードで実行中です: node_name
リスナーはノードで実行中です: node_name
ONSデーモンはノードで実行中です: node_name


srvctl status asm -n node_name

dos>srvctl status asm -n node_name
ASMインスタンス+ASM1はノードnode_nameで実行中です。


4)config
srvctl config database [-d db_unique_name [-a] [-t]]

dos>srvctl config database
db_unique_name


dos>srvctl config database -d db_unique_name
node_name inst_name c:¥oracle¥product¥10.2.0¥db_1
node_name inst_name c:¥oracle¥product¥10.2.0¥db_1



srvctl config service -d db_unique_name [-s service_name] [-a]

dos>srvctl config service -d db_unique_name -s db_unique_name
PRKO-2120 : 内部データベース・サービスdb_unique_nameは、srvctlで管理できません。



srvctl config nodeapps -n node_name [-a] [-g] [-s] [-l]

dos>srvctl config nodeapps -n node_name -a -g -s -l
VIPが存在します。: /node_namev/10.1.4.53/255.0.0.0/Pub
GSDが存在します。
ONSデーモンが存在します。
リスナーが存在します。


srvctl config asm -n node_name

dos>srvctl config asm -n node_name
+ASM1 c:¥oracle¥product¥10.2.0¥db_1



srvctl config listener -n node_name

dos>srvctl config listener -n node_name
node_name LISTENER_node_name


5)getenv
srvctl getenv database -d db_unique_name [-t name_list]

dos>srvctl getenv database -d db_unique_name


srvctl getenv instance -d db_unique_name -i inst_name [-t name_list]

dos>srvctl getenv instance -d db_unique_name -i inst_name


srvctl getenv service -d db_unique_name -s service_name [-t name_list]

dos>srvctl getenv service -d db_unique_name -s db_unique_name
PRKO-2120 : 内部データベース・サービスdb_unique_nameは、srvctlで管理できません。


srvctl getenv nodeapps -n node_name [-t name_list]

dos>srvctl getenv nodeapps -n node_name


といった感じで実行されます。応答例は一例ですので状況により変化します。
(イタリック体は定数です。)
 


■Oracle学ぶならこれ!




               最新記事へ     トップページ









スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: