社員教育 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(チェックリスト) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(チェックリスト)

4)社内研修の準備事項
4-7)チェックリスト
研修会を実施する際に必要なマニュアルや機器等を一覧にしておき、チェック欄を設けておくとモレが無くなり、設営時や撤去時に物が無くなることが減ります。

また、この一覧と一緒に、受講者、講師などの関係者や会場、機器のサポートセンター、弁当屋、レンタル会社などの連絡先も一覧にしておくと良いです。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月12日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(手配) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(手配)

4)社内研修の準備事項
4-6)手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
交  通:
基本的に各自で調整してもらうことが多いですが、タクシーの利用の可否や経路・航空機利用については事前に通知しておき、航空機などは主催者側で手配する方が確実です。(格安航空券や早割りの利用などを一括して検討できる)
宿  泊:
会場の近辺で予約することが一般的です。地方で研修を開催の場合には近隣の営業拠点に手配依頼することが多いです。自分で手配する場合も、他者に依頼する場合にも、キャンセルする時のキャンセル料金の発生時期と金額を確認しておくを忘れずに。
会  場:
研修会場を借りる場合には、電源やインターネット、プロジェクタ、スクリーン、ホワイトボード、テレビといった附帯設備の有無と利用時間・料金などを事前に確認する必要があります。
機器配送:
パソコンを研修会場に持込する場合は、機器の配送などが発生します。機器の配送・設置作業は予想以上に費用と時間がかかるのであらかじめ予定に組込みしておき、費用を見積しておく必要があります。

私はこれまで、「地域ごとの集合研修で講師が拠点へ出向くパターン」と「本社拠点に受講者を集めて行うパターン」を経験しましたが、費用面だけで言うと交通、宿泊、会場は本社拠点(首都圏)に集める方が圧倒的に費用がかかりますが講師の負担は軽減できます。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月11日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(機器の調達) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(機器の調達)

4)社内研修の準備事項
4-5)機器の調達
研修が大規模になる場合で一苦労なのが機器の調達です。
社内に研修センターがあり、システムの研修以外にも使用用途があり、機器を常設できる環境であれば別ですが、通常は中小企業にとっては余剰設備になりますので研修に合わせて調達する事になると思われます。

パソコン機器の調達方法としては下記が挙げられます。
1)パソコンを購入する。
 通常、システムリプレースなどの大規模研修になる場合はパソコン自体のリプレースが絡むことが多くあります。この場合は、研修に合わせて機器を購入して調達することもありますので、研修スケジュールとリンクした発注申請や納期、セットアップスケジュールなどの全体スケジュールに記載しなければならないので注意が必要です。
2)パソコンをレンタルする。
 パソコンのリース会社で行っているレンタルなどを活用する方法です。この方法は必要な時に必要な台数を確保できるので余剰設備とならない点と保管場所が必要ないのでよいのですが、利用したハードディスク内のデータを消去する必要があるなどの点を考慮する必要があります。
3)パソコンを借りる。
 パソコンを借りると言っても他社から借りるのではなく、他部署より借りたり、受講者の拠点へ赴き、現地にて研修を行うことを指しています。特に現地にて研修する場合は、利用者の環境にて行えるので良いのですが、旅費などの経費が発生するので検討する必要があります。

また、上記のいずれにも関係しますが、パソコンのほかにプリンタやハブ、LANケーブルと言ったものも数量を算出しておく必要があります。特にケーブル類は見落としがちなので注意してください。それと故障発生時の代替機などの対策を事前に検討しておくことも重要です。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月10日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(1) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(予算実績管理表) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(予算実績管理表)

4)社内研修の準備事項
4-4)予算実績管理表
予算実績管理表は、実績が予算(期初予算額や稟議決裁金額等)を超過しないようにコントロールする管理表で、これを活用して実績管理をします。
管理表には、研修に関係する勘定科目ごとに予算を振り分けしておき、実績を累計して管理します。この際、経費精算は発生主義(経費が発生したタイミングで精算する)にて精算を行わないと予算実績管理表への反映が遅れ、予算超過を見過ごす原因となるので速やかに精算を行う様に心がけます。

また、やむを得ず予算が超過する可能性がある場合には、事前に調整を行い、予算の増額を申請するなど必要な処理を行なう必要があります。(もちろん予算を超過しないに越したことはありませんが。)


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月09日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(操作テキストの作成) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(操作テキストの作成)

4)社内研修の準備事項
4-3)操作テキストの作成
研修準備で一番時間がかかるのが「操作マニュアルの作成」作業です。この作業は時間がかかるだけでなく、マニュアルのできが研修の成否を分けるポイントにもなるのできちんと計画して作成する必要があります。

マニュアル作成を簡単に表すと、「システムを構築する工程と基本的には同じ」といえます。その理由として、マニュアルを作成する工程として「企画」「設計」「開発」「テスト」といったものが必要となるからです。

マニュアルの作成ポイントについては、「マニュアルの作成方法」に詳しく説明してありますのでご参照ください。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月06日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(全体スケジュール表) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(全体スケジュール表)

4)社内研修の準備事項
4-2)全体スケジュール表
以前、紹介した「研修スケジュール予定表」は、開催期間中のみを記載したもので受講者を対象としたものです。

これとは別に研修に関係する機器の調達、保管場所、設置・搬出入の担当者、受講者、担当する講師、会場、宿泊先などを一覧にした「全体スケジュール表」を作成しておくと良いです。これは主催者側が滞りなく研修スケジュールをこなすためのもので、ガントチャート形式にして、ポイントごとにマイルストーンを設定しておくと進捗が分かり易いので良いです。

マイルストーンとは
プロジェクトを進めていく上でどうしても厳守したい日程や節目のこと。プロジェクト管理では、重要な大目標を確実に管理するためにマイルストンを設定する。マイルストンの更新履歴を分析することで、プロジェクトの進捗管理手法を改善することができ、プロジェクトの実行効率が向上する。
キーマンズネット IT単語帳より



◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月05日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(スケジュール調整) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−社内研修の準備事項(スケジュール調整)

4)社内研修の準備事項
研修を実施する際に必要な事柄を記載すると下記が考えられます。
4-1)スケジュール調整
社内研修の計画が決まり、研修スケジュールの実施が承認されると、受講者にスケジュール(案)を通知する事となりますが、期間の長い研修の場合ですといろいろな制約が出てきます。(ここで言う期間とは一回の研修に割り当てる日数と研修全体のスケジュールの双方を指します。)
 ・営業時間が減少する事による売上への影響。
 ・期末(半期・四半期含む)の時期に研修が重なる場合の売上への影響。
 ・夏季休暇、年末年始休暇などの余暇への影響。
 ・他の社内行事への影響。
 ・冠婚葬祭などのプライベートな行事。

こうなると強制力を持たせて受講させることは難しくなることが多い(特に売上に関係すると)のでスケジュール調整が必要になることが多いです。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月03日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−社内研修の計画を立てるにはどうするか。(予算) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−社内研修の計画を立てるにはどうするか。(予算)

3)社内研修の計画を立てるにはどうするか。
3-6)予算
最後に予算ですが、これは上記の何れにも関係してくる重要な項目です。

研修会を実施すると充分に計画をしていても必ず不測の事態は起こるものです。その際に「予算が足りないから」と慌てるのではなく、落ち着いて対応する為にもあらかじめ予備費を確保しておくことは重要です。

予算取り時の予備費の目安はとしては、20%くらいでしょうか。(但し、予算はあくまでも予算です。役人みたいに無駄に使い切る必要はありません。逆に余る様にすべきであることは言うまでもありません。)

また、場合によっては予算ありきで研修を実施する場合も考えられますが、予算が充分でない場合には、研修スケジュールに無理をきたすことが多く(期間短縮などが良くある例)、システムの導入効果や定着化の観点から考えるとお勧めできません。
※この段階では「○○研修予算概要(概算)」といった形でまとめておけばよいです。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年07月02日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−社内研修の計画を立てるにはどうするか。(講師) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−社内研修の計画を立てるにはどうするか。(講師)

3)社内研修の計画を立てるにはどうするか。
3-5)講師
講師の選定はターゲットの人数と研修方法、研修期間に大きく影響を受けます。
ターゲットや講師のレベル、研修方法にもよるので一概には言えませんが、講義形式にて行う場合ですが、講師一人が受け持ちできる人数は5人くらいを超えると徐々に内容の習熟率が下がります。

また、講師自身も、社内で育成して行うのが良いのか、もしくは社外の講師(専門家)を招いて行う方がよいのか?を決める必要があります。

ここでの注意点は、社内・外のいずれの場合を問わず、誰が講師として適任か、社内の場合はリソースが足りているのか、社内にノウハウがあるのか?などを考慮すべきです。
※この段階では「講師一覧」としてまとめておけばよいです。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年06月29日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |

[ ミニミニ管理者の独り言社員教育 > 社内研修のスケジュール計画−社内研修の計画を立てるにはどうするか。(場所) ]
スポンサードリンク

社内研修のスケジュール計画−社内研修の計画を立てるにはどうするか。(場所)

3)社内研修の計画を立てるにはどうするか。
3-4)場所
次は講習する「場所」の決定ですが、これは導入するシステムの形態(サーバの台数や必要となるシステムの構成)のうち、研修で最低限必要となる構成とライセンスの保有状況、使用する機材(研修は本番機を使用するのか検証機を使用するのか)によって大きく異なってきます。

その為、導入するシステムが最低限どの様な環境であれば動作可能かを調べておき、社内・外のどこで研修可能であるかを確認しておく必要があります。

例えば、研修で最低限必要となる構成がClient/Server型でサーバも検証機(タワー型)を用意できれば移動が可能となり社外に場所を借りて集合研修を行うことも可能(但し、サーバを社外に持ち出しして研修する場合は保険をかけて搬送するなどを考慮する)であるが、用意できるサーバがラック搭載型だったり、本番機しかない場合には社外に搬送して研修を行うことは避けるべきです。

また、社外から社内システムへアクセスする環境(認証サーバ経由での接続やVPN接続など)があるなら、それを利用して社外研修を行うことも可能です。この場合には、事前に研修会場の環境を確認しておき、現調する時に接続テストをしておけば研修当日になって研修が出来ないなどの最悪の事態を避けることが出来るでしょう。

尚、社内で集合研修を行う場合には、拠点数が大きく影響してきます。
拠点が複数ある場合には本社に呼んで研修するか拠点に出向く、もしくはどこかの拠点に集めるかの選択肢がでてきますが、この辺は拠点の密集度や予算、拠点の環境によると考えられますので割愛します。
※拠点が多く、研修会場が複数に分かれる場合は、「研修会場一覧」などが必要です。


◆社内研修のスケジュール計画 バックナンバー◆

社内研修のスケジュール計画
 社内研修を立てるにあたっての全体的な概要を記載しています。
なぜ社内研修を行うのか?
 ここでは研修を行う理由や「社内」「社外」の判断基準などについて記載してます。
社内研修を行う目的は?
 研修の目的として、ボトムアップや知識講習、矯正教育、レベルアップなどについて記載しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−ターゲットの選定
 社内研修の計画として「ターゲットの選定」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修内容
 社内研修の計画として「研修内容」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修方法
 社内研修の計画として「研修方法」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−研修期間
 社内研修の計画として「研修期間」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−場所
 社内研修の計画として「場所」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−講師
 社内研修の計画として「講師」について説明しています。
社内研修の計画を立てるにはどうするか。−予算
 社内研修の計画として「予算」について説明しています。
社内研修の準備事項−スケジュール調整
 社内研修の準備事項として「スケジュール調整」について説明しています。
社内研修の準備事項−全体スケジュール表
 社内研修の準備事項として「全体スケジュール表」について説明しています。
社内研修の準備事項−操作マニュアルの作成
 社内研修の準備事項として「操作マニュアルの作成」について説明しています。
社内研修の準備事項−予算実績管理表
 社内研修の準備事項として「予算実績管理表」について説明しています。
社内研修の準備事項−機器の調達
 社内研修の準備事項として研修に利用する「機器の調達」について説明しています。
社内研修の準備事項−手配(交通・宿泊・会場・機器配送)
 社内研修の準備事項として「手配(交通・宿泊・会場・機器配送)」について説明しています。
社内研修の準備事項−チェックリスト
 社内研修の準備事項として「チェックリスト」について説明しています。
定着化計画−用語の統一
 定着化計画として「用語の統一」の重要性について説明しています。
定着化計画−教育体制
 定着化計画として「教育体制」について説明しています。
定着化計画−受講体制
 定着化計画として「受講体制」について説明しています。
定着化計画−質問しやすい環境
 定着化計画として「質問しやすい環境」について説明しています。
定着化計画−説明の仕方
 定着化計画として「説明の仕方」について説明しています。
定着化計画−反復練習
 定着化計画として「反復練習」の必要性について説明しています。
定着化計画−コミュニケーション
 定着化計画として「コミュニケーション」の必要性について説明しています。
定着化計画−理解度テスト
 定着化計画として「理解度テスト」の必要性について説明しています。
定着化計画−受講者評価表の作成
 定着化計画として「受講者評価表の作成」について説明しています。
実際に研修するにあたって。(最後に)
 「実際に研修するにあたって。(最後に)」と題して、講師の心構えの重要性について述べています。





               最新記事へ     トップページ



スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン
| 2007年06月28日 | 社員教育 | comments(0) | trackbacks(0) |