Windows 8にスタートボタン/スタートメニューを追加してクラシック表示する方法(Classic Shell日本語版編) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言Windows・XP・Vista・7・8 > Windows 8にスタートボタン/スタートメニューを追加してクラシック表示する方法(Classic Shell日本語版編) ]
スポンサードリンク

Windows 8にスタートボタン/スタートメニューを追加してクラシック表示する方法(Classic Shell日本語版編)

JUGEMテーマ:Windows

ソニーストア


Classic Shell (Windows8にスタートボタンを追加してクラシック表示するアプリ)

Classic Shell スクリーンショット 
スクリーンショット(Windows7版)
制作者 ibeltchev
対応 Vista/7/8

英語版ダウンロード※英語版(最新)
日本語版ダウンロード※日本語版


Windows 8では、スマートフォンを意識したタッチパネル操作を容易にする画面構成に変更となったため操作方法が大幅に変更。具体的にはこれまでの「スタートメニュー(スタートボタン)」から「スタート画面」に変更となり、起動時にスタート画面が表示され人、アプリ、ウェブサイト、プレイリストなどが「タイル」として表示される形式へと変わった。タッチ・インターフェイスを採用しているスマートフォンやタブレットPCならば[スタート]画面も使いやすいかもしれないが、ノートPCやデスクトップPCでは、これまでと大きくインターフェイスが変わったことに加え、タッチパッドやマウスの移動量が多くなることもあり、使いにくく感じる人も多い。また画面がスマートフォンに似ていることから「(タッチパネルでない)普通のパソコン(ディスプレイ)を利用してるにも関わらずWindows8になるだけでディスプレイをタッチして操作できると勘違いする人が急増」しているらしい。

しかもこれだけの大幅変更をしているにもかかわらず、Windows 8は、「スタート画面」と「スタートメニュー」をユーザーが切り替えられる機能をサポートしていない

当然のことながら、これまでの「スタートメニュー」を使いたいというユーザも多く、これに呼応するべくWindows 8に「スタートボタン」/「スタートメニュー」を追加するツールClassic Shell」がフリーソフトウェアとして提供(MSとは関係ない)されているので活用したい。(自己責任で)

もともとClassic Shellは、Windows Vista/7の「スタートメニュー」をWindows XP風にカスタマイズするツールとして提供されていたものだが、Windows 8に対応し、「スタート」ボタン/「スタートメニュー」がデスクトップ画面に追加できるようになった。このツールを使うことで、Windows 8でもWindows 7と同様の使い勝手が実現可能になった。Windows 8の「スタート画面」に違和感を感じている人は、「Classic Shell」をインストールするとよい。Classic Shellの概要からインストール方法、機能詳細などを紹介する。


Windows 8のスタート画面
Windows 8の「スタート画面」で起動するとデスクトップ画面の前に表示される。ここにタイル形式で表示されているアプリをクリックorタップすることで起動する。スタート画面にある「デスクトップ」ボタンを押下することでデスクトップが表示される。




Windows 8のデスクトップ画面
Windows 8の「スタート画面」で「デスクトップ」のボタンを押すと、従来のWindows OSのデスクトップに相当する画面に切り替わる。左下に[スタート]ボタンがなく、[スタート]メニューも表示できない。そのため、登録済みのアプリケーションを起動するなどの際は、[スタート]画面に戻る必要がある。しかも設定等では切り替えできず、現時点ではレジストリでも操作・変更できない曲者だ。


Classic Shellの概要

Windows Vista / 7 / 8 のスタートメニューやエクスプローラを、クラシックスタイル風にしてくれるソフト。スタートメニュー / フォルダツリー / ファイル上書き時のダイアログ をクラシックスタイルにする機能や、 タイトルバー上にフォルダ名 / アイコン を表示させる機能、ステータスバー上にドライブの空き容量を表示 する機能、ツールバー上に “ 一つ上のフォルダへ移動 / 切り取り / コピー / 貼り付け / 削除 / メール送信 / プロパティ表示 ” ボタンを追加する機能... などが付いています。


■Classic Shellの導入手順

Windows Vista / 7 / 8 のスタートメニューやエクスプローラを、クラシックスタイル風にしてくれる「Classic Shell」のオリジナル版(英語)をベースに日本語ローカライズ化したパッケージを電机本舗が配布している。設定メニューなどが日本語化されているので便利です。下記のリンクより、ページ下側の「4. ダウンロードとオリジナルの案内」からダウンロード可能。

 ダウンロードしたファイル「ClassicShell-J.exe」(7.0MB程度)を実行すると、指定したフォルダにインストール用のファイルが展開されるので、そのフォルダ内の「ClassicShellSetup.exe」を実行する。インストールウィザードが起動するので、指示に従ってLicense Agreementに合意するなどして画面を進めればインストールが完了。Windows 8のデスクトップに、Windows 7に似たWindowsロゴが貝になった[スタート]ボタンが追加される。

※ClassicShellのWindowsロゴが貝になった[スタート]ボタン


Classic Shellで追加された[スタート]ボタン/[スタート]メニュー
Windows 8にClassic Shellをインストールすることで、これまでのWindows OSと同様の[スタート]ボタン/[スタート]メニューが利用できるようになる。

 [スタート]ボタンや[スタート]メニューのスタイルは、[スタート]ボタン−[設定]−[Classic Start Menu]を選択して開く、[クラシックスタートメニューの設定]ダイアログで変更できる。デフォルトでは、Windows Vista/7風のスタイルが設定されているが、Windows Classic(Windows 95風)やWindows XP風に変更することも可能だ。


[クラシックスタートメニューの設定]ダイアログの[スタートメニュースタイル]タブの画面
[スタート]メニューの形式が選択できる。デフォルトでは、Windows Vista/7風のスタイルが設定されている。
  (1)[スタート]メニューの形式を変更したい場合は、この[スタートメニュースタイル]タブを開く。[スタート]メニューの形式が3種類から選択できる。
  (2)デフォルトでは、Windows Vista/7風のスタイルが設定されている。  (3)さらに詳細な設定を行う場合は、[フル設定]を選択する。タブが増えて、設定できる項目が増える。 → [A]

 ダイアログ下部の[フル設定]を選択すれば、タブが増えて、メニューの細かい外観(アイコンのサイズやメニューの幅など)などが設定できるようになる。さらに[Windows 8設定]タブでは、起動時に[スタート]画面をスキップしてデスクトップを表示させたり、ホットコーナー(画面の隅にマウス・カーソルを移動するとメニューなどが表示される機能)を無効化したりできる。

[A]


[クラシックスタートメニューの設定]ダイアログの[Windows 8設定]タブの画面
このタブは、[フル設定]を選択すると現れる。Windows 8向けの設定が可能で、起動時に[スタート]画面をスキップしてデスクトップを表示させたり、ホットコーナー(画面の隅にマウス・カーソルを移動するとメニューなどが表示される機能)を無効化したりできる。
  (1)Windows 8向けの設定を行う場合は、[Windows 8設定]タブを開く。
  (2)チェックを入れるとWindows 8の[スタート]画面をスキップし、自動的にデスクトップ画面を表示するようになる。
  (3)ホットコーナーの無効化が行える。[スタートスクリーン]を選択すると、画面左下隅の[スタート]画面への切り替え機能のみが無効化される。[All]はすべてのホットコーナーが無効化される。


Classic Shellの機能詳細
・クラシックスタイルのスタートメニュー ( 7 / 8 )
・クラシックスタイルのフォルダツリー
・クラシックスタイルの “ 上書きしますか ” ダイアログ (Vista / 7 )
・ホットキー “ 「Alt」 + 「Enter」 ” で、選択しているフォルダのプロパティを表示 (フォルダツリー上)
・エクスプローラのツールバー上に、一つ上のフォルダへ移動
・(選択しているファイルの) 切り取り / コピー / 貼り付け / 削除
・(選択しているファイルの) プロパティ表示
・(選択しているファイルを) メール送信
・ボタンを追加
・タイトルバー上に、“ 一つ上のフォルダへ移動 ” ボタンを追加
・タイトルバー上に、現在開いているフォルダの名前を表示
・タイトルバー上に、フォルダアイコンを表示
・ステータスバー上に、選択しているファイル or 表示しているフォルダ のサイズを表示(Vista / 7 )
・ステータスバー上に、ドライブの空き容量を表示 (Vista / 7 )
・ブレッドクラムバー (新しいタイプのアドレスバー) 無効化
※これらの中から、必要なものだけを有効化させることができます。



 日本語ローカライズされたClassic Shellを導入することで、インストールや設定が容易に出来、Windows 8でもWindows XP/Vista/7のようにクラシック表示することが出来るようになる。Windows 8の[スタート]画面に違和感を感じているのであれば、Classic Shellをインスールすることで大幅に作業効率が上がり使いやすくなるでしょう。
また、「アプリケーションを入れるのはしたくない」or「会社利用で勝手にアプリをインストールできない」といった人向けに「ショートカットを駆使してWindows8をWindows7ライクにする方法」を紹介します。(自己責任で)

Windows8にスタートメニューらしくする

《パソコンやWindowsの起動不良・障害・故障時の復旧対応方法》

1)BIOSの障害
ブート(Boot/起動する)デバイスの変更(BIOSの設定)方法

2)Windows XPの障害
システムの復元の手順(WindowsXP)
WindowsXPでシステムの復元ができない・エラー等で失敗する
システムの復元を取消(WindowsXP)

3)Windows 7の障害
Windows7でのシステムの復元の手順
スタートアップ修復の手順(Windows7)
システム修復オプションでメモリ診断をする(Windows7)
システムイメージの回復の手順(Windows7)
Windows 7 のシステム回復オプション

4)ブルースクリーンエラー(BSoD)の障害
Windows利用時のブルースクリーン(青画面・BSoD)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(WindowsXP)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(WindowsVista)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(Windows7)
ブルースクリーン画面が表示された後にWindowsXPを自動的に再起動させない方法



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: