RACI(レイシー)チャート/PMBOK | ミニミニ管理者(プロジェクトマネージャ/システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言プロジェクトマネジメント(PMBOK) > RACI(レイシー)チャート/PMBOK ]
スポンサードリンク

RACI(レイシー)チャート/PMBOK

RACI図やRACIチャート、レイシーチャートをご存知だろうか。プロジェクト経験者なら感じていることだが、プロジェクトはある一定の期間にて独自の成果物を生み出す活動ですが、その間には工程が変わることでプロジェクトメンバーが交代/入れ替え、入場退場が繰り返されます。また、工程の切り替わりでチームの交代/引き継ぎ(企画から開発、開発から運用)なども、それにあたります。


このような状況での課題解決をイメージしてみて下さい。その都度、その都度で状況がかわり、「誰に何を聞いたら解決するか?」といった単純なことで時間を費やすことが多いです。その解決策として、RACI図(RACIチャート、レイシーチャート)は使えます。


RACI図やRACIチャート、レイシーチャート


RACI図(英: RACI diagram)は、プロジェクトや何らかの工程をチームあるいは人々に役割分担させる際に使用される図の一種である。複数の組織が共同で行うプロジェクトマネジメントなどで、役割分担を明確化するのに特に有効とされる。RACIチャートとも。


プロジェクトの各タスクについて、関係者がどのような役割を担っているのかを明確にするために使われます。



RACI図は、タスクを4種類の参加者の責任型に分割する。また、プロジェクトや工程毎に各参加者には異なる役割が割り当てられる。この責任型の名称の頭字語が RACI である。

Responsible(実行責任者) - タスク達成のために働く責任者。複数のリソースについて責任を持つことがある。


Accountable(説明責任者) - タスクの正しい完了について外部からの問合せに対して責任を持って対応する。各タスクの窓口は1つでなければならない。


Consulted(協業先) - 意見を求められる者。双方向の対話。


Informed(報告先) - 進捗を常に把握している者。一方向の通信。


Consulted(協業先) - 意見を求められる者。双方向の対話。


Informed(報告先) - 進捗を常に把握している者。一方向の通信。


実行責任者と説明責任者は同一の人間に割り当てられることが多い。それ以外では、一般にプロジェクト管理の各タスクについて、各参加者が高々1つの役割を割り当てられるのが推奨されている。


しかし、企業や組織によっては、1人に複数の責任型を割り当てることもある。これは、役割が計画時点で決められないことを暗に示しており、各タスクにおける役割分担を明確化するというRACI図の価値を減じることになる。


RACI図は、タスクと参加者を並べた2次元の表の形式であり、各マスがタスクと参加者の組合せを表している。そして、各マスに R/A/C/I の責任型を割り当てていく。何も割り当てられないマスもあるし、1つのタスクに4つの責任型が揃わないこともある。

(Wikipediaより抜粋)









スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: