エクセルVBA−マウスポインタの変更 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言エクセル(EXCEL)-VBA・関数 > エクセルVBA−マウスポインタの変更 ]
スポンサードリンク

エクセルVBA−マウスポインタの変更

プログラムの実行中にマウスポインタを「砂時計」表示にしたり、ある範囲にマウスポインタがあるときに「テキスト入力」のポインタに変更したい場合などがありますが、この時に使用するのが「MousePointer」プロパティです。

マウスポインタの構文は
  object.MousePointer [= fmMousePointer]
です。( [ ]内は省略可能)

標準仕様のマウスポインタ
設定値:1 矢印。

設定値:2 十文字型のポインタ。

設定値:3 I - ビーム。アルファベットの "I" の形のポインタ。

設定値:6 右上と左下の 2 方向を指す矢印。

設定値:7 上下の 2 方向を指す矢印。

設定値:8 左上と右下の 2 方向を指す矢印。

設定値:9 左右の 2 方向を指す矢印。

設定値:10 上方向を指す矢印。

設定値:11 砂時計。

設定値:12 禁止記号 (円の中に対角線)。ドラッグしているオブジェクトの上に表示されます。不正なドロップ ターゲットを表します。

設定値:13 砂時計付き矢印。

設定値:14 疑問符付き矢印。

設定値:15 上下左右の 4 方向を指す矢印。

となります。

よく使うのが、マウスポインタを「砂時計」に変化させる「11」です。
あと、処理が完了して元に戻す、通常の「矢印」の「0」を覚えておけばよいかと思います。

◆参考◆
Private Sub CommandButton2_Click()
  'マウスポインタを砂時計に変更
  frmMenu.MousePointer = 11

    〜処理を記述〜

  'マウスポインタを矢印に変更
  frmMenu.MousePointer = 0
End Sub
※「frmMenu」はフォームオブジェクト

この処理を追加する事で、処理中に他のイベント(他のコマンドボタンをクリックするなど)が発生しないように抑制できますのでエラー回避になります。

◆検証環境
OS:Windows2000Pro
Excel:Excel2000、VB6.0

◆参考文献
Excel VBA マクロ 500連発  ←結構、お世話になってます。サンプルコードのCD-ROMも付属していて、VBA初心者向きです。

↓↓↓↓↓   この辺の参考書も良いと思います。   ↓↓↓↓↓


《エクセルの便利な使い方集(関数・機能・マクロ・VBA)》
1)関数
 ・エクセル関数−VLOOKUPのエラー対処
 ・エクセル関数−TEXT
 ・エクセル関数−SUBTOTAL

2)使い方・機能
 ・エクセル機能-セルにコンボボックスを割り当てる
 ・エクセル機能-条件に合わせて書式を変更する
 ・エクセル機能-xlsファイルにパスワードを設定する方法
 ・エクセルでシートをコピーできない。−このコマンドは、共有ファイルで実行することができません。排他モードで開いてください−

3)マクロ
 ・エクセルマクロ−マクロにショートカットキーを割当する

4)VBA
 ・エクセルVBA−スクリーンの表示の更新を抑止する
 ・エクセルVBA−ワークシートを非表示にする
 ・エクセルVBA−マウスポインタの変更
 ・エクセルVBA−エンターキーを押下した時のアクティブセルの移動
 ・エクセルVBA−セルの数式を非表示にする
 ・エクセルVBA−ワークブックを開いた時に処理をしたい
 ・エクセルVBA−オートフィルタでのコピー
 ・エクセルVBA−特定ファイルで常にマクロを有効にする

5)実践編
 ・エクセルとワードで作る簡易株主総会支援システム−想定問答





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
トラックバック一覧:
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
from - (2008年03月26日 18:48)