段階的詳細化 | ミニミニ管理者(プロジェクトマネージャ/システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言プロジェクトマネジメント(PMBOK) > 段階的詳細化 ]
スポンサードリンク

段階的詳細化


段階的詳細化


プロジェクトでは、日常的に様々な変更が発生します。理想的には計画した内容から変更なくスムーズに進められる事が望ましいですが、現実的にはビジネスの環境変化に伴い変更が発生します。


様々な変更や変化に対応することをPMBOKでは、段階的詳細化といい、3つの考え方がある。


なお、これらの項目はデミングサイクル(PDCA)の概念基づきPDCAを回して詳細化していく考え方。


1)ローリングウェーブ計画法

直近の計画は詳細に記載し、先の計画は時期が近づいたら詳細化する計画法。次工程や次年度計画は、時期がきたら詳細化する。



2)継続的改善

作業時に不具合が生じてプロセスを改善して、それを計画書に反映することで教訓とする。次は反映した教訓を元にした手順を採用すること。



3)変更への対応

顧客からの仕様変更要求があり、それをプロジェクトで定めた手続きにて承認されると計画書に反映します。計画書に反映すれば、これに基づき作業され、変更が実施される。







スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧: