ブルースクリーンエラーのSTOPコード別対応方法(Windows7) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言Windows・XP・Vista・7・8 > ブルースクリーンエラーのSTOPコード別対応方法(Windows7) ]
スポンサードリンク

ブルースクリーンエラーのSTOPコード別対応方法(Windows7)

JUGEMテーマ:コンピュータ


Windowsを使っていると避けては通れない「ブルースクリーンエラー(BSoD)」について紹介です。
今回は、Windows7(ウィンドウズセブン)におけるブルースクリーン(BSoD)をSTOPコード別に状況や対処方法を一覧形式に纏めました。

STOPコードは、ブルースクリーン(BSoD)の最下部に表示される「Technical Information」に記載されているコードで、ブルースクリーンが発生してWindowsシステムが異常停止(STOP)した際の状況を調べるためのコードです。

■STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(Windows7)
STOPコード 状況/現象 確認項目
STOP 0x000000ED (UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME)

Stop 0x0000007B (INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE)
これらのSTOPコードは、必ず起動時に発生するもので、いずれかが発生したときには、下記の現象のいずれかが発生しています。この場合、Windowsカーネルが正しく動作できない原因を突き止め、それを解決する必要があります。 1)システムBIOSで SATAコントローラのモードを切り替えてみる。
BIOSでのSATAコントローラの設定で、SATAコントローラがATAモードからAHCIモードに切り替わる場合に(またはその逆で)、モードの違いにより要求するドライバが異なりWindowsがSATAコントローラと通信できなくなる。
2)RAIDの設定をAutodetectにする(デフォルト)。
RAIDの設定で、RAIDコントローラの設定を試みたときにこのエラーが発生する事がある。
3)ドライブとコントローラを接続しているデータケーブルの両端を接続し直してみる。これは不十分または不適切なケーブル接続が原因。
4)ハードディスク内蔵の診断プログラムを実行する。(重要:コード7は、ディスクの障害ではなく、修正が可能なデータの破損。)
5)Windowsのインストールディスクから回復コンソールを起動して、chkdsk /f /rを実行する。これはファイルシステムの破損。
6)Windowsのインストールディスクから回復コンソールを起動して、BOOTCFG /REBUILDを実行する。BOOT.INI(Windows 7)が正しく設定されていないか、boot.iniファイルを誤って削除するか、内容を変更すると、起動プロセスの中でSTOPコード0x7Bが発生することがある。
1) システムでPOSTが完了している。
2) システムでNTLDRが読み込まれ、起動プロセスの制御がNTOSKRNL(カーネル)に転送されている。
3) NTOSKRNLが正しく動作できない。
カーネルの残りの部分が見付からないか、ファイルシステムが保存されているはずの場所から読み込めない状態。
STOP 0x00000024 
(NTFS_FILE_SYSTEM)
NTFSファイルシステムドライバで対応できない状況が発生したことを意味している。 1) メモリとすべてのデータケーブルを装着し直しする。ハードウェアの不完全な装着によって生じているデータ破損の問題を排除する。
2) メモリとハードディスク(HDD)について完全診断する。(クイックテストでは不十分)
3)回復コンソールから完全なファイルシステムチェックを実行して(chkdsk /f /r)、破損したデータを検出して、(可能であれば)修復する。
4)Windowsを再インストールする。
5)ハードディスク(HDD)を交換する。
1)ディスクでのデータの破損
2)メモリでのデータの破損
3)システムが完全にメモリ不足の状態で実行されている
STOP 0x0000007E (SYSTEM_THREAD_EXEPTION_NOT
_HANDLED)

STOP 0x0000008E (KERNEL_MODE_EXCEPTION_NOT
_HANDLED)
カーネルで実行されているプログラムに予期しない状況が発生し、その状態から回復できなかった状態。 1)ブルースクリーンのメッセージにドライバファイルまたはライブラリファイルが示されている場合は、そのファイルがどのドライバまたはアプリケーションのものかを調べ、それを更新するかまたは無効にする。
2)システムBIOSを入手可能な最新リビジョンに更新する。
3)最近インストールしたプログラムをすべてアンインストールし、最近インストールしたドライバをすべてロールバックする。
4)コンピュータのメモリに診断プログラムを実行する。
STOP 0x00000050 (PAGE_FAULT_IN_NON_PAGED_AREA) システムが存在しないメモリ領域にアクセスしようとしている状態。 1)ブルースクリーンエラーがドライバまたはライブラリファイルを指し示している場合は、そのファイルが属するドライバまたはプログラムを調べて、その最新バージョンにアップグレードするか、そのドライバまたはプログラムをアンインストールする。
2)起動プロセスの途中でエラーが発生する場合は、前回正常起動時の構成で起動する。
3)プログラムまたはドライバをインストールした後にエラーが発生し始めた場合は、そのプログラムまたはドライバをアンインストールする。
4)メモリおよびハードディスク(HDD)のデータケーブルを装着し直した後、ハードディスク(HDD)とメモリの完全な診断を実行する。 
1)ドライバが存在しないメモリのページにアクセスしようとしている。
2)システムサービス (ウィルススキャンなど)が異常終了した。
3)メモリの取り付け方が不完全、または誤りがある。
4)ハードディスク(HDD)上のデータが破損している。
STOP 0x000000D1 (DRIVER_IRQL_NOT_LESS_THAN_OR
_EQUAL_TO)
ドライバがメモリ内の本来アクセスすべきではない特定の領域にアクセスしようとしたことを示しており、ドライバ自体に欠陥がある状態。 インストールされているドライバを見つけ出して無効にするか、正常に動作する適合したドライバを製造元サイト等から探し出して更新する。ブルースクリーンで示されたドライバファイルを含むドライバのアンインストール/更新/ロールバックを実行する。
STOP 0x000000EA (THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVER) ビデオカードドライバ等のデバイスドライバが、ハードウェア等の何らかの動作の発生を待機しているために停止してしまった状態。 1) ビデオドライバが最新バージョンにアップデートされていることを確認する。
2) システムBIOSは最新であることを確認する。
3) ビデオドライバとシステムBIOSの両方が最新である場合は、ドライバの最新のアップデートについて製造元に確認する。
4) 最終手段として、ビデオカードを交換する。
《注意》
このエラーは、ハードウェア及びデバイスドライバが関係している為、Windowsの再インストールでは解消しません。


《パソコンやWindowsの起動不良・障害・故障時の復旧対応方法》

1)BIOSの障害
ブート(Boot/起動する)デバイスの変更(BIOSの設定)方法

2)Windows XPの障害
システムの復元の手順(WindowsXP)
WindowsXPでシステムの復元ができない・エラー等で失敗する
システムの復元を取消(WindowsXP)

3)Windows 7の障害
Windows7でのシステムの復元の手順
スタートアップ修復の手順(Windows7)
システム修復オプションでメモリ診断をする(Windows7)
システムイメージの回復の手順(Windows7)
Windows 7 のシステム回復オプション

4)ブルースクリーンエラー(BSoD)の障害
Windows利用時のブルースクリーン(青画面・BSoD)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(WindowsXP)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(WindowsVista)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(Windows7)
ブルースクリーン画面が表示された後にWindowsXPを自動的に再起動させない方法


               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: