お小遣い稼ぎもシッカリ稼ぐと確定申告!(年間20万円以上の所得 ) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言サイドビジネス・副業・小遣い稼ぎ > お小遣い稼ぎもシッカリ稼ぐと確定申告!(年間20万円以上の所得 ) ]
スポンサードリンク

お小遣い稼ぎもシッカリ稼ぐと確定申告!(年間20万円以上の所得 )

JUGEMテーマ:ビジネス

サイドビジネスを行うことはいまの時代当たり前になってきているかもしれません。

しかし、サイドビジネス(アフィリエイト・ポイントサイト・副業・内職)などで副収入を得る(第二の財布)ことは、通常の会社では職務規程で禁止されていることが多いです。また、ここで忘れてはいけないのが「税金」の存在です。一般的に給与所得では、会社(給与担当)が代行して税金を支払をしてくれているので問題ありませんが、こうした副収入は、自己責任でおこなう必要があります。しかし少ない収入から更に税金を持ってくの?と嘆きたくなりますが、「ある一定額までは免除」されます。これは「年間20万円以上」が上限となっており、これを超えると税金を支払する「確定申告」をしなければなりません。

一般的な給与所得者は、ほとんどの場合、会社手続きで年末調整にて確定申告として扱われるので、高額な医療費支払いや住宅購入(1年目のみ/2年目以降は年末調整可能)などでもない限り、原則として自分で確定申告を行う必要はないです。

ところが、ネットオークションや原稿書き、株式投資など副業による所得が年間20万円以上ある人は、確定申告の対象になります。ネット型でいえば、自分が運営するネットショップによる収入、ネットオークションへの出品、有料のメルマガ発行、アフィリエイトやバナー広告収入、ポイントサイトからの還元収入などが含まれる。ちなみに、この20万円というのはあくまでも“所得”のこと。所得とは、収入額から原価や必要経費(通信費、光熱費、送料などを含めてもよい)を除いた部分が相当します。ほかの経費も認められるケースがあるので、領収書はちゃんと保存しておくほうが良い。

《チェックポイント》
ここで気をつけるべきポイントは、「会社に内緒で副業」をしている場合、確定申告で住民税の徴収方法の指定で、「普通徴収」という方法を選ぶことです。
これを行うことで、副収入分に課税される住民税は、「勤務先ではなく個人宅に直接請求」されるので、副収入の状況を会社に把握されることがなくなります

※実際に確定申告をする際には、専門の書籍やホームページを参照。







               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: