10の知識エリアと5つのプロセス、3つのパートの関係性について(PMBOK) | ミニミニ管理者(プロジェクトマネージャ/システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言プロジェクトマネジメント(PMBOK) > 10の知識エリアと5つのプロセス、3つのパートの関係性について(PMBOK) ]
スポンサードリンク

10の知識エリアと5つのプロセス、3つのパートの関係性について(PMBOK)

PMBOK(Project Management Body of Knowledge)とは


PMBOKとは、<a href="http://miniminiadmin.jugem.jp/?eid=684" target="_blank">プロジェクトマネジメント</a>に関するノウハウや手法を体系立ててまとめたものであり、知識エリアとプロセスから構成されています。


知識エリアは第5版よりステークホルダーマネジメントが追加され「10の知識エリア」となり、プロセスは5つあります。


プロジェクトマネージャとは


まず、プロジェクトを実践していくうえで、プロジェクトマネージャに求められる人物像とは、IPAのプロジェクトマネージャ試験では、次のように定義しています。


「プロジェクトの責任者として、プロジェクト計画を立案し、必要となる要員や資源を確保し、計画した予算、納期、品質の達成について責任をもってプロジェクトを管理・運営する者」


つまり、独自の成果物を期限内に、与えられた予算内で、顧客の求める品質で提供することであり、これを達成するために、計画・実行・管理する。


誤解を恐れず、超大雑把に言うと「成果物を達成すべく、QCDを守るためにPDCAのマネジメントサイクルを活用する」ことでしょうかね。


これから記載するPMBOKの10の知識エリアと5つのプロセスに共通する部分があります。それもそのはず、情報処理技術者試験の高度区分(ITスキル標準レベル4)に位置するプロジェクトマネージャ試験はPMBOK第5版を試験範囲とすることをシラバスに明記しています。


10の知識エリアとは

<a href="http://miniminiadmin.jugem.jp/?eid=684" target="_blank">プロジェクトマネジメント</a>において、10の知識エリアで求められているのは、Q(品質管理)、C(原価管理)、D(スケジュール管理)いわゆるQCDを管理して達成することである。

これに加えて、そこにいたるまでのプロセスとして「スコープ管理」、「要員管理」、「コミュニケーション管理」、「リスク管理」、「調達管理」、「ステークホルダー管理」という6項目の管理項目を実践し、さらに全体をトータルに管理する「統合管理」を含めた10の知識エリアで構成されています。


■知識エリア/PMBOK第5版、第6版

覚えやすいように、頭文字の一文字だけ取りだしました。繰返し復唱するなどして覚えましょう。「す」「こ」は二回ありますが、重要な項目(QCD)が先に来ると覚える工夫が必要かも。


と:統合マネジメント

す:スコープマネジメント

た:タイムマネジメント※1

こ:コストマネジメント

ひ:品質マネジメント

じ:人的資源マネジメント※2

こ:コミュニケーションマネジメント

り:リスクマネジメント

ち:調達マネジメント

す:ステークホルダーマネジメント

※1 スケジュールマネジメント(第6版)

※2 リソースマネジメント(第6版)


5つのプロセスとは


プロジェクトの最初から最後までの流れを「立ち上げ」、「計画」、「実行」、「監視・管理」、「終結」という5つのプロセスに分割したものです。知識エリアとのマトリクスにより、どのプロセスでどのような成果物を作成・管理すべきかということが定義されています。


ここで、定義されているものは最大限必要な事であり、<a href="http://miniminiadmin.jugem.jp/?eid=684" target="_blank">プロジェクト管理</a>の規模や要件により、必要となる定義を活用します。これをテーラーリングといいます。


なお、5つのプロセスのうち、「立ち上げ」「終結」については、始まりと終わりに利用するプロセスですが、中間にある「計画」「実行」「監視・コントロール」については、PDCAのサイクルのように繰返し行うプロセスです。


3つのパートとは


最後に3つのパートとは、知識エリアとプロセスの交わる「引出し」には奥行きがあり、「入力」、「ツールと実践技法」、「出力」という3つのパートに分かれています。


PMBOKの定義は、「何をもとにして、どんなツールを使ってどんな風に、何を作成するか」というフレームワークを提供しています。








スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: