システム構築・運用 | ミニミニ管理者(システム管理者/社内SE/CIO)の独り言

[ ミニミニ管理者の独り言システム構築・運用 > ハードウェア障害対策手順−パソコン編 ]
スポンサードリンク

ハードウェア障害対策手順−パソコン編

今回は、一般的なパソコンのハードウェア的に障害が発生した場合の障害対策手順について説明します。

1)障害がハードウェアかソフトウェアかの一次切り分けを行う。
通常、ハードウェアに関係する障害は、ステータスランプやビープ音、デバイスマネージャなどに異常が生じる。また、電源が投入できないとか、起動中に異常終了やフリーズする、セーフモードでも起動できないなどもハードウェア障害の可能性がある。これらの異常が確認できた場合にはハードウェア障害を疑った方が良い。
その他の障害の場合にはソフトウェア障害を疑い、OSの再インストールや回復コンソールなどの復旧ツールなどを使用する。

2)既知の障害対策方法を実施する。
メーカーや機種による違いもあるが、ステータスランプやビープ音などで障害を知らせる機器の場合には、マニュアルやユーザーサポートからの復旧手順に従う。

3)増設機器を取り外して起動を確認する。
障害が発生した時期の直近に増設した機器(メモリや外付けデバイス)から順番に取り外して起動を確認する。

4)ハードウェア診断プログラムを実行する。
メーカーや機種による違いがあるが、ハードウェア診断プログラム(起動ディスク/CD-ROM)が付属していることがあるので付属の場合には実行する。主に企業向けモデルや、企業向けパソコンを販売しているメーカーで付属している事が多い。

5)BIOSをクリアする。
BIOSに設定されている情報を初期化する。
BIOSのクリアの手順は、BIOSメーカーごとに異なるので画面を見て確認する必要がある。また、BIOSはハードウェアメーカーに合わせて仕様を変えることもあるので同じBIOSを使用していてもハードウェアメーカーが異なると、操作方法に違いが出る可能性もあるので確認が必要です。

6)CMOSをクリアする。
BIOSのほかに、マザーボードに接続されているハードウェア(IDE、SCSI、PCIなど)の情報も初期化して、再接続する。ハードウェア障害の最終手段。
手順としては、パソコンを解体して、マザーボードにある、ジャンパーピン(ディップスイッチ)を移動してクリアする方法と電池を抜いてクリアする方法があります。

ここまで対応しても障害が復旧しない場合には、メーカーへ修理手配します。


               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言システム構築・運用 > NTT回線障害の再来 ]
スポンサードリンク

NTT回線障害の再来

本日の13:00ごろ突然ネットワークが使えなくなりました。
先日、Web経由のウィルス対策としてプロバイダのサービスを導入した際にProxyサーバの設定変更が必要だったので、「もしかしたらProxyサーバの影響か?」と思い、サーバールームへ行きました。

Proxyサーバもネットワーク機器も問題ないのだが、回線状況は復旧しない。また、インターネットだけでなくメールも使えなくなっていたので、Proxyサーバは関係ないことになる。そこで先日の回線障害のこともあり、「もしや?」と思い、PHSからインターネットへ接続してプロバイダの障害ページを確認すると障害が発生しているのが確認できた。

その後、13:30ごろになると繋がる様になっていたので問合わせのあった拠点に対して「復旧」の連絡をしました。中には急ぎの拠点もあり、顧客の入札システムをネット上で利用して行う必要があり、締め切りが16:00までとのことだった。

しかし、復旧したと思った障害でしたが、その後も断続的に発生しており、最終的には15:25にようやく復旧したようです。障害の原因は「地域IP網設備故障」とだけあります。

顧客の入札については事情を理解してもらい、時間を延長してもらう方向で対応できたのでよかったのですが、本来なら訴訟問題に発展しますよね。

NTTではここの所、障害が続いてますね。こうなってくると別キャリア&別プロバイダでのバックアップ回線は必須でしょうか。あとは、どの範囲をバックアップ回線の対象とするかなどを考えることになるかな。

◆参考サイト
NTT東日本 工事故障情報
OCN Tech Web

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言システム構築・運用 > 株主総会対策 ]
スポンサードリンク

株主総会対策

株主総会の対策用としてディスプレイ切り替え機(SANWA SUPPLY SW-V81RM リモコン付モニタ切替器)を購入しました。

今日は、早速ノートパソコンとディスプレイを繋いでテストしました。
テストといってもリモコンの電波の受信状況を確認するためのものです。テスト内容としては4対1の切替を「どのくらいの距離で」「どのくらいの反応速度で」「機器の向きによる影響があるか」などを検証しました。

テスト内容としては、距離は室内だった為、あまり長い距離は測定できず、数メートルであれば問題なく受信できた。また、反応速度については問題なくスムースに切替できた。最後に機器の向きについてですが、「正面」「背面」からだと切替ができたが、横向きからだと全く反応しなかった。この機器は、正面にセンサーがついているので横方向からの信号は受け取れないようです。

明日は、株主総会の予行演習があるので、その場で最終確認と取説を事務局に行ないます。失敗の許されない「株主総会」だけに緊張します。


◆株主総会関連 バックナンバー◆

株主総会支援システム
 株主総会を支援するシステムについて紹介しています。
株主総会対策
 株主総会対策として事務局から社長へ回答内容を伝える方法について紹介しています。
エクセルとワードで作る簡易株主総会支援システム−想定問答
 エクセルとワードで作る簡易株主総会支援システムとして想定問答の回答を画面表示する方法について紹介しています。


               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言システム構築・運用 > 株主総会支援システム ]
スポンサードリンク

株主総会支援システム

株主総会のピークが近づいてきましたね。日本は3月決算の企業が多いので、6月末に株主総会が集中します。なぜ、6月末に集中するかというと、本決算の終了後、3ヶ月以内に開催しなければならないのは法的規制ですが、何もギリギリの6月末まで待たなくても良いと思います。これは恐らく昔の「総会屋」のなごりで、時期が集中していれば総会屋も分散するのでラクに終われるなどのメリットや決算短信、有価証券報告書と言った財務諸表をそろえるのに時間がかかっていたなども理由としてあったのかもしれません。

しかし、株主総会って、経営者にとっては、年に一回の株主に対する直接的な成績報告と評価を受け、自己(経営者)の報奨を了承してもらう大事な場と言ったところでしょうか。昔もらった「通信簿」的なものですかね。(そんなに生やさしくはないぞ!)

話は変わって、当社の株主総会も近づいていますが、本日、総務部から「株主総会で事務局にいる弁護士や会計士から社長への応答指示を何らかのシステムを利用してできないかか?」と問合わせがあったので下記の提案をしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
事務局用のパソコンを数台用意して、ディスプレイ切り替え機(SANWA SUPPLY SW-V81RM リモコン付モニタ切替器)を使って社長のいる壇上のディスプレイに繋いで表示する。手順としては、事務局の発言依頼者は、社長に発言してもらいたい回答をパソコン上で選択したのち、自分の番号を押して画面表示を切り換える。といった具合。
株主総会支援システム
ディスプレイ切り替え機(SANWA SUPPLY SW-V81RM リモコン付モニタ切替器
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ケーブル長には問題なさそうなので、この方向で進むことになりそう。
しかし、私のほうから総務へ「顧問弁護士や会計士は他社の株主総会にも立ち会ったりするのでしょうから、他社では何かシステムとか使ってないのか確認してみたら?」と進めてみた。小一時間後、総務部の担当から「先生に聞いてみたら株主総会システムがあるよといわれた」との事。そうかぁ、そんなのもシステムになっているんだな?と私は感心した。その後、「そのシステムがどんなものか調べて欲しい」ときたので調べてみた。

とりあえず、先生から2社、東和エンジニアリングとダイレクト・コンサルティングを紹介されたので、東和エンジニアリングに電話してみた。

問合わせしてみると、下記の事が分かった。
1)システムが複数に分かれている。具体的には「議事運営支援システム」「議事シナリオシステム」「議事整理支援システム」「想定問答支援システム」「回答役員立候補システム」。
2)導入期間は、最小1ヶ月かかる。
3)システム導入にはコンサルティングが必要。
4)システムで利用するディスプレイはタッチパネル式で、資料に直接、タッチペンで書き込みして訂正・指示ができる。
5)ディスプレイ3台くらいの最小構成で500〜600万円くらい(概算)かかる。
6)サービスの価格が高いのは、「株主総会の経験豊富な弁護士兼税理士の企業法務に強い者やIRに強いコンサルタントが株主総会全体をサポートします」とのこと。

ことの次第を総務部の担当に話してみると、「確かにうちの顧問弁護士も株主総会に強いわけではないし、これからは必要になるかも」と興味を示していた。

確かに、巷では企業の怠慢や不正行為が横行しており、「介護のコムスン」や「英会話のNOVA」など利用者や株主を無視した経営が横行したり、また村上ファンドの出現により「物言う株主」が増えたことも否めない。それと、今年の5月から「三角合併」が解禁されるなど「企業側の防衛意識」が高まっているのも事実。

因みに当社も「物言う株主」に株式を買い占められており、「複数の株主提案を突きつけられている」状態なので、なおさら総務部としては気になるのかもしれない。しかし、導入に一ヶ月かかるのでは...今回は間に合わない。

「Xデーまで、あと○○日!」

◆株主総会関連 バックナンバー◆

株主総会支援システム
 株主総会を支援するシステムについて紹介しています。
株主総会対策
 株主総会対策として事務局から社長へ回答内容を伝える方法について紹介しています。
エクセルとワードで作る簡易株主総会支援システム−想定問答
 エクセルとワードで作る簡易株主総会支援システムとして想定問答の回答を画面表示する方法について紹介しています。


               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言システム構築・運用 > インターフェース(I/F)できない。−運用環境の変化によるトラブル ]
スポンサードリンク

インターフェース(I/F)できない。−運用環境の変化によるトラブル

先週末に人事給与システムにおいてリビジョンのアップをしました。
リビジョンアップの方法はベンダーから送られてくるバッチファイルを実行するだけなので作業自体は簡単なものです。

しかし、アップデート後、システムが正しく終了できなかったので人事給与システムから会計システムへの仕訳データの自動インターフェースが実行できなかったようです。

人事給与システムの不具合は、修正版バッチファイルを実行する事により復旧しましたが、自動インターフェースができなかったので、手動にて行なう必要がありました。

手動インターフェースのやり方はマニュアルにまとめてあったのと、これまでにも経験していたので部下に任せました。しかし、しばらくすると「うまく仕訳データがインターフェースできません」といった連絡が部下から入りました。

今回の仕訳データは、賞与の振込データで、人事給与システムから会計システムにインターフェース(I/F)するのですが、これが正しく実行できないと「賞与」が支払されないので大変です。

そのため、私も付き添って手動インターフェースを実施してみました。すると部下の言うとおり、仕訳データが出来上がってきません。

???なぜ仕訳データができないのだ?と考えていると、ふと思い出したことがあります。それはインターフェースプログラムの納品時に「即時、実行する場合にはコンフィグを修正してください」との言葉。ということで、コンフィグファイルを調べて、設定値を変更したところ正しく実行できました。

しかし、ここでも疑問は残ります。というのも、前回の手動インターフェースの時は設定ファイルを変更せずにマニュアルの手順だけで仕訳データができていたのです。

ここで考えると、確か、前回に実施した際にはコンフィグファイルが「移行環境用」だったので「起動時に即実行する」設定だったと思います。しかし、現在は「実運用中」のため、「起動時は実行せず、設定により実行する」となっていたのです。(設定変更自体は数ヶ月前に納入業者が変更していたようです)

システムの移行中だからこそ発生するトラブル。あせらず、対応しましょう。特に、今回の様な「賞与」の処理は年に2回の処理です。次回の時も同じ事が起きる可能性があるので、この内容を運用マニュアルに追記して今後に繋げることとしました。

ただ、その説明(コンフィグを変更する話)を聞いた場に、私の部下君もいたのですが...恐らく理解できていなかったのでしょう。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言システム構築・運用 > ネットワークが回線障害で繋がらない ]
スポンサードリンク

ネットワークが回線障害で繋がらない

本日(6/11)、ある拠点で回線障害が発生しました。この拠点では光回線が引き込みされており、宅内にONUとNetscreen-5XPが設置されている環境です。

ネットワークが繋がらないと問合わせしてきた事務員に現地の状況を確認してみると「朝、出社するとONUのランプが赤く点滅していた」との事だったので、まず初めにONUの電源を切って数分待った後に再度電源を投入して1〜2分後にONUのランプ表示が変化したかを確認する様に指示をしました。

その時間を使って、私の方では地域的な回線障害ではないかを確認する為、プロバイダの障害を報告するページを確認した。しかし、(他の地域では障害が発生していたが)該当拠点の地域では障害もなければ、工事もしていない状況でした。

しばらくすると障害の拠点から連絡があり、状況が変わらずとのことだったので、原因はキャリアにあると判断してサポートセンター(サポセン)に連絡しました。キャリアのサポセン担当が現地に向かい確認したところ「宅外にある光回線のケーブルがカラスに突かれて断線していた」とのこと。再配線により障害は復旧しましたが復旧までに5時間を要しました。

しかし、カラスとは...自然の力(?)は恐ろしいと実感しました。

システム&ネットワークトラブル回避逆引き便利帖  ←ネットワークトラブルの時はこれ!

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言システム構築・運用 > 月に一万枚を印刷する機械 ]
スポンサードリンク

月に一万枚を印刷する機械

現在、ERPの導入を進めているのですが、販売・購買・在庫システムにおいて発行する請求書を印刷するのに最適なソリューションを探しています。

表題には「月に一万枚」とありますが、実際の作業としては「一日で一万枚を完成させる」といったことになります。これは請求書の発行が顧客の占めの関係で月末に集中することになるのと、これまでは拠点で発行していた請求書を本社で一括発行することになるので導入当初の混乱を予測すると充分ありえる数字になのです。

また、本社で発行する形態に変更するのは「J-SOX(日本版SOX法)」を意識しての事です。これまでは、見積−売上−請求−売掛金管理を営業担当の指揮下で行われていたので、請求と売掛金管理を本社部門へ移管する事にしました。(当社の公認会計士からの要請もあって)

請求書発行までの想定している作業手順としては。
 1)営業部門で売上の検収する。
 2)本社部門にて夜間バッチにて請求書データをPDFファイルに作成する。
 3)翌日、請求書PDFファイルを印刷。(PDFの限界に合わせて複数ファイルに分かれる)
 4)請求書を顧客ごとに仕分けする。
 5)印刷ミスがないかをチェック、検印する。
 6)請求書を折る。
 7)封筒に封入する。
 8)切手、ハスラーを用いるか料金後納郵便にする。
といった手順です。

こうなると印刷時間を短縮するか、印刷機を増やして並行的に印刷するかが必要かと考えています。

しかし、短時間に「一万枚の請求書を印刷」するとなるとなかなか...特にレーザープリンターだと印刷速度は早いが、熱により印刷機自体が故障してしまうようです。また感光体ユニットも5万枚程度で交換になるのでランニングコストもバカにはなりません。

そこで目をつけたのが、理想科学の高速インクジェットプリンタです。
これはインクジェットプリンタでありながら、レーザープリンタの様にページプリンタ(1ページ単位にイメージを起こして一気に印刷する)の方式の為、高速化できたようです。私の調べによると同価格帯のカラーレーザープリンタと比較して3倍の速度が得られています。(インクジェット:レーザー=120PPM:40PPM)

また、熱による故障もレーザーではないので関係しません。インク自体も安くランニングコストはかなり削れます。(インクジェット:レーザー=0.7円:25円)

もうこれしかない!といった感じですが、初期費用は1.5倍くらいなのとインクなので(速乾性のインクを使用しているとのことだが)水に弱い可能性があるので、近日中にショールームに行って検証したいと思います。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言システム構築・運用 > ヘルプデスクの問い合わせ内容の分析 ]
スポンサードリンク

ヘルプデスクの問い合わせ内容の分析

私の部門で行っている業務の一つにヘルプデスク(と言う名の何でも屋)があります。
ヘルプデスクの範囲は、マウスの掃除の仕方(最近はオプティカルマウスになって減りました)に始まり、フロッピーディスクへの保存方法から、エクセルの関数の利用方法、または販売管理システムやCADシステムと言った業務アプリケーションの利用方法まで様々です。ひどい(?)時には業務に関係ない「今度パソコンを買おうと思っているんだけど、どのメーカーのヤツがいいかな?」といったプライベートな質問まであります。

今回は、直近一年間にあったヘルプデスクへの問い合わせ内容を集計してみました。カッコ内が集計値です。
 1) CADシステム(878)
 2) 販売管理システム(367)
 3) ハードウェア(173)
 4) メール(93)
 5) Office系アプリ(54)
 6) その他アプリ(42)
 7) Windows(28)
 8) ホームページ(12)
となり、計1647件になります。

この値を月に換算すると約137件で一日平均6.8件を部内で処理している計算になります。
実際の担当者の人数が4名(他業務兼任)なので一人あたり、1.7件ほどです。また、実際には、この数値に含まれていない「簡単に完了した問合わせ」がありますので実際にはもう少し多い数値になります。

問合わせの一番多い、「CADシステム」については、大半(563件)の質問がCADデータの受渡に関するものです。一般的にCADデータの受渡については「DXF(Data eXchange Formatの略)」と呼ばれる、異なるCADシステム間でデータをやり取りする際に利用する中間的なファイル形式を利用して行います。(「DXF」には2次元用と3次元用があります。)

このデータの互換性により、データの再現性が変化します。この問い合わせ内容は、データがインポートできなかったり、文字化けしたり、欠け落ちていたりする事が良くあり、その対応として出来るだけ正しくインポート(変換)して渡すこともあります。また、最近では、データの変換の種類で「PDF」ファイルへ変換する依頼が増えてきました。

ハードウェアの質問で一番多いのは「プリンタ(87)」で次いで「パソコン(75)」に関するものです。その他ではOffice系アプリケーションの質問で、「エクセル(36)」の質問がダントツで多いです。ハードウェアの故障と言えば「プリンタ」が第一に上がると思いますが、特に多いのが「印刷できません」というヤツです。社内ではCADシステム用として用紙サイズがA1まで印刷できるプロッタも導入していますが、これもプリンタの問合わせ件数に含まれています。

次に担当者別に対応した問合わせの分析を行うと、件数的には大分バラツキがあります。多い者だと600件以上対応していたり、少ないものでは150件ほどであったりしています。

しかし、実際には件数だけでは評価・判断はできません。その理由は、ヘルプデスク業務のウェイトの違い(兼任の為)や対処している質問の難易度の違い、運用上4名の中でお互いに不得意な分野はエスカレーションして対応しているなどがあり、実際の私の評価としてはヘルプデスク対応件数の一番少ない「150件」の者が最も業務知識が豊富で問題解決しており、対応件数の最も多い「600件」ものは能力が低いと判断しています。

ここでポイントなのが「対応件数」を数えるだけではなく「対応時間」の記載や「難易度の設定」を行い多面的に分析できる準備をしておく必要があります。また、定期的に内容をチェックして正しく登録しているかを見ていく必要があります。

この様に定量化する事は非常に重要なことですが、「単純な数値の比較」だけするのであれば、間違った判断に繋がるので、やる意味がありません。「多面的に分析」してこそ定量化は意味をなす事を理解しておく(理解させる)必要があるのです。


               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言システム構築・運用 > 「NTT東、ネット接続障害 最大で285万世帯」の記者会見 ]
スポンサードリンク

「NTT東、ネット接続障害 最大で285万世帯」の記者会見

本日、NTT東日本の副社長、他3名で謝罪会見を開き、障害の原因について説明したそうです。

障害原因は「フレッツ網を構成するルーターの処理能力オーバー」との事です。
障害の発端は,東京都内に設置しているルーターのハード故障に伴うパッケージ交換で、その際に、ハード故障したルーターをう回する経路の再計算をNTT東日本エリアの全ルーターが開始したところ、古いバージョンのソフトウエアを搭載しているルーターだけが処理能力をオーバーに陥った。(ルーターは,新旧のソフトウエアのバージョンが混在していたとのこと)

NTT東日本エリアには,約4000台のルーターが設置されており,そのうち,約2000台のルーターが処理能力オーバーを起こした。それぞれのルーターが持つ経路は約1万5000ルートに及び、パッケージ交換したルーターを予備系に切り替えた際に,約80経路分のルート変更を各ルーターが再計算し始めたが,その際に再計算処理しきれず自律停止してしまったとのこと。

「古いソフトウエアでも性能には十分なはずだったが,1万5000ルートという経路数の多さやルーターの処理能力,トラフィック状況などが複合的に重なって処理能力オーバーが起こったのではないか。書き換える経路数が約80というのは,数としては大きい」(吉村辰久取締役ネットワーク事業推進本部設備部長)。

という事でした。

私の会社では出来るだけ、サーバーやパソコン、ネットワーク機器を同じ時期にまとめて購入する様にしており、ハードウェア構成やOS、ソフトウェアを統一して利用させるようにしており、また、ソフトウェアのインストールは利用者にはさせないようにして管理しています。

それでも当然、例外はあります。しかし、障害が発生した時に限って「異端児(構成の違うハードなど)」が関係していることが多いです。

システム管理者としては、頭の痛い問題ですね。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン

[ ミニミニ管理者の独り言システム構築・運用 > 「NTT東、ネット接続障害 最大で285万世帯」の記事 ]
スポンサードリンク

「NTT東、ネット接続障害 最大で285万世帯」の記事

昨日(5/15)のNTT東日本のIP回線網障害はびっくりしました。
しかし、本日出社してみると、昨日仕掛けた「Ping」は全てにおいて見事に疎通確認が取れた状態になっていましたので「ホッ」安心しました。

PingのLost状態から推測すると、最後のほうまで復旧できなかったのは、「群馬」「青森(弘前)」「岩手(盛岡)」あたりの様です。(社内拠点より)
当社の拠点ですが、青森県では、弘前の他に「青森」「八戸」にも拠点がありますが、コチラのほうは早い段階で復旧していましたので、「収容局」などの違いによるものでしょうか?

タイトルにある「NTT東、ネット接続障害 最大で285万世帯」は、本日の日経新聞の一面のタイトルで、最大285万世帯とあり、NTT東日本のブロードバンド契約数の約44%になり、当然過去最大のネット接続障害となったようです。

障害の発生地域は「NTT東日本営業地域(神奈川、長野、新潟県以東)のうち、神奈川、千葉、埼玉、東京23区を除く14都道県」だそうです。

記事によると、「不具合が発生したのは、ネット接続用の光ファイバー通信回線BフレッツやADSLサービスなど」とあり、Bフレッツを使うIP電話「ひかり電話」は通常の通話のほか「110番」など緊急通報も出来ないとある。

また、16日午前1時の段階では障害が発生した原因は不明で、「各地域のIP伝送装置(ルータ?)をリセットすることで大半のサービスが復旧し始めている」との事でした。

また、11面では「IP網のもろさ」と「昨秋の大障害」、「NTTのIP技術者不足」についても触れており、「NTTの電話網からIP網へ移行する計画も危うい」ことが記載されていたのですが、「さらなる障害の発生の恐れ」と「大会社への依存の危険性」を考えなければ
いけない事を痛感させられました。

               最新記事へ     トップページ


スポンサードリンク


■Blog Ranking■
1. ←←サーバー構築・運用ブログあり お奨め:★★★★★
2. (ブログランキング ドット ネット)
3.にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村
4.BS blog Ranking
ブログランキングに挑戦中です。あなたもブログランキングに挑戦してみよう!
サーバー構築・運用ブログなんかもありますのでシステム管理者の方にもお奨めのサイトがあり!
ソニーストア
ボーズ・インイヤーヘッドホン