VMwareでゲストOSのテンプレート作成とデプロイ方法 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言VMware > VMwareでゲストOSのテンプレート作成とデプロイ方法 ]
スポンサードリンク

VMwareでゲストOSのテンプレート作成とデプロイ方法

JUGEMテーマ:Windows



■この記事を見た人は次の記事も閲覧しています。

VMware vSphere Clientのインストール
VMware vSphere Clientの操作方法
VMwareでのゲストOSの構築方法
 VMwareでゲストOSのテンプレート作成とデプロイ方法


VMwareでゲストOSを構築する際に1つモデルのホストを作ってテンプレートを作成しておくとテンプレートからゲストOSを構築すると短時間で簡単に構築できるので複数の同じような環境のゲストOSを構築したい場合には便利な方法。



1)VMware vSphere Clientを起動
ESXiのノードもしくはvCenterに接続する。
接続時に必要な情報は下記の通り。
・IPアドレス
・ユーザ名(デフォルトはvCenter「administrator」/ESX「root」)
・パスワード

ホーム−インベントリ−ホストおよびクラスタ

2)テンプレートの作成(一度作成しておけば再利用可能なので3へ移動)
テンプレートにしたいホストを右クリック
テンプレート−テンプレートとしてクローン作成
テンプレート名:w2k3r2_32bitなど
※テンプレートの元となるホストにはIPアドレスを割当せず、デプロイ後に設定するほうが良い。

・名前と場所
・ホスト/クラスタ
・特定のホストの指定
・テンプレートのデータストアの選択

3)テンプレートのデプロイ
・ホーム−インベントリ−仮想マシンおよびテンプレート
・デプロイしたいホストを右クリック
・このテンプレートから仮想マシンのデプロイ

・名前と場所
・ホスト/クラスタ
・特定のホストの指定
・テンプレートのデータストアの選択

4)作成したホストの確認
ホーム−インベントリ−ホストおよびクラスタ

5)VMware vSphere Clientを起動
ESXのノードに接続
・IPアドレス
・ユーザ名:デフォルトはroot
・パスワード

6)ホストを起動
・ホストを選択
・コンソールを開く
・パワーオン

7)Windowsの設定変更
・コンピュータ名を変更(必ず競合になるので修正)
・IPアドレスを設定
・リモートデスクトップを設定

 



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2012年10月19日 | VMware | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: