システム回復オプションで障害対応(Windows 7) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言Windows・XP・Vista・7・8 > システム回復オプションで障害対応(Windows 7) ]
スポンサードリンク

システム回復オプションで障害対応(Windows 7)

JUGEMテーマ:コンピュータ



WindowsVistaで初めて登場した機能である「システム回復オプション」ですが、これはシステムのトラブルでOSがセーフモードですら起動しなくなった場合に復旧することが出来る機能で、Vistaまではインストールディスクによる復旧でしたが、ウインドウズ7ではハードディスクに予め組み込み(システムリカバリ領域)することで活用の幅を広がりそうです。

Windows7ではインストール時に100MBのシステムリカバリ領域が自動的に作成されます。
これは、OSが起動しなくなったときに、電源投入した後に断続的にF8キーを押下すると表示する画面で「コンピュータの修復」を選択すると、このリカバリ領域にアクセスして「システム回復オプション」が起動する仕組みです。

万が一、OSが起動できない状態になっても「スタートアップ修復」や「システムの復元」を利用することができるのでWindowsの再インストールする回数が減少すること間違いなしです。

これで長年悩まされてきたWindowsの障害対応が完成系に近づいた気がします。
あまり使いませんでしたが、WindowsXPまでの「回復コンソール」に始まり、WindowsVistaのメディアに保存されている「システム回復オプション」で、Windows7のハードディスク領域にある「システム回復オプション」へと進化です。

《注意》
「システム回復オプション」メニューを含むシステム修復ディスクを作成することもできます。


コンピューター上の「システム回復オプション」メニューを開く方法

1)システム回復オプションの起動
コンピューターからフロッピー ディスク、CD、および DVD をすべて取り出し、コンピューターの電源を投入して起動します。

コンピューターにインストールされているオペレーティング システムが 1 つだけの場合は、コンピューターの起動時に F8 キーを断続的に押下します。

《注意》
Windows ロゴが表示されてしまった場合は、Windows ログオン プロンプトが表示されるまで待ってから、コンピューターをシャットダウンして再起動し、もう一度やり直す必要があります。

また、コンピューターに複数のオペレーティング システムがインストールされている場合は、矢印キーを使用して修復するオペレーティング システムを強調表示し、次に F8 キーを断続的に押下します。

2)詳細ブートオプション画面
「詳細ブート オプション」画面で、方向キーを使用して「コンピューターを修復する」を選択し、Enter キーを押下します。

《注意》
「コンピューターを修復する」が一覧にオプションとして表示されない場合は、コンピューターに回復オプションがプレインストールされていないか、回復オプションを無効にしています。

3)キーボードレイアウトの選択
キーボード レイアウトを選択し、[次へ] をクリックします。
「システム回復オプション」メニューで、ツールをクリックして実行します。


システム回復オプション 説明
 
1)スタートアップ修復(WindowsXPの修復インストールに相当)
 システム ファイルの欠落や損傷など、Windows の正常な起動を妨げる可能性のある特定の問題を修復します。詳細については、「スタートアップ修復: よく寄せられる質問」を参照してください。
※Windows Vista 以降の OS では、Windows XP までの "修復インストール" に代わり "スタートアップ修復" 機能が導入され修復インストールは行うことが出来ない。

2)システムの復元
電子メール、ドキュメント、写真などのユーザー ファイルは現状のまま維持しながら、コンピューターのシステム ファイルを過去のある時点の状態に復元します。

[システムの回復オプション] メニューからシステムの復元を使用した場合、復元操作を元に戻すことはできません。ただし、システムの復元を再度実行し、別の復元ポイントがある場合はそのポイントを選択できます。詳細については、「システムの復元: よく寄せられる質問」を参照してください。
 
3)システム イメージの回復 
 このオプションを使用するには、事前にシステム イメージを作成しておく必要があります。システム イメージは、Windows がインストールされているパーティションの個人用のバックアップで、プログラムやドキュメント、画像、音楽などのユーザー データが含まれています。詳細については、「システム イメージとは」を参照してください。
 
4)Windows メモリ診断ツール 
 コンピューターのメモリにエラーがないかを調べます。詳細については、「コンピューターのメモリの問題を診断する」を参照してください。
 
5)コマンド プロンプト
 上級ユーザーは、コマンド プロンプトを使用して回復関連操作を実行できます。また、問題を診断してトラブルシューティングするための他のコマンド ライン ツールを実行することもできます。 
 
《パソコンやWindowsの起動不良・障害・故障時の復旧対応方法》

1)BIOSの障害
ブート(Boot/起動する)デバイスの変更(BIOSの設定)方法

2)Windows XPの障害
システムの復元の手順(WindowsXP)
WindowsXPでシステムの復元ができない・エラー等で失敗する
システムの復元を取消(WindowsXP)

3)Windows 7の障害
Windows7でのシステムの復元の手順
スタートアップ修復の手順(Windows7)
システム修復オプションでメモリ診断をする(Windows7)
システムイメージの回復の手順(Windows7)
Windows 7 のシステム回復オプション

4)ブルースクリーンエラー(BSoD)の障害
Windows利用時のブルースクリーン(青画面・BSoD)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(WindowsXP)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(WindowsVista)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(Windows7)
ブルースクリーン画面が表示された後にWindowsXPを自動的に再起動させない方法


               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: