Windows 8でtelnet コマンドを使う方法 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言Windows・XP・Vista・7・8 > Windows 8でtelnet コマンドを使う方法 ]
スポンサードリンク

Windows 8でtelnet コマンドを使う方法

 JUGEMテーマ:Windows


■■■この記事は【Windows8】での記事です。■■■
・・・Windows7の場合は「Windows 7でtelnet コマンドを使う方法」を参照ください。

ソニーストア


Windows8の標準ではTELNETコマンドは使用できず、「'telnet' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」とエラーになります。

これはWindows Vista以降の仕様で、セキュリティ上の観点からTelnetクライアントの機能がデフォルトでオフになっているからです。そのためTelnet クライアントの機能を使うためにはTelnetクライアント機能を追加する必要があります。
画面は「Windows7 Pro SP1」です。

■Windows7でTELNETコマンドを使う方法

1)スタート画面の空いている場所で右クリックして「すべてのアプリ」を表示します。



2)アプリ画面から「コントロールパネル」をクリックする。



3)「すべてのコントロールパネル項目」で「プログラムと機能」を選択する。

4)「プログラムと機能」画面から「Windows の機能の有効化または無効化」をクリックすします。



5)「Windowsの機能」画面で「Telnetクライアント」にチェックをつけて「OK」する。



6)コマンドプロンプト(DOS)を使ってTELNETを確認する。


以上でTELNETサービスが使えていることが確認できました。


《パソコンやWindowsの起動不良・障害・故障時の復旧対応方法》

1)BIOSの障害
ブート(Boot/起動する)デバイスの変更(BIOSの設定)方法

2)Windows XPの障害
システムの復元の手順(WindowsXP)
WindowsXPでシステムの復元ができない・エラー等で失敗する
システムの復元を取消(WindowsXP)

3)Windows 7の障害
Windows7でのシステムの復元の手順
スタートアップ修復の手順(Windows7)
システム修復オプションでメモリ診断をする(Windows7)
システムイメージの回復の手順(Windows7)
Windows 7 のシステム回復オプション

4)ブルースクリーンエラー(BSoD)の障害
Windows利用時のブルースクリーン(青画面・BSoD)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(WindowsXP)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(WindowsVista)
STOPコード別ブルースクリーンエラー(BSoD)の対応(Windows7)
ブルースクリーン画面が表示された後にWindowsXPを自動的に再起動させない方法







スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: