「Outlook.com」が「Gmail」より勝っている5つのポイント | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言インターネット・メールについて > 「Outlook.com」が「Gmail」より勝っている5つのポイント ]
スポンサードリンク

「Outlook.com」が「Gmail」より勝っている5つのポイント

 JUGEMテーマ:インターネット

フリーメール戦争に新たな火蓋がきって落とされようとしている。
GoogleのGmailに対抗してMicrosoftが提供を始めた「Outlook.com」。これもフリーメールながらGmailを意識しているだけあってGmail以上のスペックを持っている。
そこで、「Gmail」と「outlook.com」の主要機能について簡単に比較をしたい。

■ポイント1
ストレージ容量と添付ファイル制限がナイ

 現在、Gmailのストレージ容量は10GBで、添付ファイルの上限は25MBである。

 これに対してOutlook.comは、ストレージ容量の制限がなく、100MBの添付ファイルを送信することもできる。Outlook.comはオンライン・ストレージであるSkyDriveと連携しているので、SkyDrive上にファイルを置けば、添付ファイルの上限容量を気にする必要がない。

▲「クイック分類」(日本語名)は左ペインに表示される

■ポイント2
フィルタリング機能がスゴイ

 Outlook.comには「Quick View(日本語名:クイック分類)」が備わっている。これは、ドキュメント添付や写真添付のメールを自動的に分類する機能である。これらのメールは、ワンクリックで表示させることが可能だ。もちろん、カテゴリ(分類)を新規で作成することもできる。

 筆者は同機能がかなり気に入っている。Gmailでも同様の振り分けはできるが、その設定はユーザーが行わなければならない。

■ポイント3
シンプルなUIが使いやすい

 Gmailの登場で、WebメールのUI(User Interface)はかなり進化した。しかし、その反面、長く利用していると、かなり“とっ散らかった”状態になってしまっている。

▲リーディング・ペインは右半分にも下半分にも設定できる

 一方、Outlook.comは、洗練されたUIが最大の特徴である。リーディング・ペインは右半分でも下半分でも設定できるし、未読メールやゴミ箱、先述のQuick Viewは左ペインにすっきりまとまっている。

 また、メールを開封すると、「新規作成」「返信」「削除」「迷惑メールに登録」といったメニューは、上部のバーに表示される。「直感的に利用できる」というMicrosoftのことばに誇張はない。

■ポイント4
迷惑メールの振り分けがナイス

 Gmailはかなり厳しく迷惑メールをフィルタリングしている。しかし、Outlook.comは、個々のスパムに対し、ユーザーがフィルタリングするように設計されている。そして、Outlook.com側でフィルタリングしたほうがよさそうなニュースメールを自動で見つけ出し、配信停止するかどうかオプションを提供してくれるのである。

▲要するにOutlook.com側が「この会社が送ってくるメールは迷惑メールにしとく?」と聞いてくれる機能だ

 上記がそのオプション画面である。「TripAdvisor(旅行に関する情報を提供するサイト)にメーリングリストから外すよう連絡しますか? その場合には、今後同サイトからのメールは迷惑メール・ボックスに振り分けられます」という文面とともに「Unsubscribing (配信停止)」ボタンが表示される。

■ポイント5
SNSとの連携機能がウレシイ

 今やメールは“ソーシャル・ビジネス”とも言える存在だ。つまりメールは、同じ“ソーシャル”的役割を担う、ユーザーが利用しているソーシャル・ネットワークと連携する必要がある。

 Outlook.comは、Facebook、LinkedIn、Twitterなどと連携している。事前に(SNS側で)設定ですれば、Outlook.comにサインインするだけで、最新のコンタクト状況やSNSの情報を入手できる。さらに、Twitterでリツイートしたり、Facebookでコメントしたりするなども可能。こうしたSNSへのアプローチは、サイドバーに集約されている。

■番外ポイント
GmailにあってOutlook.comにないもの

 言うまでもなく、Gmailはこうした機能をキャッチアップしている。しかし、Outlook.comで欠落している重要な機能が1つある。それはIMAP(Internet Message Access Protocol)が利用できないことだ。この点についてOutlook.comは、Gmailに対して白旗を挙げるしかない。

 IMAPはメールにとって重要であると筆者は考えている。将来的にMicrosoftがこの問題を解決し、Outlook.comでもIMAPを利用できるようになることを切に願っている。

Gmailの特徴

大容量メールの保存容量は10GB超
添付ファイルも大容量送受信可能なメールサイズは本文を含めて25MB
ウィルススキャンサービスメールの送受信次にウィルススキャンを行う。非常に高性能
実行ファイル(.exe)は添付できません。

おすすめ機能

検索機能Googleの検索技術を利用しているので、高速かつ高性能な検索ができます。
例えば、日付の範囲、件名、本文、差出人、宛先、添付ファイルの種類など多岐にわたります。
スレッドビュー送信メールと返信メールを1つのスレッドとして管理することができます。
自動保存一定時間ごとに下書きに保存されます。これによって、書きかけのメールを消してしまうなどのトラブルを防ぐことができます。
添付漏れ防止機能本文に「添付」や「追加」という言葉があったときに添付ファイルが付いてないとアラートが出るようになっています。



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
from - (2012年11月05日 06:33)
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
from - (2012年10月26日 21:57)