サーバールーム構築 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > わが社のサーバールームのサーバー群は、この酷暑を乗り切れるか? ]
スポンサードリンク

わが社のサーバールームのサーバー群は、この酷暑を乗り切れるか?

今年の気温は予想が二転三転していて予測つかない状況でしたが、8月に入り猛暑が続いている状況から「暑い」ことは感じていましたが、昨日の観測史上の最高記録更新の「40.9度」には参りました。

もうこれは「猛暑」ではなく「酷暑」です。この酷暑と時を同じくして当社のサーバールームにあるサーバー群はようやく「100%稼動」状況に突入しました。この暑さとサーバーの100%稼動でサーバールームの温度はどうなっているか?気になり、昨日確認してみました。

サーバールームのエアコンについている温度計を確認すると「19℃」となっており、設定温度どおりで稼動しています。

いや〜安心しました。昨日の気温で、なおかつサーバー群が100%稼動状況でも「19度」を保てるのであれば心配する必要はありません。過大な性能でエアコンを設置しておいて良かったです。サーバールームの北極並(大げさですが)の寒さが心地よく感じるのは私だけでしょうか?

ということで「わが社のサーバールームのサーバー群はこの酷暑をものともしていない!」という頼もしい結果が判明しました。



サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバーラッキング−ケーブリング ]
スポンサードリンク

サーバーラッキング−ケーブリング

皆さんの会社ではサーバーラックへの「ラッキング」は自社でやられていますか?
それともベンダーに依頼していますか?

状況やタイミングにもよると思いますが、当社では初めて導入したサーバーラック(42U)1台は自社で組立とラッキング(というか私一人で組立しました。)を行い、その後に増設したサーバーラック(42U)3台はベンダーに委託しました。

あたりまえといえば、それまでですがベンダーに委託したラッキングは「まさしく職人技」といった感じで、私がラッキングした方は素人剥き出しといった感じです。

その中でも私が見て感心したベンダーの「サーバーのラッキング技術」の一端を写真付きでご紹介したいと思います。

第一回目は「サーバーラックのケーブリング」についてご紹介します。

1)サーバーラックのケーブリング
サーバーラックへ何台ものサーバーやスイッチなどのネットワーク機器、ストレージなどをラッキングしていくと「ケーブルが邪魔になったり」「ケーブルが絡まって抜けてしまったり」システムトラブルの原因にもなりかねません。

特にLANケーブルなどは全ての機器に接続していくので邪魔になることが多いです。
そこで、サーバーラックの上もしくは下からまとめて「縦方向」に配線して必要な場所で「横方向」へ引くとスッキリするようです。
ケーブリング01

少し見にくいので拡大すると
ケーブリング02

といった感じです。これは、サーバーラックの後方の上方向から下へLANケーブルを下ろし、サーバーなどのLANケーブルを配線する機器のある部分で横方向へ配線しています。
ここで気になる点は、インシュロック(ケーブルをまとめるプラスチック製のもの)を使っている部分は「縦方向から横方向へ方向が変わる部分にインシュロックを利用している」ということです。これによりケーブルをキレイに曲げて方向変換ができるようです。

今度の配線は、サーバーラックの後方から前方へLANケーブルを配線する方法です。
これも同じ様にサーバーラックの「レール」の部分へ「インシュロック」を利用して止めます。ここではインシュロックを一定間隔で使ってまとめています。
ケーブリング03

最後は、スイッチの部分のLANケーブルです。
ケーブリング04

ここでは、LANケーブルの接続先が分からなくならないように、「どのスイッチのどのポートからどの機器へ接続しているか」が分かるように、「スイッチの型式」「スイッチのポート番号」「接続する機器」がネックレス(ケーブルの先端にぶら下がる識別用のもの)に記載されています。
ここで感心したのが、「スイッチのポート番号が記載されている」点でした。これはポートごとに「VLAN」を割当しているので繋ぐ箇所を間違えばサーバー側のIPアドレスと合わなくなるのを防ぐことができ、非常に効率的に作業ができるからです。

このベンダーは、先にネックレスを作り、LANケーブルに繋ぎ、その後サーバーラックのところで接続していきました。恐らく事前にLANケーブルの配線を設計していたのかと思われます。(凄く手際が良かったです。)


◆参考(インシュロック
インシュロック

サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ

ネットワーク管理者必見!






ポイントサイトで効率的に稼ぐ方法を紹介!





スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの室温 ]
スポンサードリンク

サーバールームの室温

およそ10.5屬サーバールームの空間にサーバーラック1台とIP-PBXに対して壁掛型のエアコンを設置して運用していた時期がありました。(サーバーラックが3台増設される予定なのでこの段階では広め)
この時は、冬から春にかけての時期であったこともあり、室温の平均が21℃くらいで管理できていましたが、夏が近づき、7月頃には室温が上昇(室温の平均が24℃くらい)していました。その為、エアコンのフィルターをこまめに掃除して対応していました。

その後、増設したサーバー・ストレージ(ラック3台分)が8月の暑い時期に納品されました。
この時にはサーバールームのドアを開放して作業していたことと真夏の日差しでビル外の気温がそうとう上昇していたことも影響してサーバールームの室温が30℃を超えてしまいました。私としてはエアコンの能力を充分に計算していたこともあったので、「これは(作業中のため)サーバールームを開放していることが原因である」と考えていました。

しかし、暑い最中でのサーバーの納品・キッティング・セットアップが約2週間行われていましたが、作業をしていない時間帯(早朝など)でも室温が27℃くらいに上昇していたので「何かがおかしい」と感じ始めて調査しました。

当初、サーバールーム構築した際にはエアコンの冷却性能を7kWで見積していたのですが、設置されていたエアコンは3.6kWのもので性能不足であったことと、サーバールーム構築した際のサーバー構成から大幅な変更が発生していたことで、冷却能力を増強する必要性(17kWの冷却能力が必要であった)があったことが判明しました。

また、サーバールームを構築した際のエアコン選定については、ビルを管理する部門に「必要となる冷却能力(7kW)」を伝えていたので要望どおりエアコンが設置されているものと思い、型式から冷却能力を確認する事を怠っていました。(人任せはいけません。自分で機種選定したほうが良いです。)

サーバーのセットアップが完了した時点で稼動するのは40%分のサーバー群なので、すぐに問題になることはないのですが、このまま見過ごせる状況ではないので、上長に事の次第を報告し、将来的に増設しなくても済む様に過大な性能でエアコンを増設(22kW)する事としました。あえて過大な性能のエアコンを選定したのは「これ以上エアコンを増設するスペースがサーバールームにない」からです。

今では、常時18℃で保てているので安心しています。このまま、今年の夏も安心して過ごせることを祈っています。

◆情報
サーバールームの面積:約10.5

◆当初のサーバールームの計画
 サーバーラック:4台
 サーバー:12台
 ネットワーク機器:11台
 UPS:10台
 ストレージ:1台

 電気容量:7000w
 冷却能力:3.6kW

◆最終的なサーバールームの状況
 サーバーラック:4台
 サーバー:19台
 ネットワーク機器:16台
 UPS:12台
 ストレージ:3台

 電気容量:17400w
 冷却能力:22kW(+予備:3.6kW)



サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバーラックの冷却 ]
スポンサードリンク

サーバーラックの冷却

今日、株式会社エーピーシー・ジャパン(以下、APC)から発表された「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介します。
これは「iDC(インターネットデータセンター)」や「サーバールーム」に設置される「サーバーラック」に取付する局所空調の一種で「高発熱サーバー機器の冷却ソリューション」です。
これは、近年のブレードサーバーの導入や高発熱CPU(Pentium検砲覆iDCやサーバールームに設置したサーバーラック1本あたりの電力密度は、以前に比べて飛躍的に高まっています。そこで問題になっている、高密度電力の供給とそれによって引き起こされる熱処理問題を解決するソリューションです。

APCでは、「従来の部屋単位の空調では限界にきている冷却方式を打破すべく、ラック列単位の熱処理対策に注力している。」ということです。

これはサーバーラックとサーバーラックの間で「挟み込まれるように」設置して使用する空調で「サーバーの背面から噴出される熱を取り込み前面から冷機として噴出し、サーバーの前面の吸気口から取り込まれるエアフローの循環機構」を実現しています。
InfraStruXure InRow RC

関連記事は...
 IT Pro Special  (製品写真とエアフローのイメージが記載されてます。)
 インターネットデータセンター完全ガイド  (季刊誌です)
 APC Official Site
 Enterprise Watch

インターネットデータセンターの今が分かる本  お奨め度:★★★★★




サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの構築について パート10 ]
スポンサードリンク

サーバールームの構築について パート10

6)サーバールームのレイアウトを作成
サーバールームの広さの算出と並行して行うのが、サーバールームのレイアウトです。

 〜レイアウトの作成とはサーバールームの図面を作図することで、前回のブログで紹介したようなものを作図する事です。私の場合は、CADシステムにて作図しましたが、VISIOなどのツールを利用しても作図可能ですので是非挑戦してみてください。〜

サーバーラックの配置(レイアウト)は、空調機の設置場所とサーバから噴出されるエアフローを考慮してレイアウトする必要があります。
サーバは一般的に正面から吸気して背面へ噴出する構造(水冷式などもあるが)になっているので、サーバーラックの背面に別のサーバーラックを配置するなどのレイアウトは避け、空気の循環を考慮して効率的なレイアウトをすべきです。

 〜私が設計したサーバールームも当初はエアフローを考慮して設計していたのですが、諸事情により空調機を増設する事となり、サーバーラックが配置できなくなってしまったので止むを得なくサーバーラックの背面にサーバーラックを設置する事になってしまいました。皆様もご注意を!〜

また、故障時や増設時などにサーバを引き出しできる作業スペースの確保も重要です。
(この辺の注意点は、前回のブログで紹介していますのでご参照ください)

サーバールームからフロア間へ渡る配線(バックボーン)が必要な場合には配線経路を記載した立面図を作成しておくと再配線やリフォームなどのときに有効です。

最後に防災関連のセンサーや機器の位置と非常口、非常階段も合わせて記載しておくと万一の時に役に立つと思います。

今回で「サーバールーム構築シリーズ」は終了です。ご愛読ありがとうございました。



サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの構築について パート9 ]
スポンサードリンク

サーバールームの構築について パート9

5)サーバールームの広さの算出
サーバールーム構築した時は、「広さ」について神経を使いました。
特にサーバールームのスペース(広さ)問題は十分注意して扱わないと、あとで「使えないサーバールームができてしまう」(システム構築でも同じことが言えますね。「動かないコンピュータ」なんて感じで)ことになりかねません。

もちろんスペースを充分に広く取れれば問題ありませんが、いくらバブル崩壊によって地価が下落したといっても「やはり土地代は高い」ので無駄にスペースをとっては経営にも影響します。

自分の立場が経営側(CIOとか)であったり、IT関係の会社やネット関連業界など「業務でITがないと売り上げに直結する」様な業種であれば、話は早いと思います(それでも無駄は許されない)が、私の会社ようにどちらかというと「ITに疎い人」が多い業界だと、なぜ必要?なのかを理解してもらうことからはじめなければならないのが大変です。

特に私の会社は都内に立地しているので余計厄介です。ふた言目には「1坪いくらすると思っているんだ?」的な会話です。

それでこれまでサーバールーム構築できずに(事務所の一角に置かれて)いたのですが、幸いなことに「社内の改装計画」が持ち上がったことと、基幹システムのリプレース(ビッグバン)があったので思い切って話を進めることができ、経営陣の理解を得やすかったことが挙げられます。

スペース的には充分な広さ(スペース)を確保するのは難しいのですが、無理につめるとその後の運用に支障をきたしますので私なりの判断で行ったものを記載します。

  ・どの様にラックを配置(レイアウト)するのが効率的か?
  ・運用上での作業スペースはどうすれば良いか?
  ・故障対応時の作業スペースの確保はどうすればよいか?
  ・機器の増設が発生したときの作業スペースは大丈夫か?
  ・バックボーン(フロア間配線)や電源とサーバーラックの位置の関係は?
  ・通信回線(光回線のONU)をサーバールームに直接引き込みするのか?
  ・その他に設置するもの(IP-PBXなど)はあるのか?

これらを考慮してサーバールームのレイアウトをしました。
やはり正確な図面を作成するとイメージがしやすく、また、自分が無理している場所も明確にできるので良いです。

参考までに設計したサーバールームのレイアウトを紹介します。
(あまり良いレイアウトではありませんが...ご参考までに)

サーバールームの紹介

これからは、ますますサーバールーム構築する需要は増えていくと私は感じます。
ITが業務に占める割合が増えていることは明白ですので、サーバーラックの台数が増える事と、それに伴うストレージの導入やテープへのバックアップの必要性が増すと思う。

現時点では、サーバールーム構築している企業は、公開企業などの一部に限られていると思いますが、今後は、中小企業まで範囲は広がっていくことと思います。
 
また、上場企業とその関連子会社に適用される「金融商品取引法(日本版SOX法)」の施行が迫っていることもあるのでこれもひとつの機会と捕らえて経営陣に説明して進めることも可能です。



サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの構築について パート8 ]
スポンサードリンク

サーバールームの構築について パート8

4)サーバールームに求めるセキュリティレベル
サーバールームに求めるセキュリティレベルは企業によって異なると思われます。
セキュリティ対策は、ある意味「お金さえかければ、それこそNASAレベルの設備を整えることも可能」だと思いますが、それでは運用が追いつきません。

その為、費用対効果を考慮した「自社に適したセキュリティレベル」を見出す必要があり、これは多くの場合、セキュリティポリシーによって定められることになります。

 〜もし、自社内にセキュリティポリシーを構築していない場合には、これを機会に構築したり、また、構築済みでもサーバールームについての記載がない場合には見直しする必要があります。〜

ここではサーバールームにおける端的なセキュリティ対策について記載します。
 1)サーバールームの扉に鍵を取り付ける。
 2)サーバールームの出入り口を一箇所にする。
 3)サーバールームへの入退室は管理責任者の許可を受けた上で行う。
 4)サーバールームへの入退室は一人で行わない。
 5)サーバールームへの入退室は台帳等にて入退出時間、作業者、立会い者、作業内容などを記載して管理する。
 6)入退室管理システムを導入する。
 7)サーバールームと分かる様な標識はつけない。
 8)サーバールームはできれば、部署と併設しないほうが良い。
 9)サーバールームが部署と併設する場合は、フロア内で目立たない所にする。
などの方法が考えられます。
 
セキュリティ対策には「完璧はありえない」ことと「高セキュリティは高費用でユーザビリティが低い」ことを認識しておく必要があります。



サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの構築について パート7 ]
スポンサードリンク

サーバールームの構築について パート7

3)サーバールームに必要な設備の検討
3-7)消化設備
火災に備えることは当然の事ですが、サーバールーム内の消化設備として、スプリンクラーを設置してしまうと、火災の際に大切な機器の情報が全て使用不可になります。
この対策としては「ガス消化設備」を整える方法があります。

ガス消化設備としては、ハロン消火設備やCO2消火器、「HFC-23」を使用した装置の設置などが挙げられますが、ハロン消化設備は人体に影響があるので新規の設置は禁止されています。

3-8)LAN配線設備
床下配線するフロアの種類の検討は、耐震設備(アンカーを打つ場合など)との関係を考慮する必要があります。耐震設備をする場合、通常より床下を高くする事が多いので天井高との兼ね合いも考慮する必要があります。

また、フロア間(バックボーン)のLAN配線をする場合には現地調査時に配線可能かを実際に検査してもらう必要があります。特に古いビルなどの場合、途中で配管が曲がっているなど調査しないと発見できないことがあります。

 〜以前、フロア間配線をした時に途中で配管が曲がっていたため、急遽、別ルートからの配線に変更した経験があります。〜


サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。

◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの構築について パート6 ]
スポンサードリンク

サーバールームの構築について パート6

3)サーバールームに必要な設備の検討
3-4)防塵対策
サーバールームをカーペット敷きにして「埃が舞い上がらない」様にして防塵対策を行うことが多いが、カーペット敷きだと静電気が発生するということからタイル敷きにして定期的な清掃で対応する例もある。

 〜ちなみに私が構築したサーバールームはカーペット敷きにしているが、大手ハードウェアベンダーのサーバールームではタイル敷きにしていた。〜

但し、タイル敷きの場合には紙などの埃のでるものは極力置かないことである。
以前、私が管理していたサーバーラックは、タイル敷きの事務部門内に設置しており、UPS(ラックの一番下に取り付けしていた)が一年くらいで故障した経験がある。
(故障対応後は、取り付け位置を変更したら調子が良くなった。)

3-5)湿度管理
湿度を感知する機器を設置して異常値に達すると管理者宛てにメール通知する設備を整える方法がある。

APC社から「温度/湿度センサー」という物が発売されているので参考にしてください。
APC社製温度湿度センサー

温度/湿度センサー」を取付するのであれば、サーバーラック単位に取付するとサーバーラックごとで温度差が確認できるのでどのサーバーラックに熱が集中しているかが一目瞭然です。

 〜ちなみに私が管理するサーバールームでは取付していませんが、導入を検討しています。私が見学した大手ハードウェアベンダーでは温度/湿度センサーを利用していました。〜

3-6)耐震設備
耐震設備は、まず初めにビル(建物)自体の耐震強度が低いと意味をなさないのでビルの診断から始める必要があります。
 
〜最近、○○元建築士の耐震強度偽装問題や大型地震のうわさなどにより注目されているので耐震の診断は話を出しやすいかもしれません。ちなみに私がサーバールーム構築した時には○○元建築士の話は無かったので耐震診断は行いませんでした。〜

サーバールームだけで対策を考慮すると、床にアンカーを打つ、サーバーラックをカップリングする、スタビライザをつけるなどがあります。

また、ビル自体の工事が伴うものとしては、床設備を免震、耐震構造にするなどがあります。一般に耐震設備は工事が大掛かりになる事と、床下の高さを必要とする事が多いので、サーバールームの天井高などを総合的に見る必要もあるので専門家に相談して行うほうが良いです。

 〜ちなみに私が管理するサーバールームでは一部のサーバーラックだけカップリングしていますが、その他は行っていません。〜


サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの構築について パート5 ]
スポンサードリンク

サーバールームの構築について パート5

3)サーバールームに必要な設備の検討
3-2)熱量計算
サーバー、ネットワーク機器、UPSから発生する熱量を機器の消費電力から算出します。この時、消費電力がBTU/hr表記の場合には次の式でkWに換算して下さい。

           kW =BTU/hr×0.29307107

3-3)温度管理
熱量が算出できると、次は必要となる空調機(エアコン)を選定することになります。
温度管理は、サーバールームにおいて最も重要な対策の一つです。

 〜サーバーは当然、熱には弱いものです。サーバー自身の冷却能力(通常は空冷)でいくら冷却しようとしてもサーバールームが熱ければ、取り込みされる空気も熱いので温度管理は重要です。〜

 〜例えば、サーバールームが30度だったとすると、サーバー内部は40度、50度と上昇するでしょう。当然、温度が上昇すればCPUは誤作動したり熱暴走する可能性が高くなりますので良いはずがありません。〜

ここでは、空調機(エアコン)の「能力」と「タイプ」を検討します。

空調機の能力はカタログを参照すると冷却能力として記載されていますので「算出したサーバーの熱量と同等(同じkW)の冷却能力の空調機を選定」すればよいのですが、少し冷却能力にゆとりを持っておくとよいと考えます。

私見では、出来れば1.2〜1.5倍くらい余分に冷却能力のある機種を選定しておくと「今年の夏は暑いな!酷暑だって。サーバー大丈夫かな?」なんて会話をしなくて済むと思います。

 〜もし、酷暑になって冷却能力が足りない時には「大型の扇風機」を入れてエアフローを改善する方法があります。(直径80cmくらいはあったと思います。)これは以前、取引のある大手のハードウェアベンダーのサーバールームを見学させてもらった時の事ですが、情報システム担当者が「この大型扇風機は一昨年の酷暑の際にサーバーが悲鳴をあげていた(室温30℃近く)ので空調と一緒に追加しました。」なんて言っていました。〜

また、カタログには通常、馬力とkWで冷却能力を記載していますが、馬力しかない場合にはkWに換算して下さい。
               1馬力 = 0.75W

次に空調機(エアコン)のタイプは、大きく分けると下記があります。
 ・壁掛形
 ・天井カセット形
 ・天吊形
 ・床置形
 ・ラック搭載型(局所空調)

上記のどのタイプの空調を選定するかは冷却能力と予算の問題になりますが、タイプ別にみると一般には冷却能力に次の関係が成り立つ様です。
       床置形 > 天吊形、天井カセット形 > 壁掛形

ここで空調機(エアコン)のタイプ別での注意点は「漏水対策」です。

天井カセット形の場合には設置した空調機の下は漏水の可能性があります。
また、天吊形や壁掛形の場合にも漏水の可能性があるのでその下にサーバを設置する場合には、漏水対策として「水受け」と「水受け内でどこまで溜まっているかのセンサー」を取付するなどの工夫が必要になります。

その点、床置形、ラック搭載型は、漏水対策が出来ており、エアーフローもサーバの正面の吸入口から冷風を取り込み出来るので冷却効果が高い点でも適していると考えますが、一般的に高価です。

しかし、空調における漏水対策は非常に重要です。

これは私の経験ですが、以前は壁掛形の空調機を使用していたのですが、屋外へ排水する部分から漏水して2台のサーバでHDDが2台同時に故障した経験があります。
(サーバーは2台ともUPSに接続していたのですがダメでした。)

そのサーバはRAID5構成でしたが起動すらしない状態に追い込まれていたので止む得なくディスクを交換してバックアップから復旧しました。(トホホ。)
   
皆さんもご注意ください。

サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ

ネットワーク管理者必見!



ポイントサイトで効率的に稼ぐ方法を紹介!



 



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン