プロジェクトの中止判断 | ミニミニ管理者(プロジェクトマネージャ/システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言プロジェクトマネジメント(PMBOK) > プロジェクトの中止判断 ]
スポンサードリンク

プロジェクトの中止判断

プロジェクトは場合に依り、中長期的にわたることもある。


この間には様々なビジネスにおける環境の変化が起こるのは当たり前のこととして捉えるべきです。


何故なら、ビジネスは生き物のように日々変化しているからです。このビジネスにおける環境の変化といっても外的要因もあれば内部要因もあります。


そのため、これらの事象をリスク管理として行うわけですが、QCDの観点から、おざなりになりがちではないですか?

※リスクの顕在化が少ないと整理しているのも含まれます。


そこで、<a href="http://miniminiadmin.jugem.jp/?eid=684" target="_blank">プロジェクトマネジメント</a>における「プロジェクトの中止判断」は何をもってすべきでしょうか?


英国商務象省の公認の<a href="http://miniminiadmin.jugem.jp/?eid=684" target="_blank">プロジェクトマネジメント資格</a>である「PRINCE2」には、


「ビジネス・ケースの有効性が消滅したら、理由が何であれ、プロジェクトは中止すべし。」


とあります。


これは当たり前のことではあるものの、これまでの投資額が無駄となりますし、更なる対応には追加コストが発生することもあるため、判断に迷うこととなります。


投資額の回収期間によっては、中止しない判断もあり得ますが、一端中止が決まると、責任問題に発展する可能性もあるので慎重にことを運ぶ必要があります。




 


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: