プロジェクトマネージャに求められる品質管理とは | ミニミニ管理者(プロジェクトマネージャ/システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言プロジェクトマネジメント(PMBOK) > プロジェクトマネージャに求められる品質管理とは ]
スポンサードリンク

プロジェクトマネージャに求められる品質管理とは

品質管理は、プロジェクト&プログラムマネージャ(P2M/PM)の使命であり、QCDを果すのにプロジェクトマネジメントが必要ですね。


このQCDを果すとは、「納期通り、与えられた予算内で、要求される品質を達成する」ことです。


また、余談ですが、このQCDにSをつけた「QCDS」だとScope/スコープが追加され、「設定したスコープを納期通りに与えられた予算内で、要求される品質を達成する」となります。


ここでは、QCDの「Q:品質」について掘り下げてみます。


プロジェクトにおける品質マネジメントとは



PMBOKでは、プロジェクトにおける品質マネジメントについて、プロジェクトのニーズを確実に満足させるためのプロセスであり、品質方針、目標および責任を定め、それら達成するために、品質計画、品質保証、品質管理、および、品質改善を実施していくことと定義しています。


また、品質という言葉を言い換えると、「ある品物を使う人が、その品物に対して持っている期待に応える割合」とも言えます。


とすれば・・・

 

良い品質とは、この期待に応えている割合が高いことを意味することに成ります。


逆に、悪い品質とは、その割合が低いことを意味する。

 

ゆえに・・・


「期待に応える割合」をプロジェクト目標に定義することが肝心です。


前述しましたが、PMBOKにおける品質マネジメントとは、「品質方針、目標および責任を定め、それら達成するために、品質計画、品質保証、品質管理、および、品質改善を実施していくこと」と定義しています。


とすると、プロジェクト目標に品質に関して達成基準などの方針とその責任を定め、以下に記載する品質計画・品質保証・品質管理といったPDCAのマネジメントサイクルを回していくことが、「期待に応える」ことに繋がります。


1)品質計画
主要成果物:品質マネジメント計画書など
説明:

プロジェクトの計画プロセスにおいて品質を保証し改善していくための組織構造、責任、手順、プロセス、および、経営資源を定義したもの


2)品質保証
主要成果物:品質改善の実施
説明:
プロジェクトの実行プロセスにおいて、プロジェクトの成果物とプロセスが適切な品質かどうかを保証するために行う活動。例)品質監査など


3)品質管理
主要成果物:品質改善(検査に対する)受け入れの決定プロセスの調整など
説明:
プロジェクトのコントロールプロセスにおいて、プロジェクトのあらゆる活動結果が適正かどうかを判断するために、結果をモニタし問題があれば必要に応じて対応していくこと。




 最後に品質管理の項目を分類すると以下となる。


・機能性

合目的性

正確性

相互運用性

セキュリティ

機能性標準

適合性

 

・信頼性

成熟性

障害許容性

回復性

信頼性標準

適合性

 

・使用性

理解性

学習性

操作性

魅力性

使用性標準

適合性

 

・効率性

時間効率性

資源効率性

効率性標準

適合性

 

・保守性

解析性

変更性

安定性

試験性

保守性標準

適合性

 




スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: