【iPhone5S】iPhoneがついに防水スマホになる!(米アップル超防水技術採用) | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言iPhone/iPad > 【iPhone5S】iPhoneがついに防水スマホになる!(米アップル超防水技術採用) ]
スポンサードリンク

【iPhone5S】iPhoneがついに防水スマホになる!(米アップル超防水技術採用)

JUGEMテーマ:iphone


■この記事を見た人は次の記事も閲覧しています。

iPhone5S 【iPhone5S】超速報「iPhone5S」最新情報!!2013年WWDCで初登場か、iOS 7次第?
iPadmini 【iPad mini】iPad miniの最新情報(発売日/価格・技術仕様/スペック/仕様比較/新機能)
iPadminiiPad miniのデザインはこんな感じ!
iPadmini【iPad mini】『iPad mini』と『Nexus 7』のスペック比較
iPadmini「iPad mini」の7つの疑問
iPadmini「iPad mini」、11月2日に発売決定か!!?"We've got a little more to show you."
iPadmini発表間近の"iPad mini" - 容量は8GBから、最廉価モデルの価格は25,600円か!?
iPadmini【iPad mini】KDDIからも発売・LTE対応で混戦必至、10月17日発表で11月2日発売決定か!!?
iPhone5iPhone・iPadをドコモ回線で利用する!(白ロム/SIMロック解除/SIMフリー)
iPhone5「iPhone5」の価格・技術仕様の最新情報!
iOS6.0【iPhone5】iOS 6『使える』35の新機能


これまで、防水非対応のスマートフォンをジップロックに入れて、お風呂に持ち込んだことがある人もいるかもしれませんが、これからのスマートフォンやタブレットはすべて防水機能が当たり前になるかもしれません。
Patently Appleは19日(現地時間)、米アップルを含むスマートフォンメーカーのトップ10社全てが、イギリスのP2i社が商業化したナノコーティングによる撥水技術を採用するだろうと伝えました。

P2i社は、英国政府の防衛科学技術研究所が開発した技術を商業化する目的で設立された会社です。P2i社が商業化した、電気機器を完全防水化させるナノコーティング技術「Aridion」は、電子機器にナノレベルで特殊なコーティングを施し、その強力な撥水力でスマートフォンなどの電子機器を完全防水化する技術です。


アップルについては、既に、2010年に防水技術の開発に着手していたことが米国特許庁の公開資料から明らかになっています。さらに、アップルがデバイスの端子カバーに関する特許を出願していることが分かり、アップルが防水処理に強い関心を持っていると話題になっていました。

アップルのこの特許は、雨雪や湿気等の水気からデバイスを守る端子カバーの技術で、iPhoneやiPad、MacBookシリーズなどに採用されるのではないかとみられています。
P2iの技術者は、スマートフォンへの「Aridion」技術採用に自信を示しており、スマートフォンメーカーのトップ10社と製品に防水加工を施す作業を進めているとのことです。そして、2013年〜2014年後半に、iPhoneやiPadにもその技術がみられるだろうとしています。
ちょうど1年前にも「Waterblock」を開発したHzOがアップルと交渉していると報道され、iPhone 5に防水機能がつくのではないかと噂されていましたがそれは実現されませんでした。
長い間Android勢に先を越されていたiPhoneの完全防水化は、P2iのAridion技術によって間もなく実現するかもしれません。


■引用



詳しい情報・最新新着情報は「iPad mini」に新着情報として記載・追記されています。

docomoから「iPad mini」が発売される可能性はゼロ・・・ではないかも。。。
しかしドコモからiPhoneが出るのを待てない方は・・・「ドコモ回線でiPhone5を使う」方法を紹介!


《iPhone5海外正規品SIMロック解除(白ロム/SIMフリー)》

海外正規品なのでSIMロック解除!
ドコモの高品質・高速回線で念願のiPhone5が使えます。


ブラック/ホワイト

ブラック/ホワイト

ブラック/ホワイト
Apple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 64GBApple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 32GBApple iPhone5 Wi-Fi+4G(LTE) 16GB
ホワイト/ブラック
HSPA+/DC-HSDPA/LTE/Wi-Fi(802.11n/2.4GHzと5GHz)
64GB32GB16GB
高さ123.8mm×幅58.6mm×厚さ9.3mm
重量:約112g
解像度:326ppi/1136×640ピクセル
ディスプレイ: 4インチ(Retinaディスプレイ)
充電:最大で待受225時間/通話8時間/インターネット8時間/オーディオ再生40時間/動画再生10時間


《iPad mini/Nexus7/Kindle Fire HD/kobo touchの技術仕様比較》

画像
品名iPad miniNexus 7Kindle Fire HD / (Kindle Fire)kobo touch
モデルWiFi/WiFi+4G LTEWiFiWiFiWiFi
発売日共通:2012年11月2日米国:2017年7月13日
日本:2012年9月25日
日本:2012年12月19日日本:2012年7月19日
ディスプレイIPS液晶テクノロジー7.9インチLEDバックライト(4:3)7inch LEDバックライト IPS液晶(16:10)7inchIPS液晶(16:10)6インチ タッチスクリーン 電子ペーパー(16諧調グレースケール)
解像度1,024×768ピクセル1,280×800ピクセル1,280×800ドット 
精細度163ppi216ppi216ppi 
プロセッサデュアルコア Apple A5NVIDIA Tegra 3/1.3GHz クアッドコアTI OMAP 4460(Cortex-A9, デュアルコア1.5GHz)Freescale i.MX507(ARM Cortex-A8)
グラフィック    
RAM512MB DDR21GB DDR21GB 
ストレージ16/32/64GB8/16GB16/32GB2GB(内1GB使用可能/microSD/microSDHCで最大32GB拡張可能)
フロントカメラFaceTimeHD
120万画素
720pHDビデオ
FaceTime通話
静止画:120万画素HDカメラ 
バックカメラiSightカメラ
500万画素
   
初期OSiOS6.0 Android 4.1 Jelly BeanAndroid 4.0 
通信方式CDMA EV-DO Rev. A
CDMA EV-DO Rev. B GSM/EDGE
UMTS
HSPA
HSPA+
DC-HSDPA
LTE
GPS
GLONASS
   
WiFi802.11a/b/g/n802.11 b/g/n802.11a/b/g/n802.11b/g/n
(WEP/WPA/WPA2)
Bluetooth4.03.0 + EDR 
センサー/ポートLightningコネクタNFC microUSBmicroUSB microHDMImicroUSB
サイズ高さ200mm
幅134.7mm
厚さ7.2mm
高さ198.5mm
幅120mm
厚さ10.45mm
高さ193mm
幅137mm
厚さ10.3mm
 高さ165mm
幅114mm
厚さ10mm
重量wifi:308g
wifi+4g:312g
340g395g185g
バッテリ4,490mAh
WiFi:最長10時間
4G:最長9時間
4325mAh
連続待受:300時間
4400mAh
11時間
1ヶ月
発売当初価格Wi-Fi:28,800/36,800/44,800
4G:39,900/47,800/55,800
19,800円Kindle Fire:12,800円(8GB)
Kindle Fire HD:15,800円(16GB)/19,800円(32GB)
7,980円
詳細iPadminiNexus7Kindle Fire HDkobo touch




スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2013年01月21日 | iPhone/iPad | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: