LTE競争にiPhoneの影 ドコモは“一発逆転”なるか 携帯夏商戦に異変あり−日本経済新聞 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

[ ミニミニ管理者の独り言iPhone/iPad > LTE競争にiPhoneの影 ドコモは“一発逆転”なるか 携帯夏商戦に異変あり−日本経済新聞 ]
スポンサードリンク

LTE競争にiPhoneの影 ドコモは“一発逆転”なるか 携帯夏商戦に異変あり−日本経済新聞

 JUGEMテーマ:iphone

iPhone4S

今朝(2012/7/13)の日経新聞の記事に今年のスマホ事情を占う注目記事があったので紹介したい。
キーワードは「LTE」「iPhone5」「iOS6」「ドコモからiPhone」「KDDI・SoftbankがLTEに対応」といったところだろうか。

スマホ市場全体と牽引役アップルの動き
スマホ用基本ソフト(OS)の中心となる「iOS」「Windows Phone」「Android(アンドロイド)」は、夏から秋にかけて新しいバージョンが登場する。例えばアップルは「iOS6」を秋にリリースすると公言している。

そこで、気になるのが「iPhone5(もしくは新しいiPhoneか?)」の発売時期だが、「iOS6」と同じタイミングの秋になる公算が大きい。また、iPhoneの新製品では、既に「iPad」が海外でLTE(FD−LTE)に対応していることから、「LTE(FD-LTE)に対応」するのが自然の流れで、日本のiPhoneでも超高速通信が可能となる。

アップルは、日本向け製品のLTEには2GHz帯で対応させる方針のようで、現時点でiPhoneを扱うKDDIとソフトバンクに対し、LTEネットワークを2GHz帯で構築するように指示している様子。アップルとしてはグーグル(Android)と戦ううえで、特許をできるだけ囲い込んで訴訟に備えておきたい。それはグーグルが既に、端末メーカー最古株の米モトローラ・モビリティーが持つ1万7000件の特許を買収により取得済みだからだ。

現在の「スマホ戦争」において、「特許」は何にも代えがたい「リーサルウェポン」となる。

また、アップルは時価総額が5,414億ドルで世界一となり、IT業界のみならず、名実共に「世界NO.1企業」でアップルの時価総額は「世界全体の1%を占める」にまで至っている。ちなみにグーグルの時価総額は1,891億ドルで世界15位。対するドコモは731億ドルで世界67位と大きく後退している。これも「iPhone」を持たないドコモのMNPでの流出に歯止めがかからないことが大きく影響していることだろう。


ドコモの視点
そんな、アップルに虎視眈々と狙われているNTTドコモ。
アップルから突きつけられている厳しい条件とされる「アップルへの忠誠」。「ドコモの販売台数の半分をiPhoneが占めるようにする」「他の端末よりもiPhoneの通信料金を引き下げする」「NTTグループが保有する特許を全て自由に使えるようにする」いったものだ。NTTグループの特許となるとNTTグループ各社が保有する特許に加え「NTT研究所」が保有する特許が含まれ、携帯電話のみならず固定電話や通信全体に関する特許が含まれる。
そうなると、ドコモ一社では判断のつかないこととなり、「iPhone」が欲しくても手が出ない・出せない状況となり、新社長の加藤薫氏のコメントにある「(iPhoneを)ラインアップの一つとしてそろえたいが、(アップルとの)条件が整わない」といったこう着状態が続く。

もし、仮に「NTTグループの特許の解放」ができるなら「アップルにとっては宝の山」であり、他社とは比べ物にならないほどのよい条件でアップルと契約も出来るのではないか?タイミングとしてはアップル対グーグルの訴訟でNTTが保有する特許が鍵を握る展開がNTTには美味しい状況・・・しかし、NTTグループが保有する特許は、日本の通信技術の中枢であり、根幹であり、結晶でもある。NTTグループの特許を解放することは日本の国策にも影響するほどのインパクトのある決断となり、簡単なことではないことから、ドコモから「iPhone」が発売されるには「アップルが条件を緩和」しない限り難しいと考える。

iPhone・iPadをドコモ回線で利用する方法(テザリングも使える)

KDDIの視点
ドコモが「iPhone」を販売できずにMNPでの流出増で手を拱いているうちに、KDDIはLTEのサービス開始を12月の計画から秋(一説には10月末)に早めると宣言している。そして特に注目に値する点はLTEで対応する帯域の広さ。KDDIは「800MHz帯」「1.5GHz帯」に加えて、「2GHz帯」でも展開する。まず800MHz帯で13年3月までに実人口カバー率96%を達成させ全国でLTEを使えるようにする。特に2GHz帯への対応は前述の通りアップルからの指示への対応。

ソフトバンクの視点
KDDIは「LTE」への対応を「2012年秋(10月末)」「LTE対応帯域の広さ」で先行しており、対するソフトバンクモバイルも遅れをとるわけには行かない状況。ソフトバンクモバイルは、ようやくプラチナバンド(900MHz帯)が2012年7月25日からスタートできるようになるのだが、対応を表明しているLTEは「TD-LTE」という独自方式で、iPhoneが対応するとされる「FD−LTE」ではない。しかし、ソフトバンクモバイルも「LTE(FD-LTE)」を秋に始めると発表したことからも、iPhoneでLTEで通信できるという期待が一気に高まってきた。

KDDIとソフトバンクで「LTEネットワーク2GHz帯戦争」が勃発することとなり、目が離せない状況になりそうだ。

DocomoでもiPhoneが使える!! 
iPhone5を待ちきれない方は・・・docomoからiPhoneが発売されるのを首を長くして待っている方・・・SIMロック解除のiPhoneでテザリング解禁!ドコモFOMA回線も利用可能です!SIMロック解除の海外版iPhoneを手に入れてドコモ回線でiPhoneを使う
下記の画像をクリックすると詳細情報が表示されます。
※ドコモXi回線は利用できません。(3G回線となります)

■海外版iPhone4S SIMロックフリー/白ロム
Apple iPhone4Sホワイト 64GBApple iPhone4Sブラック 64GBApple iPhone4Sホワイト 32GBApple iPhone4Sブラック 16GB
Wi-Fi+3GWi-Fi+3GWi-Fi+3GWi-Fi+3G
64GB64GB32GB16GB
SIMロック解除(香港版)SIMロック解除(香港版)SIMロック解除(香港版)SIMロック解除(香港版)
高さ115.2mm×幅58.6mm×厚さ9.3mm
重量:約140g
解像度:326ppi/960×640ピクセル
ディスプレイ: 3.5インチ(Retinaディスプレイ)
充電:最大で待受200時間/通話8時間/インターネット6時間/オーディオ再生40時間
言語:海外版ですが多言語対応なので、日本語も利用可能です(詳しい仕様はアップルHPにてご確認ください。)
78,380円77,800円69,900円60,500円
※金額は2012/8/7現在

《iPhone4S・5やiPad2・3と一緒に使いたくなる周辺機器》

iPhoneやiPadを買うとつい欲しくなるのが「お洒落な周辺機器たち」ではないでしょうか。
これもデザイン性が高いiPhone・iPadを使いたくなる要因ですよね。お洒落な周辺機器があると更に持ち運びたくなり、外で使いたくなる一品です。
iPad2専用ケース&フィルムiPadコネクションキットレーザーキーボード(ワイヤレス)ポータブルスピーカー
 
■■
デバイスジャパン Apple iPad専用レザーケース スタンド型/iPad / iPad2 用 保護フィルム5in1 iPadコネクションキット
(iOS5対応)
Celluon レーザー投影式キーボード Magic Cube シルバー Bluetooth USB keyboardBluetooth ステレオスピーカー BIT-STB2825R
iPad2対応iPad / iPad2対応iPad / iPad2対応iPad/iPad2/
iPhone4S/4
/3G/3GS対応
 サイズ(WDH):
64×32×11mm
キーボード投影サイズ: 240×100mmサイズ:約163x 41x41mm
 重量: 19g重量: 78g重量 : 168g(ACアダプター含まず)
 AVケーブル×1
USBケーブル×1
  
  AVポート/
miniUSB/USB
/microSD/SD
Bluetooth対応Bluetooth標準規格
Ver.2.0+EDR
対応プロファイル : A2DP・AVRCP・HFP・HSP・ワンセグ音声SCMS-T対応
1,210円/230円1,459円11,573円9,980円
・大切なiPadを傷やほこりから保護してくれます。
・背面を折りたためばスタンドになるので、動画視聴、読書、WEBなどに便利です。
・横置きにすれば、iPadキーボードの操作が楽になります。
iOS5対応! USBメモリやデジカメのSD/microSDカードからダイレクトに写真をiPad/iPad2に転送!! 対応アプリのAV出力も可能です!海外仕様キー配列ながら日本語入力も可能で、1分間に約350文字を認識可能です。またリアルなタイピング音が鳴るので入力の感触があります。Bluetoothで接続できるため邪魔な配線は必要ありません。(充電はUSBケーブルが必要)ワンセグ音声対応(=マイク付)なので、ハンズフリーも可能
※金額は2012/8/7現在 

国内の携帯電話市場で、スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)を中心とした2012年夏商戦が本格化している。しかし今年は従来にはない異変がいくつも起こっている。

その一つが秋以降に競争が本格化するLTEをにらんだ携帯電話会社各社の動き。ここにはスマホで最大の人気を誇る「iPhone」を擁する米アップルの思惑が絡んでいる。一見すると華やかな夏商戦の裏では、秋といわれるiPhone新製品の登場を見越した駆け引きが繰り広げられている。

■スマホOSの進化は夏から秋にかけて

今年の6月は、11日に米アップルの「WWDC」、20日に米マイクロソフトの「Windows Phone Summit」、27日からは米グーグルの「Google I/O」と、次世代モバイルプラットフォームを披露する場が3週連続で開催された。いずれも米サンフランシスコでの発表だ。筆者はすべての発表を現場で取材したが、改めて現在のスマホの中心はサンフランシスコにあるのだと実感させられた。

各社のスマホ用基本ソフト(OS)、すなわちiOS、Windows Phone、Android(アンドロイド)はどれも、夏から秋にかけて新しいバージョンがお目見えする。特に注目が高い「iPhone」の新製品は、iOS6を秋にリリースするとアップルが公言したことから、同じタイミングの秋になる公算が大きい。

iPhoneの新製品は、既に同社のタブレット「iPad」が海外でLTE(FD−LTE)に対応しているのと同様に、LTEに対応するのが自然の流れだろう。

■KDDIはLTEを2GHz帯でも展開

日本国内では、KDDIがLTEのサービス開始を12月の計画から秋に早めると宣言した。KDDIの開始時期は10月末という説もある。TD−LTEという独自方式のLTEサービスに注力しているソフトバンクモバイルが、iPhoneが対応するとされるFD−LTEを秋に始めると発表したことからも、iPhoneでLTEが通信できるという期待が一気に高まってきた。

特に注目に値するのがKDDIのLTE。800メガヘルツ(MHz)帯、1.5ギガヘルツ(GHz)帯に加えて、2GHz帯でも展開する。800MHz帯で13年3月までに実人口カバー率96%とし、全国でLTEを使えるようにする。

ところで、なぜKDDIは800MHz帯、1.5GHz帯に「加えて」、2GHz帯でLTEを展開することにしたのか。実はこれはアップルからの要望とされている。アップルは、LTEを日本向けには2GHz帯で対応させるようで、iPhoneを扱うKDDIとソフトバンクに対し、2GHz帯でLTEネットワークを構築するように指示したようだ。いまのところKDDIの2GHz帯でのLTEネットワークの実人口カバー率は、800MHz帯よりも圧倒的に狭いようだ。

ここで気になってくるのがソフトバンクモバイルだ。7月25日に、ようやく900MHz帯でのサービスが開始する。しかしFD−LTEは2GHz帯のみで展開する。FD−LTEのカバー率は明らかにしていないが「いずれは現在の1.5GHz帯で展開しているネットワークよりも広くなるだろう」(ソフトバンクモバイル関係者)という。

iPhoneがLTEに対応した時に2GHz帯しか使えなかった場合、KDDIとソフトバンクで「どちらのLTEが広く速く使えるか」が勝負になってくる。どちらも3G(第3世代携帯電話)であれば、800MHz帯や900MHz帯となり全国レベルで使えるので問題はない。ただLTEで通信するときは2GHz帯だけになるようだと、ネットワーク品質の差が出てくることが予想されるのだ。

まだ不確定情報が多い新型iPhoneだが、もし2GHz帯でLTEとなると、KDDIとソフトバンクで「LTEネットワーク2GHz帯戦争」が勃発し面白いことになりそうだ。

■新社長でものめないアップルからの条件

一方、「iPhoneがないため」にMNP(番号持ち運び制)を使った契約流出が続いているのがNTTドコモ。iPhoneがLTEに対応することで、すでにLTEで運用実績があるドコモにも導入の期待が大きく高まった。しかし新社長の加藤薫氏は「ラインアップの一つとしてそろえたいが、(アップルとの)条件が整わない」と語る。

6月の株主総会時に前社長の山田隆持氏は、「iPhoneを扱おうとすると、(ドコモの)スマホ全体の半分以上を売ってほしいと言われる可能性がある。(ドコモが12年度のスマホの販売目標としている)1300万台の半分以上をiPhoneにするのは困難だ」と理由を述べている。
この「アップルからの条件」については、実は販売台数だけでなく、NTTグループが持つ「特許などの知的財産権をアップルが自由に使えるようにする」という文言があるのだという。アップルとしてはアンドロイドを推進するグーグルと戦ううえで、特許をできるだけ囲い込んでおきたい。グーグルが昨年、端末メーカーの米モトローラ・モビリティーを買収したのも、モトローラが持つ1万7000件の特許が目当てとされている。

グーグル関係者が「特許を持たないことには、訴訟も交渉も有利に進められない。ライバルと同じ土俵に上がるためには豊富な特許資産が不可欠だった」と語るように、現在の“スマホ戦争”において、特許は何にも代えがたい武器なのだ。

グーグルやマイクロソフトと特許獲得合戦を繰り広げるなか、アップルが目をつけたのがNTTグループの特許だった。ドコモにiPhoneを導入させる代わりに、ドコモだけでなくNTTグループの特許をアップルが自由に利用できるという条件を突きつけてきたのだった。

■NTTグループの財産は差し出せなかった

ドコモだけでなくNTTグループが所有する特許全体に及ぶのでは、おいそれとOKを出せるわけがない。NTTグループには優秀な研究機関があり、宝の山のような存在だ。たとえiPhone獲得のためといっても、グループの財産を差し出すわけにはいかない。ドコモの経営者が山田社長から加藤社長に代わっても、そう簡単に覆せる話ではない。

ただドコモの関係者は、「加藤社長が導入は難しいと断言したからといって、アップルとの関係が全く切れているわけではない」という。ドコモが本心ではiPhoneをのどから手が出るほど取り扱いたいことに変わりはない。“一発逆転”でドコモからiPhoneが発売されるには、アップルがこれまでの条件を緩和するなど大きな変化が必要になりそうだ。

いずれにしても、秋に登場するといわれる新型iPhoneが、国内の携帯電話事業者のLTEの展開に影響を及ぼしながら、秋から年末商戦にかけての主役になることは間違いないだろう。

日本経済新聞−2012/7/13付引用

詳しい情報・最新新着情報は「iPhone5」に新着情報として記載・追記されています。

docomoからiPhone5が発売される可能性はゼロ・・・
そこでドコモからiPhoneが出るのを待てない方は・・・「ドコモ回線でiPhone5を使う」方法を紹介!



関連記事
iPad/iPad2/The New iPad(新しいiPad)の技術仕様の比較・・・確定情報!

「iPad 3」はRetinaディスプレイ・クアッドコアA6 CPU搭載・LTE導入の真相!発売日3/29の真相! 
中国(広東省)でiPadが販売できない・・・中国商標権事情と模倣品
中国(上海市)ではiPadが販売できる・・・中国商標権事情と模倣品
iPad3は3/7発表で3/9先行販売・価格は70-80ドルアップでAppleTVも同時発売!
iPad3月発売でKDDIからも販売
3/7発表確定でAppleのiPad3発表イベントがサンフランシスコで開催 ・・・確定情報! 
【iPad3発売速報】「iPad 3」発売は3/8予約受付で3/16発売に決定! ・・・確定情報!
【明日発売】ソフトバンク、新iPad Wi-Fi+4Gを明日16日に発売・・・確定情報! 




スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年07月13日 | iPhone/iPad | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言 > - > スポンサーサイト ]
スポンサードリンク

スポンサーサイト



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2015年03月11日 | - | - | - |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: