サーバールーム構築 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの構築について パート4 ]
スポンサードリンク

サーバールームの構築について パート4

3)サーバールームに必要な設備の検討
3-1)サーバ、ネットワーク機器、UPSの消費電力から必要となる電源設備を見積する。
そのため、カタログやホームページまたはハードウェアベンダーに確認して消費電力を全商品調べます。どうしても調べがつかない時は同等性能の商品を変りに調べて算出します。

ここでは見積している商品に漏れがないかを注意して行うことが重要ですので「パート3」でお話したラック搭載図が重要になります。

このラック搭載図の右側に表を設けて、モデル(型式)や電気容量(BTU/hr、A−アンペア−の両方)を記載しておき、総計を算出しておくと電気工事業者と打合せするにも役立ちますし、今後の増設などでも重要な資料となります。

電源設備で注意する点は
  ・UPSで必要とするアンペア数
  ・コネクタ形状
の二点です。

UPSの能力が1500Wであれば、15A、3000Wのものであれば30Aの電源を確保する必要があり、これにUPSの台数を乗じた容量が必要といった具合です。

また、形状はUPSのカタログに「5-15R、5-20R、L5-30P、L6-30P」などの記載がありますが、これがコネクタの規格のNEMAです。
コネクタ形状の規格

コネクタの形状についてはAPCのサイトを参照すると図形で説明されているので是非参考にしてください。
言う程のことではないですが、UPSのコネクタの形状に合わせた電源設備を整えなければ意味がありません。電気工事業者との打合せの前には確認しておきましょう。


サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの構築について パート3 ]
スポンサードリンク

サーバールームの構築について パート3

2)将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出
まず初めに導入(予定、将来予測を含む)するシステム構成に合わせたサーバの台数及びネットワーク機器の台数を算出します。この作業はアプリケーションベンダーからのシステム要求を確認して必要スペックを割り出し、性能を決めていくと台数を算出できます。

 〜しかし、ここであまりアプリケーションベンダーの要求やハードウェアベンダーの要求を聞きすぎると過大なシステム構成を提案されかねませんので自分で判断する必要があります。また、アプリケーションベンダーとハードウェアベンダーが通じていることもあります。この場合は特定のハードウェアベンダーの提供するサービスを利用しないと出来ない構成を提案してくることが考えられます。この様な状況を避けるには複数業者から「相見積」をとることで解消できることもありますが、最終的にはシステム管理者の折衝能力に依存すると思います。〜

次に、必要となる電気容量を計算して、UPSの台数を算出します。

もちろん、UPSの台数(容量)は先ほど算出したサーバーやネットワーク機器を充分に許容できる台数(容量)を決めます。

その後、それらの全てが収まるサーバーラックの大きさと台数を算出しますが、この段階でラック搭載図を作成しておくとイメージがしやすくモレが無くなります。
(ExcelやVisioなどのツールで作図可能)

サーバーラック搭載図のサンプルです。

また、ラック搭載図を作図する際には、少しゆとりを持つことが必要で適度にブランクを入れて計算すると良いです。
これは、熱効率の観点からサーバ、ネットワーク機器、UPSの間は1Uあけるくらいのゆとりが必要である事と、万一の際(想定外の増設)に対応が可能な事も挙げられます。

なお、サーバーラックの台数は、サーバールームの広さに直接影響するため、台数を少し多く見積する事も大変重要です。
(当然の事ながら、一度設計したサーバールームを後から広くする事は非常に困難。)


サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの構築について パート2 ]
スポンサードリンク

サーバールームの構築について パート2

1)サーバールームの必要性の検討
サーバールームを必要とする理由を検討すると一般的には近年の情報化の急速な進展があげられます。急速な情報化により企業におけるサーバ台数は増加傾向の一途にある。

 〜ここまでハードウェアが安く導入できるようになったのは驚きだが、40年も前に提唱した「ムーアの法則」(インテル創業者ゴードン・ムーア/1965年)により、いま「チープ革命」の恩恵を受けていることが大きな要因と考えられる〜

サーバーなどのハードウェアの大規模化による影響としては
  ・サーバから発せられる騒音や熱
  ・防塵対策
  ・サーバ機器を安全に運用するのに必要なセキュリティが保てない
などの諸問題が発生してきています。

これらの問題が引き起こす情報システムのダウンなどのトラブルは、近年の情報システムに頼った企業経営を考えると計り知れない影響があると考えられます。
しかし、中小規模の企業ではいきなり「サーバールーム構築する」という結論は出せないと考えます。

これらの対策として考えられる方法は、簡易的な対策、例えば「パーテーションでサーバと部門の境界を区切る」や「局所的な空調を取り付ける」などの対策ぐらいでは無いでしょうか?
しかし、この様な対策で対処できるのも、サーバーの台数が少ない場合で、対処しきれなくなった際に初めてサーバールーム構築が検討されると考えられます。

ここで、いきなり「社内にサーバールーム構築する」事を前提に話を進めていますが、実際には、サーバールーム構築とデータセンターにサーバを預ける「ハウジングサービス」とを天秤にかける事になると思います。

ハウジングサービスは月額一定の料金を支払する事により電源、空調、高速ネットワークなどのインフラ設備や高セキュリティでの管理が保証される環境で運用できるので初期費用を抑えつつ安全に情報システムを運用できることで注目を集めています。

私が最終的にサーバールーム構築に方針を決めた理由は、
  ・サーバのメンテナンスや増設のしやすさ
  ・トラブル対応のしやすさの観点
  ・運良く社内スペースと予算を確保できた
からです。

尚、サーバールーム構築するには「ITファシリティソリューション」などの専門会社に相談する方法もありますが、私の場合には会社規模も中小企業のため、予算的に専門会社に委託する事ができなかったので、「ここはシステム管理者の腕の見せ所!」と考え、自社で対策を検討する事としました。


サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言サーバールーム構築 > サーバールームの構築について パート1 ]
スポンサードリンク

サーバールームの構築について パート1

ケーブリング03

以前、社内にサーバールーム構築しました。その際の経験や出来事についてまとめてみたいと思います。
まず、初めになぜ?サーバールーム構築する事になったかと言うと、私の会社の場合ではサーバーからの騒音や熱の問題などもありましたが、大きくは「業務システムを全面的にリプレース」するビッグバンがあり必要性が高まった事と「自社ビルを改装」する話が同時期にあったため、トップの理解を得やすかったことがあります。
それまではタイル敷きの床の上にサーバーラックをそのまま設置していました。

ここで私が、サーバールーム構築する際に行った手順としては主に下記の事柄が挙げられます。
 1)サーバールームの必要性の検討
 2)将来的な予測を含めたサーバ(ラック)の台数の算出
 3)サーバールームに必要な設備の見積、検討
  ・電気設備
  ・空調設備
  ・防塵対策
  ・湿度管理
  ・耐震設備
  ・消化設備
  ・LAN配線設備
 4)サーバールームに求めるセキュリティレベルの調査
 5)サーバールームのレイアウトを作成
サーバールームの紹介

各項目の詳細については次回以降に順次公開していこうと思います。


サーバールーム構築 バックナンバー◆
                            もっと詳しく...
サーバールーム構築について パート1
 ・サーバールーム構築の全体像について触れています。
サーバールーム構築について パート2
 ・サーバールームの必要性の検討について触れいています。
サーバールーム構築について パート3
 ・将来的な予測を含めたサーバー(ラック)の台数の算出について触れています。
サーバールーム構築について パート4
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、電気設備の容量について触れています。
サーバールーム構築について パート5
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、熱量計算、温度監理に触れています。
サーバールーム構築について パート6
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、防塵対策、湿度対策、耐震設備について触れています。
サーバールーム構築について パート7
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、消化設備、LAN配線設備について触れています。
サーバールーム構築について パート8
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームに求めるセキュリティレベルについて触れています。
サーバールーム構築について パート9
サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームの広さの算出について触れています。
サーバールーム構築について パート10
 ・サーバールームに必要な設備の検討と題して、サーバールームのレイアウトを作成について触れています。
◆番外編◆
サーバーラックの冷却
 ・サーバーラック用冷却設備で、APC「InfraStruXure InRow RC」というものを紹介。
サーバールームの室温
 ・サーバールームの室温についての経験談に触れています。
サーバーラッキング
 ・サーバーのラッキングをベンダーに依頼した際の「職人技」を写真付で紹介しています。

               最新記事へ     サーバールームの構築のメニューへ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン