サーバールームの室温 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの室温 ]
スポンサードリンク

サーバールームの室温

およそ10.5屬サーバールームの空間にサーバーラック1台とIP-PBXに対して壁掛型のエアコンを設置して運用していた時期がありました。(サーバーラックが3台増設される予定なのでこの段階では広め)
この時は、冬から春にかけての時期であったこともあり、室温の平均が21℃くらいで管理できていましたが、夏が近づき、7月頃には室温が上昇(室温の平均が24℃くらい)していました。その為、エアコンのフィルターをこまめに掃除して対応していました。

その後、増設したサーバー・ストレージ(ラック3台分)が8月の暑い時期に納品されました。
この時にはサーバールームのドアを開放して作業していたことと真夏の日差しでビル外の気温がそうとう上昇していたことも影響してサーバールームの室温が30℃を超えてしまいました。私としてはエアコンの能力を充分に計算していたこともあったので、「これは(作業中のため)サーバールームを開放していることが原因である」と考えていました。

しかし、暑い最中でのサーバーの納品・キッティング・セットアップが約2週間行われていましたが、作業をしていない時間帯(早朝など)でも室温が27℃くらいに上昇していたので「何かがおかしい」と感じ始めて調査しました。

当初、サーバールーム構築した際にはエアコンの冷却性能を7kWで見積していたのですが、設置されていたエアコンは3.6kWのもので性能不足であったことと、サーバールーム構築した際のサーバー構成から大幅な変更が発生していたことで、冷却能力を増強する必要性(17kWの冷却能力が必要であった)があったことが判明しました。

また、サーバールームを構築した際のエアコン選定については、ビルを管理する部門に「必要となる冷却能力(7kW)」を伝えていたので要望どおりエアコンが設置されているものと思い、型式から冷却能力を確認する事を怠っていました。(人任せはいけません。自分で機種選定したほうが良いです。)

サーバーのセットアップが完了した時点で稼動するのは40%分のサーバー群なので、すぐに問題になることはないのですが、このまま見過ごせる状況ではないので、上長に事の次第を報告し、将来的に増設しなくても済む様に過大な性能でエアコンを増設(22kW)する事としました。あえて過大な性能のエアコンを選定したのは「これ以上エアコンを増設するスペースがサーバールームにない」からです。

今では、常時18℃で保てているので安心しています。このまま、今年の夏も安心して過ごせることを祈っています。

◆情報
サーバールームの面積:約10.5

◆当初のサーバールームの計画
 サーバーラック:4台
 サーバー:12台
 ネットワーク機器:11台
 UPS:10台
 ストレージ:1台

 電気容量:7000w
 冷却能力:3.6kW

◆最終的なサーバールームの状況
 サーバーラック:4台
 サーバー:19台
 ネットワーク機器:16台
 UPS:12台
 ストレージ:3台

 電気容量:17400w
 冷却能力:22kW(+予備:3.6kW)



サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: