OutlookExpressの電子メールデータをバックアップする。 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言インターネット・メールについて > OutlookExpressの電子メールデータをバックアップする。 ]
スポンサードリンク

OutlookExpressの電子メールデータをバックアップする。

JUGEMテーマ:コンピュータ

OutlookExpressでは何かとトラブルがつき物ですよね。最近多いのが「メールが消えた(なくなる・見えなくなる・壊れる・損傷する)」といった関係です。メールが消えたときの症状の多い順で記載すると。。。

1. メールを溜め込みすぎ(2GB)ていた。(Windowsで扱えるファイルサイズが2GBまで)
2.フォルダの最適化をしたらメールが消えた。
3.OutlookExpress起動中にフリーズしたらメールが消えた。
4.OutlookExpress起動中に(ノートで)省電力モードに突入したタイミングでメールが消えた。

といった感じでしょうか?ここで重要となってくるのが「OutlookExpressの電子メールデータをバックアップ」することです。もはやOutlookExpressのデータは「消える・なくなる・見えなくなる・壊れる・損傷する」は当然のことと思った方がよいですね。

MicroSoftのサイトでは電子メールデータのバックアップは保存フォルダを特定してバックアップするように説明していますが、これってナンセンスですよね。これではメールやアドレス帳の復旧は可能でもフォルダ分けやメッセージルール、署名などは復旧できないですよね。

一応、OutlookExpressのメールファイル(dbx)の保存フォルダの確認方法を紹介すると。
まず、Outlook Expess を起動します。メニューバーから「ツール」−「オプション] をクリックします。次に「オプション」画面で[メンテナンス]タブをクリックすると「オプション−メンテナンス」画面で「保存フォルダ...」ボタンを押下します。ここで確認したフォルダごとバックアップする...そうですが、説明してみても...アナログ的な方法だなと。

そこでご紹介するのがフリーソフトの「Exma(エグマ)」です。これは Microsoft Outlook Express に特化したバックアップ・リストアするフリーソフトです。メールやアドレス帳の復旧だけではなく、アカウント署名、それにメッセージルールなどの設定なども元の状態に復元することができますので、PCの引越し時にも威力を発揮します。(結構便利で重宝してます。)
※以下はダウンロードサイトからの転記です。

■オプションの設定タブ
次の項目を設定することが出来ます。

exmaオプション設定
1.作成されたバックアップデータのフォルダを開きます。
2.Win98/Me と Win2000/XP のように、異なるOS間のリストア時に確認メッセージを表示します。
3.ダイヤルアップ接続設定を保存する場合は、ここをチェックします。
4.お気に入りをIEのインポート/エクスポート機能で、HTML形式で出力します。
5.複数のユーザーをバックアップする時に、アドレス帳とお気に入りは複数必要ないので、メイン ユーザー限定を選択します。メニューで保存チェックが、ついている場合でもメインユーザーの時だけ保存されるようになります。
6.参照ボタンでアドレス帳の場所を変更します。
7.参照ボタンでお気に入りの場所を変更します。
8.Outlook Express (OE) の画像表示形式を変更します。OE6 からスライドショーで表示できなくなりました。
9.OE の起動時のスプラッシュ ウィンドウの表示/非表示の設定。
10.OE の一時ファイルを削除します。

■Backup手順

exmaメニュー(バックアップ)
1.Backup を選択します。
2.リストから対象のユーザーを選択します。
3.OKボタンをクリックします。
バックアップデータは、デスクトップのExma_bkupフォルダに作成されます。保存先を変更する場合は、メニューの[設定] [保存先の変更] から行って下さい。

簡単です。これだけでバックアップが完了します。

■Restore手順
Outlook Express のバージョンを以前の環境と同じにします。Outlook Express を一度起動させ、何も設定しないで終了します。その際、インターネット接続ウィザードが表示されたらキャンセルし終了。Exma を起動します。

exmaメニュー(リストア)
1.Resotre を選択します。
2.リストから対象のユーザーを選択します。
3.OKボタンをクリックします。

exmaフォルダ参照
4.バックアップファイルのフォルダを指定します。この時、ユーザー名のフォルダまで指定して下さい。左図では、メインユーザーをリストアするので、メインユーザーのフォルダを指定します。
(Exma_bkupフォルダでは駄目です。)

exmaリストア
5.基本的に、Exmaはクリーンインストール後の復元を前提にしております。その為、現在のメールを残すためには、デスクトップなどにフォルダを作成し、Outlook Expressから残しておきたいメールをドラッグ&ドロップで、そのフォルダに一時退避させ、Exmaでリストア後に再度ドラッグ&ドロップでOutlook Expressに戻す必要があります。

exmaアドレス帳の復元
6.アドレス帳をインポートするか選択します。Outlook Express のバージョンが以前の環境と異なると、正常にインポートされないことがあります。

exmaお気に入り
7.お気に入りをインポートするか選択します。


このような、簡単な手順で面倒なバックアップやリストアが行え、レジストリを操作することなくフォルダ分けやメッセージルール、署名なども復旧出来ます。

対象OS:Windows98/Me/2000/XP

■Exma(エグマ)ダウンロードサイト
http://hp.vector.co.jp/authors/VA022434/html/download.htm



               最新記事へ     トップページ


OutlookExpressでのメール運用・保守・管理 バックナンバー◆
 1)メールアドレスの登録基準(RFC準拠)
 2)OutlookExpressの電子メールデータをバックアップする。
 3)メールが送信できない。
  ・エラーメッセージ「554 Error:no valid recipients」
 4)OutlookExpressトラブル対応
  ・エラーメッセージ−「空きディスク領域を増やすために、Outlook Express はメッセージを最適化することができます。」
  ・OutlookExpressで受信トレイから電子メールメッセージが消えた(消失・削除)
  ・Folders.dbx ファイルがないか壊れていて "ページ違反" エラーが表示される場合
  ・dbxファイルが損傷(破壊・壊れた)してメールが見えなくなる



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: