プロジェクトスケジュール管理技法 | ミニミニ管理者(プロジェクトマネージャ/システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言プロジェクトマネジメント(PMBOK) > プロジェクトスケジュール管理技法 ]
スポンサードリンク

プロジェクトスケジュール管理技法

プロジェクトマネジメントにおけるスケジュール管理の方法は様々ありますが、そのうちの一部を紹介します。



スケジュール・チェーン


計画されたアクティビティ所要時間の内容そのものに焦点を当てておくために、作業のないスケジュール・アクティビティである所要時間バッファーを追加する。
 
ネットワークパスのトータル・フロートのマネジメントではなく、バッファー・アクティビティ所要時間と計画されたスケジュール・アクティビティに使用する資源のマネジメントに注力する。
 
 
クリティカルパス 
【critical path】


別名: 最長経路/臨界経路
クリティカルパスとは、プロジェクトの各工程を、プロジェクト開始から終了まで「前の工程が終わらないと次の工程が始まらない」という依存関係に従って結んでいったときに、所要時間が最長となるような経路のこと。


クリティカルパスを表す図式はアローダイヤグラムを利用することが多い。

 
クリティカルパスに含まれる工程に遅延が発生すると、その分だけプロジェクト全体のスケジュールも遅延するため、クリティカルパスに含まれる工程は特に遅れてはならない重要な工程として重視されることになる。


なお、前回ご紹介した「プロジェクトスケジュール管理技法」のうち、ファストトラッキングは、「敢えて、クリティカルパス上の工程で、前の工程が完了する前に次の工程を開始すること。」という高度なスケジュール短縮テクニックです。

 
ガントチャート 
【Gantt chart】


別名: ガント図線表
ガントチャートとは、工場などで人員、工程管理などに用いられる帯状のグラフ。
 
横軸に時間、縦軸に人員、製造設備等を配置し、工程ごとの個別の作業開始日、作業完了日などといった情報を帯状に示す。
 
さらに、工程によってはある工程で出来上がった中間物を別の工程でさらに作業を行う場合があるが、この相互関係は先に行う作業の作業完了日から次に行う作業の作業開始日へと矢印で明示されることもある。


プロジェクトマネジメントでは、マスタースケジュール(大日程)や中日程でガントチャートを利用することが多い。



WBS

【Work Breakdown Structure】


別名:作業分解図,作業分割構成,ワークブレイクダウンストラクチャー
WBSとは、プロジェクトマネジメントで利用される計画手法の一種で、プロジェクトにおける作業を細かい単位に分割し、階層構造などで管理する手法のことである。


WBSでは、最初に必要な作業の洗い出しを行い、可能な限り(アクティビティレベル)細分化し、それぞれの作業について必要なコストや人員配分を割り出す。これによって、作業全体の把握や各作業の体系的つながりの把握を行うことができ、進捗管理や計画の調整に関する精度を向上させることができる。


WBSにおいて細分化された、作業の要素は、ワークパッケージなどとよばれている。


また、WBSとワークパッケージから作成されたプロジェクト遂行のための組織関係図がOBS(Organization Breakdown Structure)と呼ばれている。


【参考文献:IT用語辞典】







スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: