ブート(Boot/起動する)デバイスの変更(BIOSの設定)方法 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言ハードウェアについて > ブート(Boot/起動する)デバイスの変更(BIOSの設定)方法 ]
スポンサードリンク

ブート(Boot/起動する)デバイスの変更(BIOSの設定)方法

JUGEMテーマ:コンピュータ


Boot Device(ブートデバイス)とは起動するデバイス(機器)の事です。
パソコンの電源を入れた時に起動するOS(Windows等)をどのデバイスから読み込むか、指定したデバイスにない場合には次にどのデバイスから読み込みか?といった順序をBIOS(具体的にはバイオスの設定を記憶するCMOS)から読み出して起動します。

そのため、BIOSの設定は「OS(Windows等)がなくても設定」できます

パソコンの起動の流れ(例)
1)パソコンの電源を入れる。
2)フロッピーディスクドライブにフロッピーディスクが挿入されかつ起動プログラム(OS等)が存在する場合は、このデバイスから起動。ない場合は次へ。
3)光学式ドライブにメディアが挿入されかつ起動プログラム(OS等)が存在する場合は、このデバイスから起動。ない場合は次へ。
4)ハードディスクドライブに起動プログラム(OS等)が存在する場合はこのデバイスから起動。ない場合は次へ。
5)起動しない。(できない)

 ※上記の例ではブートデバイスの設定が「First Boot Device=フロッピーディスクドライブ」「Second Boot Device=光学式ドライブ」「Third Boot Device=ハードディスクドライブ」となっている通常の設定が前提です。
 ※ブートデバイスの設定を確認するにはBIOSを起動します。
 ※BIOSを起動するにはメーカーにより異なりますが、通常は「[F1][F2][F8][F10][F12][Delete][Tab]キーの何れかを電源投入後の起動画面がでた段階で断続的に押下」します。
 ※通常は電源投入後の起動画面に「Press F8 for BIOS Setup」などの文字が表示されます。
通常、ブートデバイスの設定には上記2)〜4)までの順番が設定されており、起動するシステムを順番に探して見つかったところで起動します。

例えば、上記の流れのようにCD-ROM等の起動ディスクからOSインストール作業を始める場合には、ブートデバイスの設定で「ハードディスクより優先順序の高いデバイスにCD-ROMが設定」されている必要があり、「ハードディスクの優先順位の方が高いとCD-ROMからOSインストール作業ができないので失敗」になります。

ブートデバイスの変更(BIOSの設定)方法
1)パソコンの電源を入れる。
2)起動画面が表示されます。
3)BIOSを起動する([F1][F2][F8][F10][F12][Delete][Tab])キーを断続的に押下します。
4)「Advanced Bios Features」メニュー画面が表示されたら、「〜 Boot Device」の文字を探します。
5)ここで起動するデバイスの優先順位を「First Boot Device、Second Boot Device、Third Boot Device」の順で設定します。
 ・CD-ROMでOSをインストールするときは優先順位を「Floppy>CDROM>HDD-0」とします。
  ※ハードディスクの表示は機種により「[HDD] 、[C] 、[HDD-番号]」などがあります。
 ・正常に稼動していて、起動を少しでも早くしたい場合は「HDD-0>Floppy>CDROM」とします。
6)変更手順は、変更したい順番(First Boot Device、Second Boot Device、Third Boot Device)をキーボードの矢印キーで移動・選択して「Enter」キーを押下します。すると、起動するデバイスの種類が選択できます。
(注意)「First〜Third Boot Device」にハードディスクを選択しておかなければ、ハードディスクから起動ができないため、インストール中の再起動の後に、インストールを続行する事ができません。
7)設定を保存する為に[F10]キー等を押下することで、[SAVE] を選択します。
8)確認ダイアログ「SAVE to CMOS and EXIT(Y/N) ?」が表示されますので「Y」キーを押下します。

CD-ROMからブートしてインストールする方法
上記の手順でバイオス(BIOS)の設定が「CDROM>HDD-0」となっていることが条件です。
1)OSのインストールディスクを予めCD-ROM等のドライブに挿入しておく。
2)パソコンの電源を投入する。もしくはパソコンを起動してCD-ROMを挿入した場合にはパソコンを再起動する。
3)青い背景の画面の左上に「Boot from CD ...... 」と表示されたらすばやくキーを押下する。
 ※時間が経過すると次の優先順位に移り、起動プログラム(Windows等)が見つかると起動してしまいます。
4)OSのインストールが開始します。



《パソコンやWindowsの起動不良・ 障害・故障時の復旧対応方法》

1)BIOSの障害
ブート(Boot/起動する)デ バイスの変更(BIOSの設定)方法

2)Windows XPの障害
システムの復元の手順 (WindowsXP)
WindowsXPでシステムの復元ができない・エラー等で失敗する
システムの復元を取消 (WindowsXP)

3)Windows 7の障害
Windows7でのシステムの復 元の手順
スタ ートアップ修復の手順(Windows7)
システム修復オプションでメモリ診断をする(Windows7)
システムイメージの回復 の手順(Windows7)
Windows 7 のシステム回復オプション


                最新記事へ      トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
投稿者:- (2014年11月04日 12:44)
管理者の承認待ちコメントです。
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: