システムイメージの回復の手順(Windows7) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言Windows・XP・Vista・7・8 > システムイメージの回復の手順(Windows7) ]
スポンサードリンク

システムイメージの回復の手順(Windows7)

JUGEMテーマ:コンピュータ


システムイメージの作成と回復とは
「システムイメージの作成」で予め保存していたシステム イメージ(バックアップ)でハードディスクにあるWindowsのデータを「システムイメージの回復」により書換(上書き)してWindows7を起動できる状態に復旧します。

《注意》
ユーザーが作成・変更したデータは、「システムイメージの作成(バックアップ)した時点」の状態に戻ってしまうので注意が必要。

ネットブック(UMPC)のシステムバックアップにも最適
Windows7の「システムイメージの作成」機能は、ネットワーク上にシステムイメージを作成しておくことで「コンピュータの修復」からアクセスしてシステムの復旧が可能。
DVD等の外部ドライブがなく、ハードディスクの空きが少ないネットブック(UMPC)などのシステムバックアップにも重宝します。

《システムイメージの回復の手順》
システムイメージの回復を利用するには「2段階(事前準備と復旧)」の作業が必要です。
これは障害発生の前に予め実行しておく「システムイメージの作成」と障害が発生した際に実行する「システムイメージの回復」のことです。

1)システムイメージの作成
「システムのイメージを作成」しておくことで、実行時点の状態をバックアップしておくことが出来ます。
《注意》
 バックアップの場所に保存できるシステムイメージはコンピュータ一台につき1つだけです。

 1-1)システムイメージの作成の起動
  「スタート」−「コントロールパネル」から「バックアップと復元」を開き、「システムイメージの作成」をクリックする。
 1-2)システムバックアップの保存先を指定
  「バックアップをどこに保存しますか?」と表示されるので、下記から選択する。
  ※前述したように「ネットワーク上」にも保存可能。
  ※ネットワーク上に保存する場合は、UNC名(¥¥コンピュータ名¥C¥..)で指定。
  ・ハードディスク上
  ・1つ以上のDVD上
  ・ネットワークの場所上
 1-3)バックアップの設定を確認
  「バックアップの場所」に設定したバックアップの場所が表示されるので確認する。
 1-4)バックアップの開始
  「バックアップの開始」ボタンを押下するとシステムイメージの作成(バックアップ)が開始される。

2)システムのイメージの回復
Windows7を利用していて、万が一、Windows7が起動しないなどの重大な障害が発生したりハードディスクが故障して交換するなどの場合、「システムイメージの回復」を利用することで「システムイメージの作成」をした時点のバックアップに回復することが出来ます。

 2-1)システム回復オプションを起動
  パソコンの電源を投入したら「F8キー」を断続的に押下して表示される画面で「コンピュータの修復」を選択する。
 2-2)システムイメージ回復を起動
  システム回復オプションが起動したら、「システムイメージの回復」を押下する。
 2-3)バックアップの場所を指定
  コンピュータイメージの再適用画面が表示されたら「システムイメージを選択するオプションをチェック」して、次へを押下する。
 2-4)バックアップデータを選択して実行
  DVD等に保存した場合はこの段階でディスクを挿入する。
  また、ネットワーク上に保存した場合は「詳細設定ボタン」を押下して、バックアップしたデータの保存先をネットワークフォルダー欄にUNC名を指定して「OKボタン」を押下すると「システムイメージの回復」が実行される。

《パソコンやWindowsの起動不良・障害・故障時の復旧対応方法》

1)BIOSの障害
ブート(Boot/起動する)デバイスの変更(BIOSの設定)方法

2)Windows XPの障害
システムの復元の手順(WindowsXP)
WindowsXPでシステムの復元ができない・エラー等で失敗する
システムの復元を取消(WindowsXP)

3)Windows 7の障害
Windows7でのシステムの復元の手順
スタートアップ修復の手順(Windows7)
システム修復オプションでメモリ診断をする(Windows7)
システムイメージの回復の手順(Windows7)
Windows 7 のシステム回復オプション

4)ブルースクリーンエラー(BSoD)の障害
Windows利用時のブルースクリーン(青画面・BSoD)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(WindowsXP)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(WindowsVista)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(Windows7)
ブルースクリーン画面が表示された後にWindowsXPを自動的に再起動させない方法


               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: